借金減額 からくり
  1. 借金減額のからくり|過払い金請求
  2. 借金返済のからくり|債務整理専門の無料相談サービス
  3. 借金減額のからくり|任意整理とはどんな借金減額方法?
  4. 借金減額のからくり|個人再生で借金減額
  5. 借金減額のからくり|特定調停で借金減額

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減額のからくり|過払い金請求

借金減額で注目されているのが、過払い金請求です。
過払い金請求でお金が戻ってくるなんて本当なの?と思っている人もいると思います。

過払い金請求の仕組みは、とても簡単です。
借金に苦しんでいる人も、過払い金請求で、借金減額ができることでとても楽になりますよ。
借金減額のからくりで目を向けてほしい過払い金請求について、ご紹介いたします。

借金減額のからくり「過払い金請求」

過払い金請求把握するためには、グレーゾーン金利を理解する必要があります。

日本には、利息制限法という法律があります。
現在の消費者金融では、利息制限法にのっとった金利で融資を受けています。
利息制限法で定められている金利は、以下のような内容となります。

  • 借入金額10万円未満の場合:上限金利20.0%
  • 借入金額10万円以上100万円未満の場合:上限金利18.0%
  • 借入金額100万円以上の場合:上限金利15.0%
  • 貸金業会には、利息制限法の他に出資法という法律があります。
    出資法の上限金利は高く、29.2%となっています。

    利息制限法の金利よりも出資法の金利の方が高いので、
    消費者金融では、出資法の金利を優先して融資を行っていました。
    この、利息制限法を超えて出資法を下回り金利のことを、グレーゾーン金利といいます。

    しかし、改正賃金業法が2007年~2010年にかけて、
    段階的に実施されたことにより、グレーゾーン金利が、撤廃されました。
    それにより、以前グレーゾーン金利でお金を借りていた人は、
    グレーゾーン金利分を、貸金業者から返してもらえることになりました。

    これが、過払い金請求です。
    過払い金請求を受ければ、グレーゾーン金利分の利息が返金されます。
    つまりは、借金減額となるのです。

    過払い金請求で借金はどれくらい減額されるのか

    債務整理を行う際、弁護士や司法書士は消費者金融などの、
    貸金業者から取引情報を取り寄せて、利息を再計算します。
    そこで、過払い金があれば判明するので、過払い金として請求できるのです。

    過払い金の金額は、グレーゾーン金利の期間にどれだけ融資を受けたのかにより異なります。
    取引期間が長ければ長いほど、過払い金は多く発生します。
    数十万円から100万円以上発生する場合もあり、
    人によっては、多くの過払い金を手に入れることができるのです。

    過払い金は全て取り戻せるとは限らない

    過払い金は、発生したすべての金額を取り戻せるわけではありません。

    一般的には、弁護士や司法書士を通じて、
    交渉することで、80%程度は取り戻せると言われています。
    取り戻せた過払い金を残債から差し引きすることで、借金減額へとみちびくことができます。

    100%に近い過払い金を手に入れたい場合は、費用と時間はかかってしまいますが、
    訴訟を起こして、過払い金の100%近くを取り戻すことも可能です。

    どの程度変換することがベストなのかは、
    弁護士や司法書士に、相談をして聞いてみるといいですよ。

    過払い金返金には期限がある

    よくTVCMでも耳や目にすることですが、過払い金返金には期限があります。
    最後の取引があった日から10年以内と、決まっています。
    グレーゾーン金利撤廃が2010年ですので、グレーゾーンの借金の時期によっては、
    返還されない過払い金が発生する場合もあります。
    そのため、2010年以前にキャッシングを受けていた人は、
    早めに弁護士や司法書士に相談をして、過払い金請求を受けるべきといえます。

    過払い金請求をしたい人は、時間が間に合わない場合がありますので、
    早めに検討するようにしましょう。

    過払い金請求のデメリット

    過払い金請求はとても便利な制度ですが、デメリットもあります。
    過払い金請求のデメリットは、これらの2つが挙げられます。

    過払い金請求した貸金業者は今後利用できない

    過払い金請求をすると、その貸金業者のご利用はできなくなってしまいます。
    また、場合によっては他の貸金業者からの借入ができなくこともあります。

    ブラックリストに載ってしまうことがある

    過払い金請求により借金減額になった場合、戻って来た過払い金で、
    残りの借金を返済しても、残額が残ってしまう場合は、
    個人信用情報機関に、事故情報が登録されてしまいます。

