↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減額の方法について


返済している借金を減額できるとしたらそんな良いことはありません。債務整理は、減額したい債務者の負担を小さくすることができます。ある手続きが必要になりますが、それには債権者の同意を必要とします。そこで、本気で借金減額を望んでいる方は、弁護士に相談しましょう。

弁護士は、債務整理の依頼を受け、一番簡単に減額ができ任意整理に着手します。ここで、債権者と話し合われるのは、利息を減らすことです。債務者の様々な事情を話し、今まで通りの返済は困難で、元金は返済できるけれど、利息を減らすことはできないか?という交渉です。

同時に過払い金の有無も確認するのですが、これは債務者の借金で、高い利息を取りすぎていないかを再計算するものです。もし、利息制限法以上の利息がある場合は、債権者は直ぐに過払い金請求に応じなくてはならないことになります。

それにより返済額が小さくなることもありますが、最近の貸金業者や消費者金融では、利息制限法内の利息に設定しているところがほとんどですから、最近の借金については過払い金は少ないと言われています。それでも弁護士による再計算で、過払い金の有無を確認します。

その上で、任意整理手続きで返済計画を手に債権者との交渉を進めていき、最終的に納得していただくことで、借金の減額が可能になります。依頼者本人も交渉ができるところですが、弁護士に依頼するのが妥当です。140万円以下の債務なら司法書士でも対応でき、こちらの方が費用が安いと言われています。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理は本人で行うこともできます


借金を減額したい方の中で、債務整理を本人で行う方もいます。一応その方法は、返済不能になったことを告げて交渉するだけです。と言っても、直ぐに対応してくれるものではありません。

交渉は債務者が債権者に直接行う任意整理のほかに、裁判所が間に入る個人再生、特定調停、自己破産などがあります。いずれも本人が行うことができますが、手間と時間がとてもかかることは覚悟してください。

債務整理とは、債務=借金、整理=原則的に減額をすることです。それが様々な方法で、債務者に有利になるように働くのが大きな特徴です。ですから、その恩恵をしっかり受けるためには、面倒がらずに従うことになります。債務者のわがままという批判もあります。確かに、当初の契約を違反して、返済できないから減額してほしいというのですから、それはそう思われても仕方のない部分もあります。

しかし、実際に貸金業者からの借入で、本当に都合がつかず滞納をしてしまった場合、数ヶ月で元金以上の利息が膨れ上がっていることがあります。それは、業者のただ儲けになるのですから、債務整理で債務者の立場を守ってくれる算段になったのです。

さて、本人が行う債権者との交渉ですが、素人ではなかなか難しいようです。弁護士や司法書士であれば、もっとスムーズに大きく減額できたかもしれないという事例も多くあります。

そこで、減額したいと思っている方にとっては、大変だけど自分で行うか、弁護士費用はかかるけれど、弁護士に依頼をするか、そこが迷ってしまうところですね。弁護士費用に関しては、高い低いいろいろあります。価値観によっても違いはあるのですが、精神的に楽の部分も金銭と置きかえるのなら、価値観の幅が大きく広がることになります。

弁護士の債務整理で相談だけなら無料の所も多いですから、ひとまず話を聞いてみて、減額したいことを告げてみてください。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減額方法


借金返済で躓いたら、誰もが最初にこう思うでしょう。債務整理をすれば楽になれる。

ただ自分の借金を減らしたいけれど、財産とか所有している土地や家などを手放さない方法で債務整理したいという場合、簡単に自己破産というわけにもいかないでしょう。こんな時は恐らく、弁護士側から任意整理の方法で申立てするか、特定調停などで申立てする方法をおすすめされる可能性が高いでしょう。

消費者金融の借金が多くある場合は自己破産が有利なのかもしれませんが、借金を返済していきたいとか減らしたいのであれば、借金返済額を交渉出来る任意整理や特定調停が一番良い債務整理かと思います。任意整理で返済計画を見直してみれば、絶対支払い返済が無理だと思っていた金額も、交渉次第では大変激減する事となるでしょう。任意整理であれば裁判所を介さずに、債権者と債務者と弁護士の三者で和解に持っていけるので、返済で困ったら任意整理を優先してみて下さい。

もっと効果的な和解を求めるのであって特定調停でしたら、簡易裁判所にて調停員が債権者へ和解するように申立てしてくれますので、金融業者などと本人が顔合わせする事なく、返済方法や支払い内容のの見直しをしてくれて、和解に持っていけるのです。

