↓↓法律相談カフェ↓↓
 


借金を減らしたいなら、返済期日に返済を行う約定返済だけではなく任意返済も取り入れてみてはどうでしょうか。
借金減額にオススメな任意返済について、ご紹介いたします。

借金を減らしたいなら約定返済だけではなく任意返済も

借金を減らすためには、利息を抑えることもとても重要となります。
借金に利息を安く抑えるためには、約定返済だけではなく任意返済も取り入れてみましょう。

任意返済というのは、あらかじめ決まっている返済日である約定返済日以外にも返済を行う、追加返済のことを指します。借金の利息は、毎月の返済の日に発生します。
約定日以外に返済をすることで、利息金を減らすことができます。

お金に余裕がある月には、積極的に任意返済を行って無駄な利息を大幅に減らしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意返済は信用獲得となる

任意返済を利用することで、返済残高はどんどん減っていき返済する回数も減っていきます。
任意返済を繰り返して行うことにより、信用獲得という大きなメリットも手に入れることができます。

信用というのは、カードローンなどの借金をしていく上でとても大事なポイントとなります。
またカードローンを利用する際や新しいカードローンの審査を受ける際、信用が高いことでスムーズに融資を受けることができます。いざという時にスムーズに融資へとたどり着けることができるので、とても助かります。

任意返済の方法

任意返済の方法は、カードローンの商品により方法がことなります。
直接電話をかけて、どのように行うのかを問い合わせましょう。

ほとんどのカードローンの場合、ネットバンキングやホームページ、ATMで行うことができます。専用のネットバンキングでの返済は、手数料無料としている場合もあります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意返済をする際の注意点

任意返済というのはとても良いことなのですが、注意すべきポイントがあります。
それは、毎月の返済日である約定返済を最優先に考えて対応するということです。

約束している毎月の返済日というのは、あらかじめ決まっています。
約定返済日と違う日に任意返済をしたとしても、約定返済の返済とはなりません。
中には、先に任意返済で多くの返済をして、約定返済日に支払いができないなんていうパターンもあるようです。

この場合は、返済遅延扱いとなってしまい、信用情報に傷がついてしまいます。
任意返済も含めて順調に返済してきても、約定返済日に1度遅延をしてしまえば台無しとなってしまいます。

利息を減らして借金を効率よく返済していくためには、任意返済も取り入れることはとても大事となります。しかし、最優先にすべき返済は毎月の約定返済です。
約定返済をしっかり支払うことができるよう、お金の計算を間違えないようにしましょう。

借金が多い人は任意返済を取り入れよう

借金が多い場合は、金利も多くかかってしまいます。
任意返済で追加で返済していくことで、返済期間が短くでき金利を少なくさせることができます。

ボーナスが入った場合や臨時収入があった場合は、任意返済で多めに返済しましょう。
支払い総額が少なくなり、負担も軽くなります。

↓↓法律相談カフェ↓↓