アコムの返済方式のおさらい

便利な大手消費者金融カードローンですが、返済をしていて不思議に思ったことはありませんか?
それは、元金が減らないことです。

カードローン会社の返済方法

アコムでカードローンの利用をしたときに、返済額が1万円とか5,000円というようにキリの良い数字になります。
とても返しやすいのですが、1万円の返済で元金1万円が減ったわけではありません。
元金と利息が加わってキリの良い返済額になっています。

アコムを含む大手消費者金融カードローンの返済は、残高スライド元金定額方式です。
クレジットカードの返済で良く耳にするリボ払いの一種です。

現在金融機関などの返済は、全てこの返済方式を採用していて、返済している方としては、元金の減り方が遅いと感じている方が多いのです。

あまり内容は確認をしない

はっきり言って、そんなに返済方式では気にしない方が多いでしょう。
10万円借りて、金利が18%だとすると、返済が118,000円です。
これをきちんと完済をしたのなら良いだろうと思います。

ただし、ここもちょっとした難があります。
現在返済に余裕がないからと最低返済額での返済設定にした場合、返済期間が長くなります。
元金は最後まで残っていますから、元金がゼロになるまで、18%の金利がついて回ります。

ということは、118,000円という返済総額は最低限の返済額ということになります。
ローン返済も同様ですが、毎月の返済が少ないと、元金の減りも遅くなります。

毎月の返済日は約定返済

約定返済とは、決まった日に定期的にこれだけの返済をしてくださいとの契約です。
この返済日に遅れると遅滞や延滞として信用情報の金融事故扱いになります。

元金と利息を合わせたリボ払い分です。返済残高は、当初の契約どおりになります。
返済シミュレーションなどで、元金を早く減らしたいときには、約定返済の金額を上げることも可能です。

また、約定返済をしつつ、臨時での入金では、元金だけを減らすことができます。
一括返済だけではなく、借入残高をダイレクトの減らすことができます。
ボーナスのとき、ちょっとした収入があるときの返済で、元金を積極的に減らすことができます。

返済についての相談は

アコムではフリーダイヤルのカスタマーサービスをしてます。
契約とは別に、元金のこと、返済のことを相談することができます。

また、支払いが困難になったとき、今月の返済ができなそうというときでも、遅滞延滞をする前に一言連絡を入れましょう。
金融事故にはなってしまうのですが、事前連絡があることで、その後の対応が全く違います。

そして、今回だけの返済が困難なのではなく、これからの返済も続けてできないという場合は、債務整理も検討してみてください。
この場合は、弁護士や司法書士の借金相談に行来ましょう。

アコムの元金を減らすまとめローンって? 

アコムの返済方式のリボ払い、負担のない最低返済額の設定などは、借り入れしたときにはとても助かります。
しかし、返済シミュレーションを見ると、何年支払いをしなければならない?と途方に暮れることもあります。
大手消費者金融カードローンの返済はどこも同じですが、長期間の返済になる場合は要注意です。

元金はなかなか減らない

リボ払いとは、毎月一定の金額の支払いですが、たいていいつまでも元金を残したままの返済設定です。
ですから、元金がある限り、永遠に支払いが続くことになります。

毎月の返済額が大きければそれほど元金は早くななりますが、リボ払いはそんな内容ではありません。
ローン返済と言えば、住宅ローンが最も大きいですが、30年間の返済期間では、元金の倍以上の利息が付きます。
それでいて、金利は1%程度です。アコムの18%の金利がいかに高いかがわかると思います。
そして、負担なき少ない返済額では、当然元金の減り方は遅いです。

借りるときにはあまり気が付かない

金融機関や金融業者のカードローンでは、毎月5,000円からとか、負担も少なくてキャッシングという内容です。
宣伝文句としては嘘もありませんが、実は返済しているのは、利息の支払いを積極的に行っていることになります。
返済期間が長いほど、利息は18%ずつついてきます。

まとめローンの存在

まとめローンとは、多重債務が金利の低いローン返済に借り換えをするものです。
その決め手は、当初の金利より低金利の部分です。
確かに、18%から15%程度の下げがあったり、多重債務も見事に解消します。

しかし、このときに元金が大きく増えること、その分返済期間が長期化してしまうこと。
さらには、借入残高が減らないので元金も減らないというスパイラルがあります。
個別の支払い手間もなくなり、表面上では低金利設定になっています。