    ブラックリストに載った情報は、5年程度で削除されます。
    そのため、5年間辛抱することでブラックリストから消えます。

    過払い金で借金を返済して、残額が0円若しくは、
    戻って来た過払い金の方が多かった場合は、ブラックリストには載りません。

    自分でも過払い金請求はできる

    過払い金請求というのは、自分でも貸金業者と交渉して取り戻すことは可能です。
    ただし、かなり面倒で厄介です。
    貸金業者からの取引履歴を取り寄せたり、過払い金の計算、過払い金の請求など、
    貸金業者と交渉する手間が非常に多く、時間も多くかかってしまいます。
    そのため、なかなか上手くいきません。

    貸金業者側も、個人相手の場合だと裁判になることがないので、
    不当に低い金額を提示してきたりなど、不利な条件を押し付けてくる場合もあります。
    過払い金請求は個人でも可能ですが、想像以上に大変ですのでオススメできません。

    いかがでしたでしょうか。
    借金減額のからくりは、過払い金請求が大きなカギを握っていることがわかると思います。
    2010年以前に借金をしていた人は、弁護士や司法書士に相談してみるといいですよ。
    高額の過払い金が戻ってきて、大きな借金減額になることも夢ではありませんよ。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
     

    借金返済のからくり|債務整理専門の無料相談サービス

    借金返済に困っている人は、誰にも相談できなく困っていると思います。
    借金返済には、からくりがあります。

    しかし、素人ではわかりにくいですよね。
    そんな借金返済のからくりを教えてくれるのが、債務整理専門の無料相談サービスです。
    債務整理専門の無料相談サービスとはどのようなものなのか、ご紹介していきます。

    借金返済のからくりを教えてくれる債務整理専門の無料相談サービスとは

    借金返済のからくりを教えてくれる債務整理専門の無料相談サービスとは、
    ずばり言うと、借金減額シュミレーターです。
    借金減額シュミレーターは、借金に対して、
    どのような借金減額方法があるのかを提示してくれます。

    債務者に合った借金減額を提示してくれるので、
    1番適した、借金減額へとみちびくことができますよ。

    借金減額シュミレーターで借金減額をするべき便利な理由

    借金減額シュミレーターで借金減額をするべき便利な理由は、
    これらが挙げられます。

    無料でご利用できる

    1番の魅力は、無料でご利用できることです。
    借金減額の提案を、誰でも無料で受けることができます。

    匿名で利用できる

    もう1つの魅力といえば、匿名でご利用できることです。
    最初から実名でやり取りとなると抵抗がありますが、匿名で気軽に無料相談ができます。

    24時間いつでも無料診断を受けることができる

    どの借金減額シュミレーターも、
    24時間365日いつでも、無料診断を受けることができます。
    自分の都合のよい時に無料診断を受けることができるので、とてもご利用しやすいです。

    簡単な質問に答えるだけの無料診断

    無料診断は、簡単な質問に答えるだけです。
    匿名や住まい(都道府県まで)、現在の債務状況などを入力するだけです。

    むずかしい質問は一切ありませんので、
    どなたでも、スムーズに無料診断を受けることができます。

    全国どこからでもご利用ができる

    借金減額シュミレーターのほとんどが、関東の会社が経営しています。
    関東の企業ですが全国対応していますので、
    全国どこにお住まいの人でも、ご利用ができます。

    メールで無料診断の結果を受けることができる

    借金減額シュミレーターのほとんどが、
    メールで、無料診断の結果を受けることができます。
    借金の内容によっては電話でのやり取りとなる場合もありますが、
    その場合も、事前にいつ電話するといいのか、聞いてくれるので問題ありません。

    適した弁護士や司法書士を紹介してもらえる

    その人に見合った借金減額方法を提示してくれたら、
    借金減額方法に見合った、弁護士や司法書士を無料で紹介してくれます。
    自分で、自分に適した弁護士や司法書士を探すことは簡単ではありません。
    とても助かりますよ。