どちらにしても自己破産のように全てを失う事などがありません。自己破産以外で返済はしていけるけれど、支払い返済方法を変えたいとか返済計画の建て直しを検討したいという人がいましたら、債務整理で借金減額方法が知りたいのであれば、任意整理又は特定調停と覚えておくと良いでしょう。うまくいけば借金返済時の金利をカットしてくれる可能性があります。そして、貸金業者への支払い負担が軽減化出来る可能性があるのです。

勿論、どうしても債務残高が多いなど返済出来ない人に関しては、自己破産しか方法がないというものです。返済意思があるのであれば、任意整理や特定調停でうまく借金を返済していけるようにしてみて下さい。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減額方法 特定調停


借金返済をふと考えてみた時、クレジットカードとか消費者金融で借入していたり利用している人なんかであれば、気付けば返せない借金が増えている可能性も高そうですよね。じゃあ一気に自己破産して楽になればいい?大雑把な人はそう思う人もいるかもしれません。しかしこれでは、自分の借金返済が楽になるとは言えど、クレジットカードはブラックになってしまうし、消費者金融でもお金が借りれないです。長きに渡ってローンも組めない人間となってしまう事かもしれません。

だからどうせ債務整理をするのであれば、特定調停辺りが一番安定所かなと思いました次第。じゃあ、特定調停とは何なのか?特定調停は、自己破産や個人再生のような重たい債務整理と比べて、比較的軽く利用しやすい債務整理の一つとなります。これは借金返済で困った時に、事前に支払い不能となる恐れのある人に対して、事前に借金計画の変更や支払い内容の変更を命じ、和解へ持ち込んでくれる方法となっております。

ただ特定調停の場合は、簡易裁判所で行われる事となっていますが、自己破産の時のような借金免除で手続きを行って進めていくものでは無いです。自分の借金をチャラにしたり元金を大幅カット出来る債務整理とは違っており、債権者と債務者が話し合いをして、今ある返済困難の借金の負担を軽くして、債務者が今後とも支払い返済を続行出来るようにするための方法なのです。

よって、返済意思が無い人や自己破産希望者にはこの方法は向いていません。しかし、自己破産しなくてもうまく返済していける方法を検討したい場合、こちらの特定調停を選んでおけば、自己破産よりリスクなく債務整理が可能になるというものです。

ちなみに、特定調停をしたらどんなメリットがあるのか?となるわけなのですが、特定調停の申立て後の債権者の取立請求が止まります。司法書士や弁護士へ依頼する際の費用が安い事でも、評判が良いです。そして、利息制限法に基づいて引き直し計算で借金を減らす事も可能でした。申立て手続きが何より簡単な部類というもの有難いでしょう。

調停委員が交渉してくれるので、和解時まで債権者と債務者が顔合わせする事無く、交渉が進むメリットもあるでしょう。調停終了するまでの間であれば、給与差押の強制執行を止められる。自分が交渉せずに調停委員の力を借りて交渉出来るので、和解成立しやすいなどのメリットもあります。したがって、破産後のような一切を失うリスクもなければ、破産後の資格制限なんかも一切受けないので、誰でも安心申込みしやすい債務整理となっております。

最後に特定調停期日の決定は、申立後1~2ヶ月が目安で特定調停にかかる時間に関しては、1社で1時間もかからない程度です。必ずしも交渉成立とはいかないので、もしかすると不調になる可能性もあります。この点は依頼される際に、弁護士や司法書士から詳しくお話を聞いておいたり相談しておくと良いでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減額方法 任意整理


散々お金が借りたくて借入しまくっていたり、クレジットで買い物しまくっていた人は近い将来、債務整理をする事が多いものとなるでしょう。返済合計が桁違いの借金だったりすれば、もはやお金が返せないので、何も言わないで自己破産するしかないのです。しかし、返済出来ないこのように借金ならばまだしも、借金返済出来るのに自己破産で申立てするのは、どこかとても勿体無い気がしました。

じゃあ、自己破産しなくてもうまく債務整理すればいいのでは?早速そんな方法が知りたいよって方の為に、一番債務整理で簡単な方法として『過払い金請求』『任意整理』をおすすめしておこうと思います。

