借金返せない 場合

お金を借りているにも関わらず、頑張っても借金返済が出来ないのであればまだ分かりますが、中には根っから借金を返さない人もいるようです。というのも、実は友人からのメールにこんな一節がありました。

自分は借金多くてお金が返せないと思われ勝ちだけど、返せないんじゃなくて返さないんだよと・・・。同じ日本人として、これは恥ずかしい言動だなと思いました。この友人はライン既読スルーする人でもあるので、人格がそのまま現れているとも思えました。

返済意思が強ければ、いくらお金が返せないとしても任意整理で利息分をカットしてもらって、返済方法を改善する努力をするはずでしょう。ですが、この友人は任意整理も個人再生もする気0でしたので、ローンが組めなくなるのは時間の問題と思いました。つまり、債権者からの借金すべてを支払い返済せずに、自己破産で打倒するのでしょう。

いくら生活を楽に出来る自己破産があるにしても、これではお金を貸した消費者金融や銀行があまりにも可哀想です。大して生活が苦しいわけでもないのに、借金返済をせずに居る状態で、且つおまとめローンで返済計画の見直しもせず、後は面倒だから弁護士にまかせて自己破産という方法。この友人は良い大人なのに、軽はずみで自己破産する考えを持っている恐ろしい人なのです。

但し、弁護士には必死の演技で泣き寝入りみたいにするのだと言っておりまして、相変わらずこちらのラインを飛ばしても既読スルーというものです。こんな中途半端な性格だからこそ、いい加減な事も出来るのだと腹ただしくもなりましたが、自己破産をしたら十年以上のブラックが待っているそうなので、これを機に友人が改心してくれたらと思う気持ちもありました。

さすがに、親の年金目当てという事はないと思います。そして、以後はアコムとか銀行のカードローンでお金が借りれなくなるかもしれませんが、その後の人生は真面目に働くことでうまく乗り越えて行って欲しいと思いました。

自己破産をすれば、友人の借金はさようなら出来るわけなので、過去の彼自身とも良い意味で決別出来ればとこちらも願いたいところです。