    弁護士や司法書士をご利用するようになったら料金がかかる

    借金減額シュミレーターは、適した借金減額方法を提示してくれて、
    それに見合った弁護士や、司法書士を紹介してくれます。

    弁護士や司法書士をご利用するようになったら、
    そこから弁護士や司法書士に支払う費用が発生します。

    もちろん、弁護士や司法書士を利用したくないなら、
    その時点で終わりになるので、費用は発生しません。

    借金減額シュミレーター借金減額のきっかけになる

    借金減額シュミレーターは無料で、
    具体的な借金減額方法を提示してくれるので、借金減額のきっかけになります。
    そのため、「もっと早く相談すればよかった」という声も多く挙がっています。

    明らかな借金減額となるきっかけを作ってくれるので、
    1度無料相談を受けてみるべきといえます。
    相談だけであれば無料ですので、借金への悩みを、
    スッキリ解決させるために、試してみるといいですよ。

    いかがでしたでしょうか。
    借金減額をしたいけれどイマイチ踏み込めない人は、
    借金減額シュミレーターの、無料診断がオススメです。
    わかりやすく借金減額の方法が理解できるので、重い腰も上がりますよ。
    借金減額シュミレーターで無料診断して、借金減額の現実を把握してみましょう。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
     

    借金減額のからくり|任意整理とはどんな借金減額方法?

    借金減額のからくりは様々ありますが、
    1番負担なく借金減額となるのが、任意整理です。

    任意整理には、どのような借金減額のからくりがあるのか。
    詳しくご紹介していきます。

    借金減額のからくり|任意整理とは

    任意整理というのは、債務整理手続きの中の1つです。
    任意整理というのは裁判所を使わない手続きであり、消費者金融などの貸金業者と、
    返済額や返済方法について交渉をして、合意した金額や返済方法で支払っていく方法です。

    任意整理のメリット

    任意整理をすることは、これらのメリットがあります。

    任意整理する相手を選ぶことができる

    任意整理は、任意整理する相手を選ぶことができます。
    例えば、消費者金融の借金だけを整理するなど、選ぶことができます。
    自分のニーズに合わせて、借金減額が可能なのです。

    官報に名前が掲載されない

    任意整理は、官報に名前が掲載されることはりません。
    そのため、第三者ニバレることはありません。

    貸金業者からの督促が止まる

    任意整理を行うと、貸金業者からの督促が止まります。
    催促や取り立ての電話は、来なくなります。

    利息カットにより返済の負担が減る

    任意整理後は、利息がカットされます。
    利息が免除されることで、債務者の負担を減らすことができます。

    資格制限がない
    任意整理のご利用は、職業制限や資格制限などの制限は一切ありません。
    そのため、どなたでもご利用できます。
    総量規制の影響を受けていても、
    年収が少ないパートや、アルバイトの人でもご利用ができます。

    財産を手放さなくてもいい

    任意整理は、住宅や車などの財産を維持しながら借金減額とすることができます。
    ただし、住宅ローンを債務整理の対象に含めてしまうと、
    銀行から抵当権を行使されてしまうので、住宅が競売にかけられてしまいます。

    任意整理のデメリット

    任意整理はとても便利な債務整理方法ですが、デメリットもあります
    どのようなデメリットがあるのかを把握して、任意整理のご利用を検討しましょう。
    任意整理には、これらのデメリットがあります。

    借金の大幅減額にはならない

    任意整理は、自己破産や個人再生のように大幅な借金減額にはなりません。
    過払い金が発生している場合は大幅な減額になりますが、
    ほとんどの場合は、借金の元本が減額されることはありません。

    借金は免除されない

    借金の元本の免除とはならなく、債務額が圧縮されることはありません。
    あくまで、貸金業者と協議をして借金を減らしてもらう手続きにすぎません。

    ローンが使えない期間が発生する

    任意整理を行うことで、5年程度、
    個人信用情報機関に事故情報として記載されてしまいます。

    ブラックリストに記載されている期間は、
    新規での借入や、カードローンを組むことはできません。

    安定した収入がある人のみご利用できる

    任意整理後は、減額になった借金を返済していかなくてはいけません。
    そのため、返済能力がないといけないので、安定した収入がある人のみご利用ができます。
    まとまった借金に対して返済できる収入がない場合は、ご利用できません。
    その場合は、自己破産しか方法がなくなります。