まずは、主に債務整理の手段として申立てしやすい方法の任意整理から説明していきますと、債権者と債務者本人と弁護士などの三者で話し合い交渉して、和解に持っていく方法となるでしょう。こちらは裁判沙汰にならないので、比較的簡単に行われる協議レベルで終わるでしょう。債務整理で任意整理をしておけば、将来に渡って消費者金融やクレジット返済の高金利の利息のカットが可能となったり、現在よりも返済を優しいレベルで設定出来、返済計画が安定してくる方法が取れるのです。裁判所を介さないから、手続き自体も任意整理ならばスムーズかつ簡単と言えるものです。

任意整理で交渉後は、これに和解して頂ければ減額後の借金を分割払いで支払い返済するようになるでしょう。利息制限法の引き直し計算を行い、引き直し計算をした後の減額後の債務を、およそ3~5年の間で分割返済する目標で交渉和解したものとなります。この時に金利は原則としてカットされるので、支払い返済は今より断然優しくなるのです。

任意整理時に利息制限法の計算で返済合計が減少すると思いますが、取引期間の長い消費者金融があれば、過払い金が発生している場合もあるので、これが発覚すれば同時に過払い金請求も出来るかもしれません。ただしデメリットとしてはブラック五年、自己破産や個人再生に比べてリスクは少ないものの、債務の減額効果は少ない印象です。

任意整理手続きに応じない業者も増加している傾向があるので、申立てしたからといって100%和解出来るというものでもありません。しかし、何もしないで放置するよりも、必ず借金返済で困ったら債務整理するが吉でしょう。弁護士や司法書士に相談しておけば、任意整理がうまく出来れば後の生活も立て直ししやすく、返済計画も安定しやすくなるのです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減額方法 色々な債務整理


借金が増えてくると、必ずカベにぶつかる事があるというものが返済方法についてです。どうやっても返済が間に合わないとか厳しいなんて時に、債権者側に自分が交渉した所で納得してくれる業者が多いわけがありません。だから返済額が多ければ多い程、もう面倒だから自己破産しちゃえなんていう人もいるようです。

しかし、こんな時に選べる手段や方法は自己破産以外にもあるというもので、まず何はともあれ借金の返済で悩んで、その方法が知りたいのであれば、弁護士や司法書士へ相談するのが先決となってくるのではないでしょうか?とにかく債務をなんとかしないと、今にも債権者が追い討ちをかけてくる事となるでしょう。この人はもう返済出来ないかもしれないと悟られないように、返せないなんて言わないで、即弁護士や司法書士へご相談してみるようにして下さい。

そうすれば債務整理という形で色々な案を提示してくれるはずです。これが解らないと思う点は、どんどん聞いて納得いくまで相談してみて下さい。なるべく今の借金や現状を包み隠さないで話して、後残りないように、今の気持ちを打ち明けてみて下さい。

もしここで返済意思があって、債務整理を希望される方には任意整理が一番良いと言われるでしょう。特定調停で交渉して、債権者を和解へ持ち込む方法も良いかもしれません。少しでも返済しやすいように金利をカットしてくれたり、過払い金を見つけたりと任意整理であればメリットもあると思いました。もしくは、特定調停であれば自分が裁判へ出ずとも、和解に至るまでは調停委員が進めてくれるので、顔合わせしないで交渉してくれるメリットがあるのです。

しかし、返済合計金額を見たら誰もが仰天するような人であれば、個人再生や自己破産などで検討した方が良いかと言われる事でしょう。さすがにこんな人が任意整理や特定調停へ申立てしてみた所で、元金が多すぎてそもそも返済出来るレベルではなく、分割払いにしても借金返済が完済出来ないような場合には、もはや任意整理や特定調停では乗り越えられるものではないのです。

だからあらかじめ返済意思が弱いとか返済不可能な場合、個人再生手続きをとるか自己破産の手続きをとるかの、どちらかとなるでしょう。内容にもよるのかもしれませんが、恐らく個人で返済出来るレベルでなければ貸金業者や債権者にも申し訳ありませんが、金額調整しても返済が絶対に出来ないのです。つまりは、一切の債務額は帳消しする他方法がないと考えられます。

こんな借金時効まで我慢して、放置なんて出来たものではないでしょうから、返済も出来ない借金なのであれば、早い所弁護士や司法書士に自己破産申立てをする手続きを取った方が良いでしょう。勿論、自己破産はさすがに色々と困るなんて場合で、リスクを少しでも抑えたい人は、個人再生などで意思を決定してみて下さい。

このように、自分の状況に応じて債務整理は実は変わってくるものなので、借金が多いからと返せないからと軽々しく自己破産なんて思っていたら、返って損をする場合もあります。借金返済が出来るようであれば、任意整理や特定調停で手続きを取りましょう。借金の返済額が多すぎて、もう本当に返せないなんかであれば、個人再生、自己破産の手続きをとるようにしてみて下さい。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減額方法 お金が返せない?


