↓↓法律相談カフェ↓↓
 

カードローンの借金減額は債務整理

カードローンの借金減額は、債務整理がオススメです。
債務整理でのカードローンの借金減額はどのような感じなのか、詳しくご紹介いたします。

債務整理でカードローンの借金減額はできるの?

債務整理でカードローンの借金減額は、できます。
債務整理には色々な方法がありますが、どれも今よりも借金減額とすることができます。
債務整理の方法と特徴を、いかにご紹介していきます。

任意整理

任意整理は、過去に支払った利息をカットできる借金整理方法です。
債務整理の中では、1番利用される借金減額方法です。
借金は多少少なくなるといった感じで、大幅な借金減額とはなりません。
利息カットにより、少し月々の返済額が少なくなります。

裁判所は関与しないので、裁判所に提出する書類を用意するなどの手間はかかりません。
そのため、債務整理の中では1番手間がかからない方法となります。

個人再生

個人再生とは、裁判所に再生計画を提出し、
認可されることで、債務が5分の①程度に減額されます。
減額された債務は、3~5年の返済期間で支払います。
基本的には3年の支払いとなりますが、特別な事情がある場合のみ、
5年までの長期分に掛かる、弁済が認められます。

一定の条件さえ満たせば、住宅などの資産を手にかけず手続きを行うことができます。
保証人が居なければ、他の人に迷惑を掛けることはありません。
また、家族がローンを組む時に影響を与えることもありません。
個人再生は、任意整理と自己破産の中間のような借金減額方法です。

自己破産

自己破産とは、裁判所で全ての債務を免除してもらう手続きです。
裁判所で認可してもらえると、税金をのぞくすべての債務の支払いが免除となります。
債務整理の中で、唯一借金が0円になる借金減額方法です。

財産はお金に換えないといけないので、
20万円以上の財産は、手放すことになってしまいます。
20万円以下の預貯金は、手元に残すことが可能となります。
保証人を付けていない限り、他の人に迷惑を掛けることはありません。
また、家族がローンを組む時も影響を与えることがありません。
借金はゼロになりますが、手放す資産はとても多くなってしまいます。

債務整理は適した方法を取ることが大事となる

債務整理には3つの方法がありますが、どれも一長一短あります。
どれが自分にぴったりの債務整理方法なのかを、よく考えて決めるようにしましょう。
自分では決めることができない場合は、専門家に決め手もらうといいですよ。

最近注目を浴びているシステムといえば、借金減額シュミレーターです。
借金の無料診断を受けることで、借金の減額方法を提示してくれます。
債務整理の中の何が1番適しているのかを、教えてくれるのです。
適した弁護士や司法書士の紹介もしてくれるので、
債務整理に全く詳しくない人でも、スムーズに債務整理へとみちびくことができますよ。

弁護士などの専門家に自ら相談するのは、気が引けてしまいますよね。
借金減額シュミレーターは、
自分に適した弁護士や司法書士を紹介してくれるので、自分から探すことはありません。
専門的なことを丁寧に教えてくれるので、助かりますよ。

いかがでしたでしょうか。
債務整理は、カードローンの借金減額に大変適しています。
勇気が出ない人もいると思いますが、債務整理をしてよかったという人はたくさんいます。
借金の支払いが楽になるよう、是非検討してみましょう。
素人が行うと色々面倒ですので、法律事務所にお願いすると良いですよ。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

カードローンの借金減額|過払い金請求

カードローンの借金減額にオススメなのが、過払い金請求です。
過払い金請求とはどのようなものなのか、ご紹介していきます。

カードローンの借金減額にピッタリ!過払い金請求とは

過払い金というのは、支払う必要がなかった利息のことです。
長年借金の返済をしている人は、過払い金が発生している可能性があります。
2010年6月以降はグレーゾーン金利があり、
利息制限法の、上限金利を超えた利息を請求されている可能性があります。
2010年6月以降に借金があった人は、過払い金が発生している可能性が考えられます。