まとめローンに関しては、よほどの低金利の商品か、今まで以上の返済額の設定をしなければ、元金減少の実感も負担も小さくなりません。

中小消費者金融のまとめローン

アコムの元金が減らないし、他の借入残高もある。
甘い審査の中小消費者金融の今より低い金利のまとめローンがいいかな?
中小消費者金融などでは、長く確かな返済ができる顧客は大歓迎です。
上記にあるように、元金をいつまでも残しつつ返済が続けば、収益としては大きいです。

そこで、ブラックリストでまとめローンの申し込みではなく、単にまとめローンの契約にくる方は、強く勧誘されることになります。
金利は利息制限法で低くなっていますが、必ず返済シミュレーションを確認した上での契約が必要です。

そして、中には中小消費者金融では一括返済に対応していない所もあります。
まとめローンでの長期間収益ができなければ、金融業者の損になります。
簡単に契約しないことであり、まとめローンが決して低金利でお得ではないので注意が必要です。

アコムの返済ができなくなったら?

アコムの返済がおかしい?支払いしても一向に完済とならない。
確かに、カードローンの返済は減った感じがしない方も多いですが、契約のときの返済期間を長くしてしまうとイライラとしてしまいます。
かと言って、毎月の返済金額は大きくできないので、ここは恐怖のリボ払いで乗り切るしかありません。
元金と利息のペアのリボ払いでは、元金の減りが遅いです。

事情が変わる

カードローンの契約も借入もできたときと数年経って事情が変わる方もいます。
リストラ、アコム以外の借入などで、返済そのものが苦しくなってしまう場合です。

このとき、いくつか方法がありますが、最初にしてしまうのが、遅滞や延滞。
ようするに返済期日にだんまりしてスルーしてしまうことです。

当然取り立てがくる事になり後で大変になりますので、スルーはしないことです。
しかし、現実にはこのパターンは多いでしょう。

アコムに連絡をする

アコムの返済ができない場合、まずはアコムにその事実を告げる人もいます。
順序としては間違っていないですが、完済だけが目的であるカードローン会社では、様々な提案をしてきます。
たいてい最初は、では利息だけの支払いをして、後で元金の返済の形を取ります。

一見良い内容ですが、最初の返済負担を小さくして、余裕ができたら元金分の支払い提案です。
最初の返済が利息のみ。これでは、元金がいつになったらなくなる?
それが目的であり、約定返済ができなくなると、かなり厳しい状況です。

結論が急がれることになりますが、同意ができ寝る内容なのかは検討してください。
同意したのなら、明細が送付されますが、負担は逆に多くなります。
利息だけの返済だったり、後で元金返済では、長期的な返済になってしまいます。

今だけの支払いができない

返済が苦しいのが、今だけであれば、この対応は良いでしょう。
支払いができるようになれば、また内容を変えれば良い話しです。
すでに金融事故になっていて、他の借入もできない状態であり、元金も増えていないことです。

しかし、利息は確実に増加していて、全体の返済額は相当な内容になっています。
借りたものは返す。確かに大切なことですが、返せない状態になってしまった。これも事実です。
長期化してでも完済を強いられることで、生活ができなくなってしまうのは、困る方もいます。

ちなみに、借金返済ができないから、生活保護をもらう事はできません。
生活保護費は借金返済に使用することは禁じられています。
ということで、支払い日ができないアコムの借金は、債務整理することをオススメです。
返済がたいへんになったときに、アコムに連絡は良い行いですが、同時に借金相談として、弁護士や司法書士の所にいってみましょう。

借金の返済ができなくて困っている。
債務整理の方法や内容を確認していくと、元金を大きく減らすことができるのがわかります。
これだと思ったら依頼をするのがオススメです。

アコムに存在しているかもしれない過払い金返還請求

大手消費者金融カードローンのアコムは、収入がある20歳以上の方なら借入ができます。
申し込みときの年収3分の一が限度額になります。

返済金額を計算した上で、借入ができますが、1つの借金が完済しないうちに、追加キャッシングもできます。
限度額である総量規制範囲内の借入は自由です。

アコムだけの借入と多重債務

アコムで限度額の限り何回も借りたとしても、他社大手消費者金融カードローンにしても、総量規制は一緒です。
ようするに、アコムで完済しないで追加借入3回は、返済額でというと3社多重債務者と同様です。