借金の返済したいけれどお金がもう返せない。頑張ってここまで来たのに完済できずに限界ギブアップ。そんな人が必ず選ぶ方法として、今の時代では誰でも知っている債務整理があります。自分が今の返済では厳しいとかきついのであれば、返済計画を見直して任意整理で金利をカットして、分割返済していきましょう。急な返済で苦しむ必要もなくなるのです。または、借金は返せるけれど今のままの返済じゃやっていけないとかであれば、任意整理手続きをとっておくと安心出来ます。

債務整理をする理由に養育費が思いの他かかるとか、生活に関わる費用が多く、何かと借金返済まで手が届かないなんて人が、債務整理を検討する事になるのです。こんな人こそ弁護士や司法書士の力を借りて、少しでも早く返済額の支払いや返済負担の軽減及び、利息制限法の引き直し計算による債務の減額などをしてもらうべきです。

任意整理の交渉は三者のみで行われて、波風立たないように弁護士が介して交渉してくれる分、自力で交渉したいけれど、喋るのが苦手とか説得出来る程の度胸はない人でも、比較的安全に任意整理で返済計画の変更が出来るのです。

さすがにこの間お金を借りたばかりで、消費者金融やクレジットカード会社なんかに債務整理しますなんて言えないし、言わないものですよね。だけど今のままじゃ返済が困難だから、少しでも返済計画を変えて支払い返済を減らしたいと思っているのが本音だと思います。こういう人こそ金融業者や貸金業者に代わりに交渉してもらって、余分金利のカットをしてもらい、返済がしやすいように説得してもらえれば、正に鬼に金棒でしょう。

任意整理は裁判不要で交渉出来るので、手軽に手続きが進められるのは大変利用しやすい事でしょう。何もしなければ変わらないですが、任意整理しておけば、自分で何て説明したり交渉すればいいのか解らないなんて人も、弁護士が代わりに引き受けて交渉してくれるので、借金減額成功率も高くなるのです。

但し100%成功するわけではないので、もし万が一任意整理や特定調停などの方法で、債務整理や交渉して和解に持ち込めなくても、弁護士を責めたりしないようにして下さいね。多分そんな人は債務残高が多いとか返済合計が多い可能性があります。個人再生手続き又は、自己破産での解決が妥当なのかもしれません。

もう金利をカットした所で、金額が大きいとか返済額が毎月の返済状況でオーバーしているような場合、簡易裁判所だけじゃ解決出来ない借金問題なんだとも疑われるでしょう。よって、こんな人はブラック消滅時効まで10年かかる事は代償として、個人再生や自己破産の手続きを取ってみて下さい。自分の名義はブラックとなり、以後消費者金融での借入も出来ないし、クレジット会社もブラックでは利用出来なくなると思います。モビットもだめで、サラ金全般アウトとなるでしょうね。

自分の借金を交渉したくても任意整理とかで和解、特定調停で調停成立出来ないような場合、民事再生とか自己破産以外選べる債務整理は無いのです。悲しい事に車を失うかもしれません。他にも色々と失うものが多かったりするでしょう。最悪のブラックにもなるでしょう。それでも、最後の最後何も債務整理が出来ないと思ったら、自己破産しか自分を救ってくれる方法はないのです。

しかし、それでも借金返済から開放されるから良いと思う人もいるでしょう。任意整理や特定調停はだめだったけれど、これならば手続き出来る人もいるでしょう。交渉や相談に応じてもらえなくても、この手段であれば弁護士の力で、裁判所を納得させる事も出来るでしょう。最終的には法律の力で、自己破産も無事免責が下りる可能性も高いでしょう。

破産後は沢山のデメリットがあると思いますし、自由はある程度奪われるものの、ブラックという状況さえ慣れてしまえば、後はもう何も失うものはないという人となります。何も債務整理で救われる方法が無い人は、最終的にはコレを申立てする流れとなるのです。

↓↓法律相談カフェ↓↓