↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理は利息カットの減額

借金の返済ができない。
延滞等をせず、債務整理をしましょう。

簡単に言うけれど

まずは返済ではない借金に対しての債務整理ですが、簡単なことではないです。
しかし、このまま延滞をしたり、返済できずにモタモタしている方がもっと悪いことです。

債務整理は、債務者にとって権利で、正当な方法で借金減額ができる制度です。
簡単なことではなく、面倒ですが、きちんと自信の借金と向き合うことから始めましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

どこに相談したら良い?

消費者金融や銀行の借金であれば、まずは返済ができないことを知らせます。
ただし、私は債務整理を「しますから」ということは言わないでください。
債権者である消費者金融や銀行には、債務整理を開始してから、債務整理をしたことを告げることです。

ただし、1つだけ債務整理で直接消費者金融や銀行と話をしなければならないものがあります。
任意整理です。

任意整理とは?

債務整理の中で、一番減額幅が小さい内容です。
はっきり言えば、10万円借りて、金利が18%。
そのうち任意整理は、18%のカットだけをしてもらう内容です。

自己破産や個人再生のように裁判所が介入しない方法で、直接債権者と話をして、納得したら、任意整理ができます。債権者としては、元金の返済ができることで妥協でしょう。
ちなみに自己破産は、元金も金利分も払わないというのですから、債権者にしてみれば、まだマシという内容ですが、損は損です。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

自分でする?弁護士に依頼する?

それは、自由です。
金融業者と直接、僕は任意整理をするので、金利分は支払わないと断言がでは、交渉ができるのなら、自分で行ってください。金利がなくなるので、元金の支払い方法も対応してもらって、任意整理ができます。

弁護士は、任意整理ではプロであり、すべてを任す事ができます。
しかし、報酬の支払いがあり、その金額はきちんと支払うことになります。
交渉に自信がない方は、弁護士に依頼すると良いでしょう。

債権者もおとなしくは従わない

自分で任意整理をするデメリットとしては、何をどう言って分からないことです。
金利カットでお願いします。了解です。という会話にはならないので、消費者金融などでは今支払いが大変なら、最初は利息だけの支払いで、あとは返済期間を長くして、と説得に入ります。
相手はプロですから、説得されて、結局任意整理は失敗で、余計に利息を支払う羽目になるパターンが多いです。

任意整理では利息カットが目標

元金の支払いはします。あとはカットでというのが任意整理です。
債務整理としては、直接交渉になり、弁護士依頼が報酬はかかるものの成功率は高いです。
利息の返済しない変わりに弁護士に報酬?それが嫌な方は、自分で行うのもありですが。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理は自分でする!できないことはないが

返済できない借金を消費者金融や銀行で直接交渉して、引直計算の上、利息だけをカットして、返済をするのが任意整理です。

自分だけで行ってみたい

その理由としては、弁護士に依頼すると楽ですが、報酬がかかるから。
いろいろ説明するのが、面倒だからということです。
現在は数が減りましたが、過払い金返還請求等も自分で行っていた方も多いです。

過払い金返還請求は、利息制限法が20%となった時に、今まで余計にグレイゾーンの金利分の返済を返還してもらうためのものです。完済した借金であれば、債務整理ではなく、引直計算で利息制限法20%以上の部分を取り出し、請求する内容です。この時にまだ返済分があるのなら、過払い金返還請求と相殺して、返済を大きく減らすことができます。

この時には、債務整理の一部になります。
たいてい、この時に任意整理と同時に、債務整理をする方もいます。
利息カット、利息制限法以上の債務整理をするのですが。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

引直計算とは?

任意整理にも過払い金返還請求にも出てくる引直計算とは、今の返済額出元金と利息分がどのような内容になっているかを計算することを言います。

10万円借りて18%の金利で、毎月1万円ずつ返済していったといます。
その時に、次の月に9万円の残高になるのではなく、毎月きちんと残高に18%の利息分がくっついてきます。任意整理で引直計算をするのは、今の自分の残高を正式に知るためです。

現在は、引直計算アプリもソフトもありますから、きちんと数字を入れるだけでわかるはずです。その計算に必要な取引履歴等の取寄も自分で行うのですが、足元を見られて開示しない金融業者もいます。しかし、これがないと任意整理ができないです。

