↓↓法律相談カフェ↓↓
 

カードローンの借金が減らないのは?


潤沢にお金を持っていれば、お金を借りることもないのですが、誰もがそうとばかりではありません。仮にお金が潤沢にあったとしても住宅ローンを抱えている人もたくさんいるのです。

現在お金を借りるという方法は、昔ながらの借りたお金を月々少しずつ返済する方法から、カードローン形式が主流となっています。もちろん、前者のような借り入れ方法もあるのですが、現在はカードローンのほうが多く利用されていると考えていいでしょう。その秘密は使い勝手の良さにあります。形式はクレジットカードのキャッシングと同じような方式と考えたらいいでしょうか。利用限度額内でしたらいくらでも入出金が可能なのです。

しかし、借りたら返すというよりも、借りるほうが多くなってしまったら、返済がどんどん後に延びていってしまいます。それで、借金が減らないということになってしまうのです。いつのまにか借金の返済のために消費者金融会社から、借金をするようになってしまうと、返済額も増えてしまいます。さらに返済期間も長くなってしまうので、利息が増えてしまうのです。

そうなると元金が減らないばかりか、金利の高いカードローンでしたら、返済方式によっては利息ばかり支払っている形にもなりかねません。したがって、融資残高がまったく減らないということになってしまうのです。借りた金額は常に把握するようにしておかないと、いまどのくらい返済したのかもわからなくなってしまうでしょう。借金が減らないのも自業自得なのですが、さらに借金が増えてしまうと行き着く先は、任意整理あるいは債務整理というものになってしまうでしょう。ですから、借金をしたら返済しなくてはいけないということは当然なのですが、返済期間にも注意を向けるべきです。

この返済期間はできるだけ短くしたほうがいいです。金融機関によっては、返済期間を設定していますが、それはカードローン以外のローンの場合です。カードローンのようにいつでも出金というわけにはいかないので、そういった返済方式がなりたつのですが、カードローンの場合は決まっているのは融資限度額だけで、返済金額は入出金を繰り返すと常に流動していることになります。さらに支払方式をリボ払いに変更する事も可能となりますから、支払金額は月々一定になるので、支払額はゆったりとしたものに設定する事も可能です。

このような返済を約定返済と呼んでいるのですが、月々の支払を最低限のものにしてしまうと、借金ばかりしてしまって、返済期間がどんどん後ろに延びていってしまうのです。カードローンの場合は、特に返済方法というのが大切になってきます。リボ払いはとても楽な返済方法ですが、いつか支払に窮してしまうこともあるでしょう。

毎月定額の支払方法というのはとても魅力的なのですが、追加で出金(借金あるいはキャッシング)してしまうことを考えると月々固定の支払方法というのは、借金の総額をわかりにくくしてしまうのです。さらには、いつまで経っても借金が減らないということになってしまいます。

カードローンを利用するのでしたら、できるだけ銀行カードローンのほうがいいでしょう。理由は金利にあります。金利が圧倒的に消費者金融会社など、他の金融機関と比較して金利が低く設定されているのです。審査などが厳しく、融資までに時間がかかることがネックとされていますが、まずは銀行カードローンが一押しです。

さらに、多重債務などで、支払に窮している場合は、おまとめローンがお勧めです。多重債務に陥ってしまうと、返済方式も残高スライド方式を利用して、どんどん返済期間を延ばしがちになります。そうなると、元金は全く減らずに利息ばかりを支払うことになってしまうのです。そうならないように、ボーナスなどの収入があるときに、臨時返済をするなどの処置も必要になるでしょう。借金をして返済して、その返済は確実に元金が減っていくような返済にしなくてはいけません。カードローン利用者はそれをしっかりと肝に銘じておきましょう。

利息のみを支払っているような返済では、いずれは任意整理になってしまう可能性もあります。リボ払いなどの残高スライド方式の返済方法は楽ですが、返済が長引いてしまうこと、なかなか借金が目減りしないことを頭に入れておくべきでしょう。支払額の計算も難しいのですが、金融会社によっては都度返済シミュレーションを提示してくれるので、それを参考するようにしましょう。債務の支払は債務者の義務だということを忘れないようにしなくてはいけません。

また、月々の最低返済額だと、返済もゆったりで魅力的に見えるのですが、そういった返済方法だと、借金がいつまで経っても減りません。無駄な利息とは言いませんが、利息分ばかりを支払っていることになります。こういった返済方法は、金融機関を利するだけで債務者にとっては利益にはならないのです。元利は元本に利息を足したものですが、元利を増やしていかないことが原則です。カードローンの場合、返済を続けていくと、融資可能額がどんどん増えていきます。そこで、新たなキャッシングをしてしまうとせっかく減らした元利が増えていってしまいます。