また、過払い金請求には期限があり、10年以内であれば返金が可能となります。
これらに該当している人は、過払い金請求を行うことができます。

過払い金の計算方法

過払い金は、引き直し計算という計算方法で過払い金の計算を行います。
利息制限法の金利で金利を引き直し計算することで、過払い金が出てきます。
取引履歴を正しく読み解くことが大事となるので、
過払い金請求は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することが大事となります。

過払い金で現在の借金を差し引きにしてゼロにすることも可能

過払い金が多い場合は、現在の借金と差し引きをして借金ゼロとすることもできます。
中には、過払い金で借金の支払いを行って、
弁護士費用を支払っても、残金が残ったというケースもあります。

2010年6月以前に多くの借金をしていた方は、
多くの過払い金返還を期待することができますよ。

過払い金請求はブラックリストに載ってしまうことがある

過払い金請求はブラックリストに載る場合もあるのですが、
過払い金請求で借金がゼロになる、若しくは過払い金の方が多い場合は、
ブラックリストには載りません。

過払い金で借金を相殺して、それでも借金が残ってしまう場合は、
ブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ってしまうと、5年程新規のローンを組んだり、
クレジットカードを作ることができなくなってしまいます。
ブラックリストに載ってしまうことはリスクが高い感じがしますが、
5年経過すると、ブラックリストの情報が消えますので、
あまり気にすることはないといえるでしょう。

銀行の借金は過払い金に該当しないことがほとんど

銀行カードローンの借金に苦しんでいる人もいると思いますが、
銀行カードローンの場合は、過払い金請求に該当しないことがほとんどです。
その理由は、銀行の融資というのは、
利息制限法に該当した融資しかしていないからです。
高金利で貸し出すことがないため、過払い金が発生しないのです。

銀行カードローンの借金減額は、債務整理がオススメです。
弁護士や司法書士に、債務整理の相談をしてみましょう。

過払い金請求の計算中は返済中の支払いがいったんストップする

弁護士や司法書士に過払い金請求を依頼すると、
利息制限法をもとに、過払い金請求の計算をしてくれます。
その間は、返済中の支払いはいったんストップします。

過払い金請求の計算が終わってから、貸金業者に過払い金請求するので、
その差し引きで、残った借金に対して再び返済がはじまります。
短期間支払いが止まるので、それが助かったという人もいます。
いったん支払いがストップすると、貸金業者からの督促も止まります。
そのため、精神的に楽になったという声も挙がっています。

ただし、弁護士や司法書士に頼まずに自分で過払い金請求をした場合は、
返済や督促はストップしませんので、勘違いしないようにしましょう。

過払い金請求によりカード会社から直接連絡が来ることはない

過払い金請求で気になることといえば、過払い金請求したことで、
カード会社から、連絡がくるのではという心配ではないでしょうか。

過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼して行った場合は、
弁護士や司法書士が依頼者の代理となるので、依頼者が表立つことはありません。
そのため、貸金業者から直接連絡が来ることはありません。
嫌がらせをされるのではと心配な人もいるようですが、
そのようなことも一切ありません。

いかがでしたでしょうか。
カードローンの借金減額には、過払い金請求が大いに役立ちます。
2010年6月以前に借金がある場合は、是非検討してみましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理でカードローンの借金減額をする際の疑問

カードローンの借金整理で、
1番先に目に付く債務整理といえば、任意整理ではないでしょうか。
任意整理はリスクが少ない分、難しい部分もありそうですよね。

そこで、任意整理に思う疑問をピックアップしてみました。
任意整理を行う際に、参考にしてみましょう。

任意整理ではどれくらいカードローンの借金減額となるのか

任意整理で減額される借金というのは、
利息制限法を超えた利息分を無効とし、返金してもらう制度です。

2010年6月以前の貸金業者は、改製貸金業法が施行される前の、
出資法の金利上限29.2%までの利息を設定していました。
利息制限法の上限金利とこの出資法の上限金利29.2%の差し引きされた金額が、
過払い金として戻ってきて、借金減額となります。
借金の元金は、減額となりません。

貸金業者は任意整理に簡単に応じてくれるのか

任意整理は、多くの貸金業者が応じてくれます。
中には応じてくれない場合もありますが、
それは債務者側の問題により、応じてくれないケースがあるようです。

例えば、遅延や延滞が多くあった債権者に対しては、
任意整理に応じないこともあるようです。
真面目にきちんと支払いをしていた人であれば、任意整理に応じてくれるようです。