ここで頓挫してしまうことも

しかし、きちんと履歴の開示と引直計算をして、あとはどうしても払わないと粘り強く交渉をしていくことになります。ディベートに自信がある、何が何でも自分出任意整理をしたい方にお勧めですが、専門家依頼が妥当という見方が多いです。

弁護と司法書士は、履歴開示に対して、債権者が従わなければならない法律があります。
その時点から、任意整理は個人でやるものではないということなのですが。

できないことはないですが

一応、任意整理を宣言して、取引履歴を開示してもらい、引直計算をして、任意整理の交渉をするというのが、任意整理の手順です。法律家でなければならないことはないのですが、消費者金融などでも、あれこれといいよって来ることになります。

これから支払うことになる利息だけをカット。
裁判所も関係がないため、個人信用情報機関で金融事故が付くだけの債務整理ですが、弁護士依頼が良いと言うのは時間も労力も少なくて済むからです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理の前に弁護士等に借金相談を

任意整理は、弁護士依頼で1件3~5万円程度です。
多額の借金を抱えて、利息が高いと感じている方、元金だけの完済を目指していて、とにかくすぐに返済額を小さくしたい方にお勧めです。

交渉事ですから、消費者金融や銀行と直接対峙しなければならないです。
しかし、お金を出して交渉をしてもらうことで、毎月の返済額が減額されるのなら、そんなに良い話はないでしょう。

できれば早くに相談を

任意整理は、債務整理の中でも手続きが少ない方法です。
裁判所が関係しないため、引直計算だけを行う事ができれば、あとは交渉だけで話が進みます。
債務整理を専門とする弁護士は、引直計算もすぐに完了し、交渉もベテランでしょう。
かつては過払い金返還請求での腕もあり、任意整理そのものは、交渉がうまくいくことで、早くに解決ができます。

ただし、返済できないという時点での開始が妥当です。
延滞や遅滞をしていると、それだけ不利になることが多いですし、交渉にしても長引くことがあります。債務整理を専門とする弁護士事務所では、好きなり債務整理ではなく、借金相談もしていますから、適切な債務整理の選択をしてもらうことです。

返済ができる余地があるのなら、債務整理が良いでしょう。報酬も一番少ないですから、依頼も楽です。借金相談は無料のところが多いので、是非相談してみてください。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

利息だけしか減らない

任意整理では、自分が借りた元金は返済しなければならないです、
もちろん利息がカットされた元金は、とても少なく感じることでしょう。

低金利の銀行にしても10%以上の金利ですし、大手の消費者金融でも17%程度の金利です。
リボ払いで返済している方は、半分程度しか元金の支払いをしていないことに引直計算することに気が付き驚くことでしょう。

上をみたらキリがない

弁護士に相談をして気がつくのですが、借金がゼロになる自己破産の方が大きく減額ができます。しかし、返済ができることがあると、弁護士は任意整理を推奨することが多いです。
借金額にもよりますが、借りたお金なのですから、返済ができるのなら、この程度にしておきましょう、とのことです。

金融業者にとっても、自己破産よりも任意整理の方が結論が早い。
それが理由ですが、10%以上の金利がなくなるだけでも、かなり返済は楽になります。
完済が早くなることと、一応返せる方は、任意整理くらいで、責任は持ちましょうということです。

信用情報でブラックリストになりますが、借金額が減ります。
自分の元金でこんなに金利があったこと、その発見だけでもすごいことです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理の目的と条件 やっぱり弁護士依頼が良い理由

任意整理は、債権者に対して借金のうち金利カットの返済額にしてもらう債務整理です。
多重債務者では、一部の任意整理だけでも対応できます。

自己破産では、選択がないのですが、任意整理では返済額が多いものだけの債務整理ができます。裁判所は無関係で、債権者と直接交渉で実現できる、債務整理の中でもっとも簡単で、減額が少ない方法です。

任意整理の目的

任意整理の手続きは利息カットで毎月の返済を小さくすることです。
例えば、10万円程度の毎月返済している方で、どうしても返済を小さくしたい。
この時に消費者金融などで、今は返済ができないので、本来2年で完済できるのを10年で完済できるように、内容を変えることができます。

