多重債務者はまとめローンよりは債務整理の方が良い理由

まとめローンを考える方は多重債務者が多いです。総量規制対象外で多額の借り入れができ、あなたの借金返済がこんなに安くなりますというのが大きなメリットです。

では申し込んで見ると、即刻審査落ち。あなたの多重債務は多すぎますなんていうことを言われて、凹んでしまう方も多いです。ですが、多重債務だからこそ申込をしたというのに多すぎるとは何でしょうか?

まとめローンの審査は案外厳しいのです。多重債務ありきで対応をするのですが、過去に滞納や遅滞をしている時点でダメ、年収も低すぎてもダメ、勤務年数が浅いとダメなど条件がいろいろです。多重債務者の中で、自転車操業なお金の借り方をしている方も審査には通りません。

消費者金融にとっては、総量規制範囲内の借り入れしかできないことになっていますが、度重なる借り入れとそれが数社に渡ることで金利の方が元金を上回ることが多いです。正直いって、そのような状態でのまとめローンの申込は絶対に審査落ちです。

多重債務者にとっては、まとめローンでなんとかしようと言うよりは、債務整理がおすすめです。手始めに過払い金請求の有無を調べて、それがあると返済はずいぶん楽になります。また、過払い金請求は債務整理ではないので、ブラックリストの心配もありません。

その後任意整理などもありますが、金融会社としても何も言わずに滞納されるよりは、債務整理の申し出の方がまだマシと言われています。

その債務整理はよりスムーズに早く解決させるためには、弁護士依頼がお勧めです。自分でも行えるのですが、ここは専門家に依頼することで、より早く解決が見込めます。