↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

借金減額チェッカーは借金減額シミュレーターのこと

借金減額チェッカーとは、どれだけあなたの借金が減額できるかチェックしてみましょう、というシミュレーターのことを指します。それだけのシミュレーションサイトもありますが、法律事務所などのサイトにも掲載しています。

実際には

司法書士事務所も弁護士事務所もシミュレーションサイトにしても、借金減額チェッカーでは、自身の債務状況を入力するだけです。

内容は、何社の借り入れ?いくらの借り入れ?いつから借り入れ?あなたの住まいはどこ?
基本的には、この項目です。そして、アドレスと電話番号を入力して返事を待つことになります。

借金減額チェッカーの入力だけでは、あなたの減額はいくらと結論は出ないです。
詳しいことは後でお知らせしますとの内容です。
これはどの借金減額チェッカーでも同様です。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

借金減額チェッカーは話すきっかけ

このようなチェッカーを使うのは、債務整理の足がかりになればとのツールです。
私、債務が多いので、債務整理したいという場合、ではお話してくださいでは、なかなか言えないです。

たいてい最初は無料相談ですが、借金減額チェッカーで予め債務の内容を知らせてくれると、弁護士も司法書士も話しが早いです。
何社の借り入れでも、アイフルからいくら?と具体的な数字は後でも良いです。
また、曖昧な数字でも後で修正がきくので、大丈夫です。

肝心のいつから借り入れ?

レイクから10年以上前から借りているとか、もう何年も返済している方もいます。
これは、過払い金返還請求の存在を確認するためです。
最初は、借金減額チェッカーだけでは、債務整理に入る事はできないです。

ただ、古い借金がある場合は、急いで過払い金返還請求をしてみましょうということになります。時効がありますが、完済した債務でも有効です。
そこで、実際に過払い金返還請求ができれば、債務整理の内容は大きく変わります。

借金減額チェッカーでいくら減りますか?

その借金相談だけでも良いです。
最初から債務整理は依頼しないけれど、試しに内容を確認したい、自己破産の可能性が大きい化だけを聞きたい。債権者からの訴訟の内容がきていてどうして良いかわからない。そんな時にも使えます。

とにかく、借金減額チェッカーの使用は、自分の債務状況を口で説明するのではなく、数字で説明するのにとっても便利で、相談のきっかけとして存在しています。
真っ赤なウソは駄目ですが、だいたいの数字で間違っていても良いです。

名前ですが、ニックネームでも良い場合も多いですが、電話番号とアドレスだけは必要です。
フリーメールでも良いですし、個人情報が漏洩することは絶対にないです。
きちんとしたサイトであれば、ですが。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

借金減額チェッカーでできることは?

借金減額チェッカーの大きなメリットは、住所や氏名の必要がなく匿名だったり、メールアドレスと電話番号だけで、自分が債務整理の必要性を知ることができます。ここで、実際にこれだけ減額ができるというのは、電話かメールで回答してもらう形になります。

どんなサイトであっても

一応、借金減額チェッカーのサイトでは、正規の場合と闇金らしいところが存在しています。
闇金では案外と口コミは少ないのですが、闇金融の誘いになっているので気をつけましょう。
あなたの債務では、減額ができそうもないです。もっと良い金融業者を紹介します、内緒ですよ。この類のメールがきたのなら、相手は闇金です。

そうではなく、きちんとしている借金減額チェッカーのサイトでは、回答者が弁護士や司法書士になります。必ず、その身分を明かしてくるので安心です。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

法律事務所に直接なら

当然、その事務所の人物ですが、マッチングサイトであれば、大方同じ都道府県の弁護士や司法書士からの回答になります。きちんと事務所名も明記され、日本弁護士連合会、日本司法書士会連合会などで確認されても大丈夫でしょう。

債務整理シミュレーションをうたうサイトで違法性は少ないと見て良いです。
そこからが、実際に借金減額についての説明がきます。

あなたは◯万円得をします

そして、決してこのような表現もないです。
弁護士回答、司法書士回答では、電話などでもっと詳細に話しを聞かせてくださいと質問になります。まだまだいくら減額できるかがわからないです。