もちろん、この場合、総量規制範囲内であれば別の大手消費者金融の借入ができます。
返済の部分、元金ではつい借入も多重債務も同じ返済額になります。

大手消費者金融では金利差がほとんどありませんから、同じ返済額に設定されることになります。
10万円以下なら、元金に対して17~18%の金利です。

アコムの返済が大変になった

アコムは新しい金融業者ではなく、古くから経営されています。
すでに何年もお付き合いしている方も多いですが、毎月の返済をしているのにまだ終わらないと感じている方も少なくないでしょう。

もし、長期間返済をしているようなら、過払い金請求の有無を確認してみませんか?
自分でもできますが、弁護士や司法書士に依頼すると、たいてい無料で計算をしてくれます。

過払い金がなければ、料金は掛からないですが、長期間多額の借入をしていると、昔の高金利のままの契約になっていることがあります。
現在も過払い金返還請求ができる借金を返済している方も少なくありません。

リボ払いのおかげ?

果てしなくリボ払いの返済は元金の減りが遅いと言われています。
アコムを含む大手消費者金融では、リボ払いを採用していますから、大手消費者金融の元金の減り方はゆっくりです。
しかし、古いアコムの借金をしていると、過払い金返還請求が見つけるチャンスとも言えます。
完済したアコムの借金ンらも過払い金返還請求を確認することができますが。

元金を減らすことができないと弁護士や司法書士に相談に行くと、この過払い金返還請求の確認を最初に行います。
払いすぎた、法定以上の高い利息を取り返すだけです。その資金を現在の借金返済に相殺することもできます。
一応この方法は債務整理で元金を減らす方法です。

債務整理ですが、過払い金返還請求の場合は、アコムでは無条件での対応ですから、早く結果が出てお得です。
過払い金返還請求がある場合は、弁護士や司法書士に報酬の支払いはありますが、間違いなく元金を減らすことが可能です。
まだ試されていない方は、過払い金返還請求の確認をしてみましょう。

債務整理しかないでしょう

アコムの元金をがっつりと減らす方法があります。債務整理です。
債務整理することは、返済負担を減少させることであり、元金を大きく減らすことができます。

まずは債務整理の内容確認

どんな債務整理にしても、理由がなくてはなりません。
支払いをしたくないではなく、経済的にできない理由が立証されることが必要です。
アコムに電話をして、債務整理をしますからといったところで、承知しました、とはならないでしょう。

どうして債務整理をしなくてはならないのか?
アコムに直接交渉ができるのは、任意整理だけです。
しかし、その方法にしても確認しておかなければ、アコム側からの返済方法の提案が来ます。

元金を減らすなんてとんでもないことであり、アコムの提案は、間違いなく利息が増えます。
任意整理の交渉が、やりこまれる可能性が高いことでしょう。

債務整理は専門家に依頼を

任意整理の交渉にしても、その他裁判所が介在する債務整理では、弁護士や司法書士に依頼しましょう。
アコムは弁護士や司法書士などの受任通知を受け取ることで請求が止まります。
自分で行う任意整理では、この対応はなく、専門家が行う債務整理が有効なことがわかります。

任意整理で元金が減る?

任意整理は、これから支払う利息のカットになります。
返済をともなう任意整理では、決定後には最大5年間程度で完済の約束をカードローン会社と取り付けます。
その返済がすべて元金分であり、毎月の返済では一切の金利が加わっていないことになります。

まさにリボ払いなどではなく、1円から元金返済の対応です。
借入残高がどんどん減っていくことで、借金負担が大きく減っていくことになります。
返済期限を決めることで、約束した返済は絶位にしなければならないでしょう。

大手消費者金融では、任意整理については、理由と書類が揃うことで応じてくれることでしょう。
大手消費者金融、銀行カードローンの任意整理では、専門家の交渉ではうまく元金を減らすことができるとされています。

まずはアコムの借金の相談

法律事務所などでは、無料相談に応じています。
債務整理と言っても、内容と債務者の収入なども大きく関係します。
ですから、このような借金であり、収入がいくらありという所からの相談になります。

人によっては、任意整理だけではなく、個人再生や自己破産の提案などが出てくることもあります。
何度でも無料相談ができる、女性専用の相談窓口などもあります。

また、任意整理の依頼では必ず費用がかかりますから、数社の比較検討をするのも良いでしょう。
過去にアコムでの債務整理をしましたという弁護士や司法書士などは全国に存在しています。
相談をしてから、依頼を検討されることです。