    100%和解が成立するかは限らない

    任意整理は、貸金業者との話し合いで進めます。
    そのため、相手の貸金業者側から同意が見られない場合は、成立しません。
    例えば、きちんと返済していない場合は、和解が厳しくなるケースが多くあります。
    もし、和解が成立しない場合は、別の債務整理を検討しなければいけません。

    任意整理で借金減額すべきなのはこんな人

    任意整理に適している人は、以下のような人です。

  • 手早く手続きをしたい人
  • 家族に知られず借金の返済の負担を軽くしたい人
  • 利息が免除された後の借金額を完済できる安定した収入がある人
  • 過払い金請求ができる人
  • これらに該当する人は、任意整理に適した人といえます。

    いかがでしたでしょうか。
    任意整理は、他の債務整理に比べると敷居が低いく、
    安く手続きを行うことができるのが、大きな特徴です。
    借金の負担が大きく返済に困っている場合は、是非検討をしてみましょう。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
     

    借金減額のからくり|個人再生で借金減額

    借金減額には、個人再生という方法があります。
    借金が大幅に減るということで、借金返済に困っている人の多くがご利用されています。
    個人再生とはどのような借金減額のからくりなのか、詳しくご紹介していきます。

    借金減額のからくり|個人再生とは

    個人再生とは、裁判所を通じて借金減額をしてもらう債務整理の中の1つの方法です。
    一般的には、個人再生によりおおむね5分の1程度の借金減額とすることができます。
    例えば600万円ある借金の場合は、5分の1の120万円まで借金眼減額します。
    借金がスマートになるので、毎月の返済がしやすくなります。

    個人再生のメリット

    個人再生には、以下のようなメリットがあります。

    借金が大幅に減る

    個人再生の1番のメリットは、借金が大幅に減ることです。
    ほとんどの借金はおおむね5分の1まで減額され、返済が楽になっていきます。
    任意整理と比べると、大幅な借金の減額を受けることができます。

    催促が止まる

    弁護士や司法書士などの代理人が手続きを進めることにより、
    金融機関からの、催促が止まります。
    また、給与差し押さえなどの強制執行も中止させることができます。
    目先の取り立てや差し押さえが直ちに止まるのも、個人再生の大きなメリットです。

    財産を処分しなくてもいい

    個人再生は自己破産とは違い、財産を処分せずに済みます。
    また条件が合えば、住宅を手放さずに済みます。

    基準が低い

    個人再生は誰でも利用できるという訳ではありませんが、
    ハードルは、かなり低い債務整理方法となります。
    返済能力があり借金の総額が5,000万円以下であれば、ほとんどの方がご利用できます。

    職業の制限がない

    自己破産は職業の制限がありますが、個人再生では職業制限はありません。
    そのため、どのような職業の人でも個人再生の手続きをすることができます。

    個人再生のデメリット

    個人再生は便利な借金減額方法ですが、残念ながらデメリットもあります。
    個人再生のデメリットは、以下が挙げられます。

    個人信用情報に掲載されてしまう

    個人再生は、個人信用情報機関に掲載されてしまいます。
    ブラックリスト扱いとなってしまうので、
    掲載されている間は、他社の融資を受けることはできません。
    5~7年間、新規の借入やクレジットカードの発行はできません。

    永遠にブラックリスト入りしてしまうわけではなく、5~7年間の一定の期間のみです。
    そのため、5~7年間のブラックリスト掲載期間が経過すれば、
    改めて、新規借り入れのご利用ができるようになります。

    数年間だけ不便となりますが、我慢するようにしましょう。

    官報に名前が掲載されてしまう

    個人再生は、官報に名前が公告されてしまいます。
    しかし、官報に目を通している人はほんの少ししかいませんので、
    わざわざ知り合いが調べて、知られるということは稀といえます。