ちょっとその前に

メールや電話をくれた弁護士は本当に信用しても良いか?この部分では、自分で調べるしかないです。
例えば、中小消費者金融などでは、口コミでその内容を知ることができます。マッチングサイトの借金減額チェッカーなどでは、あのサイトの弁護士は偽物との評判は少ないです。

ただ、勝手に話しを進めていったとか、早期解決するには早く結論を出してというような勧誘めいたことは多いです。これは、サイトではなく、弁護士や司法書士の人間性も関係していますが、信用できるかどうかは自己責任になります。

本当の法律家であるのなら、債務者の身上や内容を確認した上で、勧誘はないはずですが。
わたしは単に借金減額の数字だけで良い。そう言い切れる、債務整理の依頼はしないというのなら、それはそれで引き下がる弁護士や司法書士であれば、それはあたりです。

借金減額チェッカーでの債務整理の依頼は強制ではないので、ここで完了と言うのは自由です。借金減額チェッカーで確認をして、他の弁護士事務所、司法書士事務所にいくのも良いです。
どのような人間なのか、法律家も生身の人間ですから、自分との相性をみたいという意見は賛成です。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

正しい借金減額チェッカーの使い方?

借金減額チェッカーで紹介された弁護士や司法書士ですが、簡単に債務整理の依頼をするのは危険です。債務整理は地元の弁護士や司法書士でなければ、余計な出費があります。

説明不足は危険

債務整理のシミュレーションができる。
あなたの借金減額の数字がすぐにわかる。
もし、このようなサイトがあるとしたら、どうでしょう?

自身の債務状況を入力します。
その時にたいてい、自己破産希望とか、任意整理したいと言うような事柄は入力しないことが多いです。法律事務所の借金減額チェッカーなら、そのまま連絡がきて、詳細な債務状況を確認しなければならないです。

この作業が債務整理では最大に必要なことであり、具体的にどのような債務整理で、返済がどの程度になるかを吟味しなければならないです。その担い手として、弁護士や司法書士が行うのですが、では話しを聞いて、こんなに借金減額ができます。では、お願いというのは危険な行為です。

あの借金減額チェッカーではとても低い数字で債務整理ができるらしい。そんな口コミはないです。債務整理は一人ひとり違っていて、弁護士や司法書士にしてもマニュアル通りの内容ではなく、臨機応変ができることが必要とされています。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

借金減額チェッカーは参考として

過払い金返還請求の場合は、事実として交渉もないので依頼は簡単にできます。
しかし、自己破産、特定調停、個人再生では地元の裁判所にいく必要があります。
司法書士は、裁判所にいくことができないので、出張費用はかからないです。

ですが、弁護士がいくとなると、出張費用がかかります。
そして、債務整理では必ず1度は面談をしなければならないです。
要するに、来社なり、弁護士や司法書士が動くことでの費用がかかります。

全国対応の弁護士なども存在していますが、シミュレーターのサイトでは、同じ都道府県の法律家の紹介ですが、出張費用はバカならない地域もあります。
借金減額チェッカーの相談で、こうした費用は余計です。

地元の法律家の依頼を

ですから、借金減額チェッカーでは、だいたいの内容を説明してもらった上で、依頼は地元で行うのがベターです。

全国の市町村では弁護士も司法書士もいない。いたとしても債務整理はしていない場合もあります。それでも、最低限近場で探すことをオススメします。

大きな都市では考えられないことですが、地方ではこのようなことは深刻であり、自己破産などでは、数回の出張が必要です。その度に出張費用の請求があると、高い債務整理になってしまうことがあります。

借金減額チェッカーでは、このような部分は多いに配慮して、近場のマッチングの法律家の紹介もしていますが、実はその距離は遠いということもあるようです。なかなか、ここまでのことは、債務整理のことをわかっていないと余計な出費を出すことになりかねないです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

