借金相談はどこにする?

借金の相談を公平な立場で相談ができる機関があります。国民消費生活センター、日本貸金業協会、日本クレジットカウンセリング協会などです。客観的な視点から、多重債務も債務整理、まとめローンの内容窓詳しく教えてくれます。

消費者金融への相談

金融機関や金融業者への相談はお勧めしないです。コールセンターを用意しているところがほとんどですが、相談内容は金融商品についてのことです。多重債務解消をしたいからまとめローンにしたいと言えば、審査を受けて下さいということになります。

自社製品でまとめローンがあったとしても、債務者に有利な情報をホイホイと教えてくれるとは考えない方が良いでしょう。確かにお得ですが、審査次第ですという回答しか得られないです。

弁護士の相談

借金相談に対応している弁護士は、債務整理ありきの話しになる場合が多いです。そして、依頼されたらすぐに解決します。

要するに、法律事務所では債務整理をしてあげる感覚の相談になりますから、こちらも公平ではないといえます。それでも方法論としての提案で、依頼しないのなら、はっきりとお断りできれば収穫はあります。弁護士に相談は、債務整理で解決です。

だから、国が支援している機関へ

日本貸金業協会などでは、商品を売るのではなく、今の多重債務をどう解決したら良いかの提案があります。

まとめローンは、事故情報がなく返済できる能力があった上で、いかに楽に返済負担を減らすかが問題です。デメリットの総返済額が大きくなることの指摘や、最終的には債務整理しかないことを、自己判断の範疇で相談ができます。

では、ここですべてを始めましょうというのではなくも話しをする、話しを聞くだけですから、あとは自分で決める心構えが必要です。

まとめローンと債務整理

まとめローンの本来の利用者は借入額に対して、返済に困っていない方のためのものです。

ローンカードは数枚あって、どれも正常な返済ができる。しかし、低金利のまとめローンに乗り換えちゃおうというできる方のためのものです。多重債務で苦しい、新規キャッシングで審査落ち、ではまとめローンと言うのは正解ではないのです。

反対に、高い金利のまとめローンや返済回数が多かったり、長期の返済期間で最終的に債務整理になってしまう方がとても多いのです。この場合、それならまとめローンにする時に債務整理をしてしまう方がよほど良いという結果になります。最初から弁護士相談ならこの結論は早いですが、全員がこうなるとは限りません。

まずは、日本クレジットカウンセリング協会などに行ってみることをお勧めします。または、情報サイトで申込者の口コミなどを参考に考えてみて下さい。まとめローンは、詐欺だという過激な口コミも結構あります。