    そのため、官報に掲載されても周りに個人再生のことが、
    間違いなくバレるかといえば、その可能性は低いといえるでしょう。

    手続きが複雑

    個人再生の手続きは、裁判所に申し出ます。
    手続きは細かく定められており必要書類も多くあり、時間や手間がかかってしまいます。
    再生計画の立案は非常に難しく、素人では到底手続きができるものではありません。
    そのため、個人再生は弁護士や司法書士などの専門家に依頼することがほとんどです。

    弁護士事務所への費用もかかってしまいますし、
    手続きに時間がかかり、半年程度かかってしまうこともあります。

    保証人が付いている借金は保証人に請求がいってしまう

    個人再生により申し立てをした、
    本人の借金が減額されますが、保証人が付いている借金は該当しません。
    そのため、保証人を付けた借金は保証人に請求がいきます。
    保証人になってもらった人に迷惑をかけて、生活をダメにしてしまうこともあります。
    その場合は、保証人も一緒に個人再生手続きを取ると、借金を背負うことがありません。

    いかがでしたでしょうか。
    個人再生は借金が大幅に少なくなるので、返済がとても楽になっていきます。
    しかし、デメリットもあります。
    デメリットもきちんと把握した上で、個人再生で借金減額を検討してみるといいでしょう。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
     

    借金減額のからくり|特定調停で借金減額

    特定調停は、借金減額のからくりとして、多くの方々がご利用しています。
    特定調停とはどのような借金減額方法なのか、詳しくご紹介していきます。

    借金減額のからくり|特定調停とは

    特定調停とは、お金を借りた人である債務者が、
    お金を貸した人であり債権者に、返済条件の軽減について交渉を行う制度です。
    簡易裁判所が調停委員という人を立ててくれ、合意を取り付けるお手伝いをしてくれるので、
    法律の知識がなくても、誰でも行うことができます。

    特定調停のメリット

    特定調停には、以下のようなメリットがあります。

    費用が安い

    特定調停を多くの人がご利用される理由は、費用がとても安いことです。
    印紙代や切手代を含めても、債権者1者につき1,000円程度しか費用がかかりません。

    申し立てることで借金返済の督促が止まる

    特定調停を申し立てることで、借金返済の督促がピタっと止まります。

    借金の原因について問われることはない

    借金の原因については、一切問われることはありません。
    そのため、あれこれ聞かれることはありません。

    官報には載らない

    官報には載らないので、第三者に特定調停を利用したことがバレません。

    以後の利息の免除が可能

    債権者と和解することができれば、以後の理想を免除することができます。

    過払い金請求も可能

    過払い金請求も可能であり、借金の残高の減額とすることもできます。

    特定調停のデメリット

    特定調停は便利な借金減額方法ですが、残念ながらデメリットもあります。
    特定調停のデメリットを、ご紹介いたします。

    必要書類が全て自分で用意しないといけない

    調停委員が手伝ってくれるといっても、
    必要書類は全て自分で用意しなければいけません。
    そのため、何でも自分で調べて書類をそろえないといけないので、
    かなりの手間が、かかってしまいます。

    調停委員の質によって結果が変わる場合がある

    話し合いは調停委員がお手伝いしてくれますが、
    調停委員が、レベルの高い人であれば良い結果が生まれます。
    しかし、調停委員がレベルの低い人であれば、思った通りの結果が出ないこともあります。

    ブラックリストに載ってしまう

    特定調停は、ブラックリストに載ってしまいます。
    5~7年程度載ってしまうので、その間は新規での借入は一切できません。

    3~5年で返済しないといけない

    特定調停は、3~5年の間で借金を完済しないといけません。
    借金減額となってしまいますが、一定の期間に返済しないといけないので、
    返済能力がなければ、返済が難しくなってしまいます。

    調停が成立しない場合もある

    特定調停は債権者との合意の元による債務整理方法ですので、
    債権者が同意しないと、調停は成立しません。
    そのため、調停が成立しないケースもあります。

    いかがでしたでしょうか。
    特定調停は気軽に借金減額できる方法ではありますが、デメリットも多くあります。
    デメリットも含めて、自分に適した借金減額方法なのかを考えて検討してみるといいですよ。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