さらに、キャッシングを重ねてしまうといつまで経っても借金が減らないということになってしまうのです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

消費者金融のカードローンを利用する


お金を借りるというと銀行だけではありません。消費者金融会社のカードローンを利用するという方法もあります。借金がかさんで、さらに多重債務となってしまうと銀行もなかなかお金を貸してくれなくなります。言うなれば審査に通りにくくなってしまうということです。人によって属性が違ってくるので一概にはいえないのですが、融資額の多い少ないも影響してきます。

多重債務となると、一つ一つの金額が大きくなります。複数の借金で一つが10万円あるいは20万円という少額ではないでしょう。限度額一杯まで借入をして、支払いに窮している人がたくさんいるのです。支払総額が多くなってくると返済回数も多くなってきます。そうなると、ますますいつまで経っても借金が減らないということになるのです。

債権者である、金融機関では多重債務の解決策として借り換えローンやおまとめローンなどの金融商品を用意しています。銀行で新たな借入の審査にパスしていない状況では、銀行の借り換えローンやおまとめローンなども利用できない可能性が高いです。そういった場合どうしたらいいのかというと、やはり消費者金融会社を頼るしかなさそうです。消費者金融会社は、金利が高いからちょっと…という人もいることでしょう。確かにそうなのですが、銀行からの借り入れが難しいのでしたら、背に腹は代えられません。

また、消費者金融会社は金利が高いというのも先入観に過ぎないかもしれません。もちろん高くあるのですが、利息制限法の範囲内ですから、それほど問題視されるものでもないのです。問題は、債務者側、つまり借りる側にあると考えていいでしょう。際限なく借金を繰り返すと支払方法、支払いに窮するのは当然です。支払い方法も定額方式や定率方式などの選択もできますし、返済はできるだけ有利な方法を選択したいものです。

また、債務残高はできるだけ減らしていかなくてはいけません。月々の返済金額を低く設定してしまうと、債務残高がいつまで経っても減りません。そして、消費者金融カードローンならどこでもいいというわけではなく、できるだけ大手消費者金融会社のカードローンを利用するようにしましょう。必ず、きちんとした返済計画を立てることが大切です。

消費者金融会社のカードローンに不安を感じる人もいるかもしれません。しかし、過払い請求や総量規制など、消費者金融会社を締め出すような法律が次々と誕生しました。それらの法律は消費者金融会社の体力をそぎ落とし、さらには、会社内部の健全化を進めていったのです。現在の消費者金融会社は、以前のような取り立ての厳しい貸金業者の面影はありません。大手消費者金融会社でしたら、問題なくかつ安心して借入をすることができるでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

融資の際にきちんとした返済計画を立てる


返済してもなかなか借金が減らないのはつらいことです。きちんとした返済計画を立てていても、新たな借入をしてしまったら元も子もありません。しかし、そこがカードローンの良いところでもあるのですが、借りすぎには注意しなくてはいけません。賢く、カードローンを利用したいものですが、新たな借金はせずに返済は元利方式で返済するのが理想です。

返済するごとに返済総額というのは減っていきますから、生活もどんどん楽になると考えるようにしなくてはいけません。返済期間が長くなると先行きが見えなくなるので、返済期間もできるだけ短いほうがいいでしょう。消費者金融会社をターゲットにしたとも言われる、グレーゾーン金利が撤廃されているので、金利計算もわかりやすくなっているのも大きいですね。

もっとも、グレーゾーン金利撤廃のお陰で過払い金請求されることになって、大手消費者金融会社の経営が傾いていった経緯も見逃すことはできません。返済方法としては、リボルビング払いにしないほうがいいです。いくら借りても毎月の返済方法が変わらない、残高スライドリボルビング方式では、毎月の返済額が変わらないので、新たな借金をしてしまいがちになるからです。

消費者金融会社では、毎月の最低支払額というものを設定しています。しかし、それに債務者側が合わせてしまうと、お金がいくらあっても足りないくらいになりますし、返済期間も長くなるので、いつまで経っても借金が減らないという状況になってしまうのです。毎月の負担はできるだけ減らしたいものですが、そうなると借金を減らすことはできません。かといって、毎月の負担額を増やしてしまうと、返済がきつくなって延滞あるいは滞納ということにもなりかねません。そうなると遅延損害金などで、より一層の負担を強いられることになるのです。