契約書など借金の詳細を持っていなくても任意整理ができるのか

任意整理の場合は、弁護士や司法書士が、
貸金業者に、借金の取引履歴を提出してもらいます。
貸金業者は、10年前後のものであれば持っていますので開示してくれます。
そのため、債務者が融資の契約書や詳細を持っていなくても、問題はありません。

ただし、素手の貸金業者が情報を破棄している場合は、
債務者の情報を元に、推定計算を行っていくこともあります。
債務者が借金に対する書類を持っていることに越したことがないので、
詳細を持っている場合は、弁護士や司法書士に提出するようにしましょう。

任意整理後の返済はボーナス払いも可能なのか

任意整理の返済計画にボーナス返済を組み入れることは、基本的にしません。
月々の収入の範囲で、返済計画を立案するので、
ボーナス払いは考えないようにしましょう。

ボーナスというのは不安定な収入であり、
必ずしも、予想した金額が支給されるとは限りません。
そのため、任意整理の返済では充てにしません。
ボーナスも返済に回したい場合は、そのボーナスは貯金しておき、
毎月の返済の際に充てるように考えましょう。

任意整理を弁護士や司法書士のお願いすると和解後の返済はいつからはじまるのか

任意整理を弁護士や司法書士にお願いすると、
受任通知を、各債権者に発送してくれます。
その後、返済や取り立てが一時的にストップします。
受任通知を受けたら、各債権者から開示された取引履歴が届くので、
計算をして、債務の計算を確認します。

ここまでの期間は、およそ2~3カ月ほどかかります。
その後、計算し直した借金に対して支払いを行っていきますので、
依頼からは、半年後程度に支払いがはじまります。
6か月ほど支払いのブランクができるので、その間きちんと貯金をしておき、
新しい返済に対して滞りなく、支払いができるようにしておかなくてはいけません。

任意整理で和解した後はどのように返済していくのか

再計算した返済金額に各債権者が和解したら、
和解内容の金額にのっとって、毎月返済が始まります。

任意整理する人は多重債務者がほとんどであり、
多重債務者の場合は、各債権者に支払いをしていく形となります。
支払件数は、任意整理前と変わりません。

弁護士や司法書士によっては、各債権者への返済を代行してくれる場合もあり、
その場合は、弁護士や司法書士の指定銀行口座に、毎月の返済額の合計を支払って、
そこから各債権者に支払ってくれる方式を取っているところもあります。

毎月各債権者に支払うのを避けたい場合は、
そのような弁護士や、司法書士に依頼するといいですよ。

任意整理の和解通り返済できない場合はどうなるのか

任意整理で和解した通りに返済ができなくなったら、
速やかに、弁護士や司法書士に相談をしましょう。
一時的に支払いが困難な場合は、
弁護士や司法書士が、支払いの猶予を交渉してくれます。

また、その後も返済が難しい場合は、
再度各債権者と話合いをして和解の組み直しを行います。
それでも返済ができない場合は、
自己破産や、個人再生の手続きの検討となる場合があります。
病気で入院したり退職して返済が難しくなった場合でも、
他の債務整理方法と取ることで返済の変更も可能となります。

どちらにしても、和解通りに返済ができないと思った時点で、
すぐに弁護士や司法書士に、相談をすることが大事となります。

住宅ローンや自動車ローンは任意整理から外すことができるのか

任意整理は裁判所を通さず手続きを行うので、
特定の借金を、手続きの対象としないことも可能です。
そのため、住宅ローンや自動車ローンなど、
特定のローンを除外して、任意整理することは可能となります。

いかがでしたでしょうか。
任意整理は債務整理の中で、1番使ってみたい制度ですが、
このように疑問も多くあると思います。
任意整理をご利用する際は、これらの疑問に対して、
納得した上でご利用するようにしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

カードローンの借金減額は無料相談で誰でも明確に借金が減る

カードローンの借金減額をしたいと思っても、
どのようにしていいのか、わかりにくいですよね。
そこでおすすめなのが、無料相談で借金減額ができるサイトです。
無料診断で借金減額がわかるサイトについて、ご紹介いたします。

カードローンの借金減額は無料診断で借金減額!

