おまとめローンで借金をまとめる方法の成功のコツ

おまとめローンはとても便利な多重債務のまとめ方ですが、成功させて使っていくためには、いくつかのポイントがあります。

おまとめローンで借金をまとめる際に成功へ導くポイントを、まとめてみました。

個人信用情報に傷がある場合は審査通過はむずかしい

ローンの審査の中でも特におまとめローンの審査というのは、返済の実績を細かくチェックします。個人信用情報をチェックし、過去の返済実績を調べます。

過去に返済期限を数日遅れてしまったことがある人は、個人信用情報に傷が付いている場合があります。また、借入の実績が短い人も、審査の対象外となってしまうことがあります。

例えば、返済実績が半年以内の人は、返済実績の状態が掴めないので、審査の対象から外れてしまうこともあります。個人信用情報はおまとめローンの審査に大きくひびくので、事故情報がないようにしましょう。

銀行と消費者金融とではどちらのおまとめローンが良いのか

おまとめローンは様々な金融機関で取り扱っており、大きく分けると銀行と消費者金融で取り扱っています。そこで、銀行と消費者金融、どちらのおまとめローンがオススメなのでしょうか。

消費者金融の金利は、銀行よりも高めです。しかし、審査の柔軟さは消費者金融にあります。消費者金融の方が審査がスピーディーであり、即日融資可の消費者金融もあるほどです。金利は高めですがその他のポイントが高いので、消費者金融の方がオススメといえます。

ただし、銀行のおまとめローンの方が金利が低く借入れ限度額が高めなので、厳しい審査に自信がある人は銀行のおまとめローンの方が良いでしょう。したがって、自分の理想や置かれている条件を考えて、適した方に申し込んで契約するようにしましょう。

なるべく早く返済しよう

おまとめローンで気になる部分といえば、最終的に支払う利息が増えてしまうことです。おまとめローン自体は金利が低くても、支払い期間が長くなることで支払う利息は増えてしまうということです。

金利を下げれば本来返済負担額は減るように思えますが、返済期間が長い場合のほとんどは利息の総額が増えてしまうことが大半です。利息を少しでも少なく抑えるためには、返済期間を短くする事がポイントとなります。

とは言っても、複数の借金を1本化しているので、借金の合計金額は大きな金額です。毎月支払い出来る金額にも限界がありますので、自分が返済出来る範囲の金額を考えた上で、なるべく早く返済するように心がけましょう。

お金に余裕がある月は多めに返済する手続きが取れるローンがほとんどなので、そのように支払いを調整して早めの返済を心掛けるといいですよ。返済日以外にも返済を受けてくれる場合もあるので、相談してみると良いですよ。多くの利息負担は損となってしまうので、この部分はきちんと検討して考えるようにしましょう。

おまとめローンは新規の借金ができない場合が大半

おまとめローンを利用している最中は、新規の借入れができない場合は大半です。新たに借金をすることができないので、そこに注意して生活をしていかなくてはいけません。おまとめローンで毎月の支払いに余裕ができたはずなので、他に借金をしなきゃいけないというのは考えにくいです。

しかし、複数の借金を抱えていた人は借金をするクセが付いているので、ついつい借金したくなる衝動に駆られてしまうことがあるようです。ですが、新規の借金はできない場合が大半ですので、他に借金をしようとは考えないようにしましょう。計画的にお金を使うようにして、持っているお金以外は使うことができないと思うようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?
おまとめローンを成功させるためには、これらのポイントを踏まえて進めていくといいでしょう。計画的に使っていけば、とても快適なローンです。上手く審査に通って、上手く使いこなして返済をしていきましょう。