この返済方式がベストということはありません。借金をしないほうがいいのは間違いないのですが、借金をしても自分の気持ちの持ちようをしっかりしておかなくてはいけません。借金の返済のために借金をするようになったら、債務整理などを念頭においてもいいかもしれません。そういった状況になると、その場しのぎでの対応しかできなくかり、長期的な視野が狭まってしまうのです。そうなると、当然ですが、借金は全く減らずに雪だるま式に増えていってしまって、最終的には首が回らなくなってしまうということですね。

融資を受ける際も、きちんとした返済計画を立てることが大切になってくるのです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

おまとめローンを活用する?


カードローンでの借り入れをすると、月々の返済額というのを設定しなければいけません。新たな借入をしなければ、返済期間あるいは返済額で返済総額というのが決まります。消費者金融会社では、カードローンの借入総額も総量規制で、収入によって借入総額というものが決まってきます。ですから、カードローン申込者それぞれに利用可能額というものが設定されるのです。

返済方法としては、元利均等返済方式がベストと言えるでしょう。リボルビング方式とは違って、毎月の返済額が決まっているのですが、新たなキャッシングをすると、月々の返済額が都度上がっていくのです。返済期間は変わらないのでこの元利均等返済方式がもっとも、借金を減らせる返済方式といえます。返済に窮してしまった場合、任意整理も念頭におかなければいけなくなります。

融資金額が少なめであれば、弁護士の他に司法書士に任意整理などの相談をすることができます。弁護士費用よりもかかる費用が安くなる場合があるので、債務額が少ない場合で返済に窮したときは、司法書士に相談するのも一つの方法です。

借金の返済については、返済定額にこだわるほうがいいでしょう。リボルビング払いとは違って、新たな借金をしないということです。借金をする人は、ひとえにお金の使いすぎが根底にあります。節制した生活をしなくてはいけないのに、豪華な生活というかお金を使った生活に慣れきってしまうと、反対にお金を使わないことがストレスに感じてしまって、ついついお金も無いのに借金をしてしまうのです。

もっとも、クレジットカードでキャッシングをするくらいならまだいいのですが、そのクレジットカードの返済をリボルビング払いにしてしまうと、そこから借金の返済地獄に陥る人も少なくないのです。

元利定率返済など、返済方法はたくさんあるのですが、基本となるのは債務の総額です。自分の債務の総額がいくらくらいあるのかを把握するのがとても大切です。また、多重債務となると支払日がまちまちになることで、返済も大変になってしまいます。そういったときに頼りになるのが、おまとめローンや借り換えローンです。貸金業者からの債務が複数だと、返済日もまちまちですから、一つのカードローンなどをおまとめローンとして活用できたらベストですね。

どうしても困った場合は…


消費者金融会社のカードローンは金利が高いです。金利が高いとどうしても返済総額も多くなりますし、それが原因で借金がいつまで経っても減らないということになるのです。

基本としては借金の総額を一定額としてあとは返済のみにすることです。支払い方式は、元利均等方式や元金均等返済方式など様々です。自分に合った返済方式にしましょう。消費者金融会社側でも返済シミュレーションなどで丁寧に説明してくれるので、その説明をしっかりと理解しておきたいものです。

金利の低いところから借入ができたらいいのですが、借金が減らないということで悩んでいる人のほとんどは、消費者金融会社から借入している人です。そのため、どこかで返済に窮してしまうことがあれば、そのときは任意整理ということも視野に入ってくるでしょう。その場合、まっさきに弁護士に相談することがベストです。

弁護士には、借金の督促や新たな借金など、お金の動きをストップさせる権限があります。まずは、お金の動きをストップさせて、債権者と債務者側の間に立ってお金の整理をするのが債務整理です。借入残高の総額を計算し、さらに、どのような返済計画ができるかを債務者の側に立って考えます。

また、任意整理をすると債務者側が新たな借入ができなくなります。これはこれで、借金の返済に専念できるメリットありますし、さらには借金の総額を減らすことができるのです。もっとも金利が変更されることがほとんどで元金が減額されることはないようです。自分の生活費を確保した上で、最善の返済方法を弁護士が考えてくれます。債務整理となると、クレカが作れない、新たな借金ができないなどの社会的制裁を受けることになりますが、生活の立て直しといった面ではまさに、最善の策と考えていいかもしれません。

↓↓法律相談カフェ↓↓