カードローンの借金減額は、素人では難しいことですよね。
弁護士や司法書士に頼めばいいというのはわかりますが、
慣れていない素人が、いきなり弁護士や司法書士に、
電話を掛けるということはできないのが現状です。

そこでおすすめなのが、無料診断で借金の減額方法を教えてくれるサイトです。
通称「借金減額シミュレーター」といい、
無料診断で自分の情報を入力することで、
どの借金減額方法が、1番適しているのかを教えてくれます。

必要によって弁護士や司法書士の紹介もしてくれますので、
自ら弁護士や司法書士を探さず済みます。
借金減額を考えている人には、とてもオススメのサイトなのです。

借金減額シミュレーターではこんなことがわかる

借金減額シミュレーターでは、このようなことがわかります。

  • 借金をいくら減額することができるのか
  • 過払い金請求は可能なのか
  • どのような債務整理方法があるのか
  • 適した弁護士や司法書士の紹介
  • など、このような借金減額に必要な情報を教えてくれます。
    借金減額を考えている人には、頼りになる情報ばかりですよね。

    借金減額シミュレーターは信頼できるサイトなのか

    借金減額シミュレーターがいくら便利なサイトと聞いても、
    信頼できないサイトであれば、意味がありません。
    借金減額シミュレーターは複数のサイトがあるのですが、
    どれも口コミが高く、信頼度が高いサイトといえます。

    無料サイトですので、無料で、
    借金減額のノウハウを教えてくれる部分が好評のようです。
    無料診断で完全無料であり、実際に債務整理を行う際に、
    弁護士や司法書士に依頼をすると、そこからは弁護士費用や、
    司法書士費用などの費用はかかってきます。

    サイトのご利用だけであれば完全無料ですので、
    費用の心配なく、ご利用ができます。

    ほとんどの借金減額シミュレーターが、関東の企業が運営していますが、
    インターネットサイトですので、全国対応となっています。
    そのため、どこにお住まいの方でも便利にご利用ができます。

    自分の個人のことと債務性を入力するだけでOKの無料診断
    借金減額シミュレーターの素晴らしいところといえば、自分の個人のことと、
    債務性を入力するだけで、具体的な内容の無料診断を受けることができることです。

    名前は任意でOKであり、住所も都道府県まででOKです。
    債務性の内容を入力して、最後にメールアドレスと電話番号を入力するだけです。
    誰でも簡単に、申し込みができますよ。

    借金減額シミュレーターの連絡は主にメール

    借金減額シミュレーターの利点といえば、連絡方法が主にメールということです。
    メールで回答が来るので、周りの人にバレずにご利用ができます。
    ただし、債務性に不明解な部分がある場合は、
    電話でのやり取りとなってしまいます。

    電話でのやり取りの場合も事前にメールで連絡がきて、
    いつの感じだったら、電話が可能なのかの確認がきます。
    そのため、いきなり電話がかかってきて、
    借金の話をせずに済むので、気になりませんよ。

    相談者のプライバシーを考えたサイトですので、周りに知られることなく安心です。
    電話が来るのが気になる場合は、無料診断の申し込みの際に備考欄に
    「電話ではなくメールでお願いします」と一言書いておくと、
    電話が来ないようになります。

    弁護士や司法書士を紹介されても利用しなくてもOK

    無料診断を受けると、債務整理に見合った弁護士や司法書士を紹介してもらえます。
    債務整理に進むためにはご利用してもOKですが、そこからは、
    弁護士司法書士に相談をすることにより費用が発生してしまいます。

    弁護士や司法書士に頼むまで考えていない場合は、
    その時点で、相談を止めることができます
    弁護士や司法書士を使っていなければ、費用は0円です。

    また、紹介してもらった弁護士や司法書士ではなく、
    違う弁護士や司法書士を使いたい場合ですが、
    紹介してもらった弁護士や、司法書士を変えることはできません。

    その場合は、借金減額シミュレーターのご利用を止めて、
    ご自分で、弁護士や司法書士を探さなくてはいけません。

    いかがでしたでしょうか。
    このように、カードローンの借金減額は、無料相談の借金減額シミュレーターにより、
    どなたでも明確に、借金減額へとみちびくことができますよ。
    自分にぴったりの債務整理を提案してくれますので、
    スムーズな借金減額とすることができます。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
     

    カードローンの借金減額|最低返済額が少ないのはどの方法?

