まとめローンの損をする返済額の大きさは必ず確認を

金融機関や金融業者からまとめ専用ローンの紹介を受けた時、必ず行ってほしいのがシミュレーションです。月々返済額は小さくなりますが、結局いくら支払うことになるかを確認することです。

まとめローンについて

金融業者はまとめローンの勧誘はあまりしません。借入金額が大きくなり低金利の商品で、申し込み者にとってみれば低金利というだけでも魅力的です。しかし、債務の金額が大きいことで、完済リスクが大きくなります。

金融業者が勧めるときには、債務者にとって負担減ではなく、返済期間を長期化することで利息収入が大きくなる時です。すなわち、毎月の返済は小さいけれど、長く借入期間の設定によって、最終的に払込が大きくなります。

収入がしっかりしていて、長期返済ができる顧客に関しては勧めることがあります。自己破産や任意整理などの事故情報のある方は勧められることはないのですが、フリーローンの申し込みで、信用情報内容と返済能力が高いと認められた方にとってまとめローンはお得になることがあります。

まとめローン審査は厳しい

厳しい審査通過ができたから、というのも心が揺れる理由の一つです。

3社借入残高の合計が100万円で平均17%だとすると、15%のまとめローンに借り換えをするだけで、単純に2%の金利がお得になります。

まとめローンにすることで、今まで毎月2万円を返していたけれど、低金利になったので、返済額も小さくした場合、結局は同じことです。この場合、まとめローンにしたけれど、同じ2万円の返済額にすることで完済時期が早まってお得になるのです。

借入元金は変わらない、金利だけが低い分返済額も小さくして返済期間を長くしたときには、最終払い込む金額は同じか多くなります。100万円ではなく、もっと多額のまとめローンになった場合、その金額も大きくなります。要するに、金融業者にしてみれば、損をしない仕組みになっています。

債務整理は絶対にしたくない

まとめローン審査に通過したとして、返済期間を長くして毎月の返済負担を小さくした。今までは、2年間でギリギリ完済の返済計画だけど、5年にした。返済額は大きくなったけれど、絶対にブラックになりたくなかったから、まとめローンを選択したという方もいます。

借金を完済する目的で多少の犠牲は払うけれど、毎月返せない金額にして信用情報に傷がつかないことが大切という方は、損をするまとめローンでも仕方ないと言えるでしょう。

まとめローンのメリットは月々返済額の減少だけ

カードローン、キャッシングの返済の明細では、長期借入の場合半分に近い金利を毎月払い続けています。返済金額が小さいということは、金利も大きくなります。

明らかに損をしているキャッシングですが、ブラックにならないためのまとめローンの方法とも言えるでしょう。負担減を債務整理を選択をしたのなら返済負担は小さくなりますが、ブラックリストになってしまうのです。

信用情報に事故がない方の選択肢ですが、損をして信用情報を守るか、ブラックになって返済を楽にするか?相談先としては、弁護士などでお勧めですが、最終的に判断するのは自分です。