債権者としては、どちらかというとこの交渉には積極的です。
10万円の返済を5万円にした場合、総返済額が大きくなって、債権者の利益が大きくなります。
この交渉で、毎月楽になったと思うのは大間違いです。
ところが任意整理は、利息を大きく減らすので、総返済額も当然減額できます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理の条件

誰でもできるものではないです。まずは、返済ができないという証拠です。
余裕で支払いができるのに、任意整理をすることができないです。

また、3年程度で完済では内容でなければならないですし、定期収入があることが必要です。
ですから、無職や収入がない方の任意整理はできないことになります。
自己破産と違い、必ず返済をすることが義務になりますから、減額されたとしても最後まで返済ができることが必要です。

自分で任意整理をする場合でも、正常な完済ができないことを訴えることが必要です。
弁護士なら、順序だてて交渉する事ができます。

どう交渉をするか

債務整理の中でも任意整理は、債権者などの合意が必要なだけです。
そのため、話し合いの内容が最大のもので、それに付随する内容が大切です。

とにかく、◯◯の理由で返済ができないから、任意整理をしたいということを語らなければならないことです。ですから、金融業者にとっては、個人での任意整理では適当にあしらうことが多いですが、ベテランの弁護士などでは、その手法がわかっていますから、任意整理も成功しやすいです。

ただ、100%OKではないこともあります。

弁護士でも任意整理ができない?

簡単に行かないことがありますが、任意整理をしますといった時に、弁護士に依頼をすると、受任通知と言って、債権者は請求ができなくなってしまいます。それで、返済義務をしなくても良いことになります。これは、任意整理成功前でも支払いをしなくても良いです。

しかし、自分で任意整理をした時には、受任通知がないので、債権者は請求が続きます。
ここでも差が大きいです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理で総返済額の減額を 交渉から取り立てが止まる

任意整理のことは、過払い金返還請求があることの引直計算が必要です。
引直計算では、過払い金部分を確認するのですが、任意整理では金利分の数字を確認するために必要なことです。

どの程度の金利があるのか、それをカットしてもらうことで、減額をすることが任意整理です。
ですから、とても多額のカットができるものではなく、債務整理の中でも減額が少ないです。
その分、債権者との直接の話し合いで決まるもので、自己破産や個人再生などで時間がかかるものではないです。債権者が合意することで任意整理ができます。

弁護士に依頼をすると

交渉に入る前に、弁護士では任意整理の依頼をした時に債権者に受任通知を送ります。
そうすると、消費者金融も銀行の返済義務がなくなります。
ということで、返済しなくても良い時期があります。

まだ任意整理をしていないのですが、弁護士等に依頼をすると、任意整理宣言とともに返済が止まります。この返済額をためておいて、弁護士への報酬とすることで、料金の心配はなくなります。比較的簡単な債務整理ですから、料金も3~5万円と良心的です。もちろん弁護士によっては分割払いができる場合もあり、相談可能です。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

あまり減らない?

金利だけのカットですから、大きく減額する感じはないでしょう。
しかし、任意整理は元金だけの返済です。

無利息で借りる形になりますから、実際に返済が始まると減額されることが実感されることでしょう。自己破産のようにゼロになることはないのですが、債務整理の選択としては、簡単にできます。簡単というのは書類提出などが少ないことと、報酬も少ないからです。

任意整理で半分責任を果たせる?

消費者金融などでは、金利返済がなければならない借金です。
10万円貸して、10万円返済の任意整理では、儲けもないです。

しかし、返済ができないままで延滞されるのであれば、仕方ないと合意されることが理想です。
債権者としても、どう対応するか、分からないですが、弁護士依頼では待つしかないです。
1年程度かかることもありますが、弁護士依頼した時は、交渉の間も返済はしなくても良いです。

もし、自分で任意整理の交渉をした場合は、返済をしなければならないこともあり、それが大変なことです。

借金相談でしっかり決める

楽になる任意整理ですが、弁護士にはきちんと丁寧に話をすることが必要です。
なお、家族に内緒にしたいと言うのは、対応してくれることでしょう。

ただ家族の任意整理をしてほしいというのは対応できないです。
必ず、契約者本人が申し込みしなくてはならないですが、相談だけならできます。

↓↓法律相談カフェ↓↓