    カードローンの支払いが苦しくなってきたら、
    最低支払金額を、少なくする方法を考える人も多いと思います。
    様々な借金減額方法がありますが、
    中でも1番最低支払金額が低いのは、どの借金減額方法なのでしょうか?

    毎月の支払金額が少なくなる借金返済方法について、
    メリットやデメリットも含めて、ご紹介していきます。

    カードローンの借金減額は最低返済額が少ないのが魅力なのか?

    カードローンの借金返済に困っている人は、
    月々の返済額が少ないと助かるって思いませんか?
    借金減額方法の中には、月々の支払い金額が少なくて、
    楽に返済していける方法もあります。

    しかし、借金減額をすればするほど、リスクは高くなってしまいます。
    高くなるリスクと共に借金減額を考えて、
    毎月の支払が、楽になる方法を検討しましょう。

    毎月の最低返済額が少ないのはどの借金減額方法?

    毎月の支払額が少ない借金減額方法はどの方法なのか、
    順番に、ご紹介していきます。

    自己破産

    自己破産は、借金が0円になります。
    借金が無くなるので、月々の支払金額も0円となります。
    そのため、借金減額方法の中では1番楽な方法となります。
    しかし、リスクはとても大きいです。
    財産を手放さなければいけなく、家族に迷惑をかけてしまいます。
    また、官報に載るので、官報を読んでいる人にはバレてしまいます。
    さらに、一定期間特定の業種に就くこともできなくなってしまいます。

    ブラックリストに10年間載ってしまいますので、
    その間は、新規借り入れができません。
    自己破産は借金がなくなりますので、
    一定の収入がなくても、手続きが可能です。

    個人再生

    個人再生は、基本的に借金が5分の1になります。
    それを3~5年で返済していくので、
    今の月々の支払いよりは、若干支払い金額が低くなります。
    自己破産のように財産を手放すことはありません。
    官報に載る部分は同じです。

    また、5~10年間ブラックリストに載ってしまいます。
    その間は、新規借入ができません。
    3~5年間支払いを続けなくてはいけないので、
    返済能力がないと、手続きを取ることができません。

    任意整理

    任意整理は過払い金により借金を差し引きして、
    残った借金を返済していく方法です。

    2010年6月以前に借金がある場合は、
    過払い金が発生するので、借金が減額されます。
    しかし、2010年以前に借金がない場合は、あまり減額されません。
    任意整理もブラックリストに載ってしまうので、
    5~7年間は新規借り入れができません。

    また、場合によっては、任意整理に債権者が応じてくれない場合もあります。

    特定調停

    特定調停は、借金の返済が滞りつつある場合に、
    債務者が簡易裁判所に申し立てを行うことで、
    債務者と債権者との話合いを行い、返済条件の軽減などの合意を行う制度です。

    特定調停は債務者が個人で申し立てをするので、
    なかなか、自分の思い通りの借金減額とならない場合もあるようです。
    特定調停はブラックリストに載らないので、
    1番抵抗がない、借金整理方法かもしれません。

    しかし、自分という素人が貸金業者と直接話し合うので、
    上手くいかないデメリットも多くあります。

    毎月の支払いに1番苦労しないのは自己破産だがリスクは大きい

    このように、毎月の支払いの負担が1番少ないのは、自己破産です。
    しかし、この4つの債務整理の中で1番リスクが高いのが自己破産です。
    自己破産は便利な感じがしますが、あまりにも失うものが多すぎます。

    一方、特定調停はブラックリストに載らず借金を減らすことができますが、
    月々の支払いは、それほど少なくなりません。
    少ない借金で少し返済額が少なくなる程度でよければ、特定調停が適しています。

    いかがでしたでしょうか。
    このように、借金減額方法には一長一短があります。
    借金減額方法の選択は、よく考えて決めるようにしましょう。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