法律事務所に直接いくよりは良いかと思ったけれど

借金減額チェッカーの存在は、債務整理をしたい方をより早く法律家の元に届ける役目をしています。届けるというのは、依頼だけではなく、無料相談も含みます。実際に、すぐにでも弁護士や司法書士に依頼して債務整理スタートした方が良い方も多いですが。

過払い金返還請求であれば

この借金減額チェッカーが、過払い金返還請求に特化しているのなら、問題はないです。
弁護士や司法書士は、過払い金返還請求はすぐにできます。裁判所も関係なく、債権者に対して、債務者の引き直し計算をして、過払い金があれば、請求するだけです。

それに対応するかどうかは、債権者次第ですが、利息分なし以上の利息は返還しないと大変なことになることはわかっています。ただし、最近では過払い金返還請求の数は時代とともに減少していて、借金減額チェッカーは任意整理などの債務整理になっています。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

チェッカーだけでは絶対にわからない

借金減額の数字は、チェッカーだけで判断はできないです。
質問数が少ないほど、後で詳細な話しを聞くことになります。その時の弁護士回答や司法書士回答も見ものです。直接電話だったり、メールの場合がありますが、債務整理に関しては、債務者が考えるほどメリットばかりではないからです。

デメリットとしては、これだけの減額ができるけれど、それが自己破産ではゼロになります。
しかし、その時の費用だったり、行わなければならないことは多いです。
その説明をきちんと行い、債務整理にはデメリットがあることもわかるように言うことができる法律家である必要があります。単に借金減額ができるから良かった、では依頼してくださいの形では、腑に落ちない部分が多いと予想されます。

借金減額チェッカーの使い方としては、それだけですべてが解決するわけではなく、そこからが債務整理のスタートと確認することが必要です。どんな債務整理をしたら、いくら借金減額ができるのか。その際に必要な事柄とかかる費用を提示した上で判断することです。

そんなに高いの?

債務整理の依頼では、費用はそれなりにかかります。
情報サイトではピンきりの数字がありますが、利息カットで比較的時間がかからない債務整理に任意整理があります。これで、1件10万円以上であれば、その法律事務所はとても高いです。

しかし、任意整理では最初に5万円の費用がかかる、着手金と費用で7万円、成功報酬として任意整理成功した分の20%というように費用の基準がバラバラです。そして、全体の平均としては、5万円程度だとされていますが、その費用比較もきちんと行うことです。

借金減額は良いけれど、費用が高すぎというのは、違う問題だと思われるのですが。
借金減額チェッカーのサイトは多いですが、口コミではそのサイトの評価ではなく、所属している法律事務所などが問題になります。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

借金減額を本当にしたい人と確認だけの人

借金減額チェッカーを法律事務所で行うのとシミュレーションサイトで行うのでは、相談内容は多少違います。シミュレーションサイトでは、匿名でも良い場合がありますが、法律事務所ではたいてい住所や氏名も必要です。

適当はNGです。
個人情報が漏れることもないのですが、ただ任意整理で減額される数字を知りたい。
そんな時には、シミュレーションサイトがオススメです。

正確に知るためには

弁護士や司法書士では曖昧な回答ができないです。
本当に任意整理をするのなら、自己破産をするのならという場合は、匿名ではできないかもしれないです。それでも、シミュレーションサイトでは月間10000件ほどの相談があると言います。

多分、全員は紹介された弁護士に依頼はしていないでしょう。
弁護士回答を聞いただけで、あとは知らないふりをしているようです。
それはそれで良いです。

シミュレーションサイトでは、最終的な依頼があれば良いのですが、利用者が借金減額チェッカーで確認しただけでも良いはずです。その手軽さがシミュレーションサイトのメリットです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

債務状況が悪い方

本当に借金減額を考えているのなら、法律事務所の借金減額チェッカーなら話しは早いです。
口コミも多く、評判が良いところでは気になります。

そこで借金減額チェッカーがあれば、そのまま依頼でも良いでしょう。
ホームページで費用も弁護士のことも調べ上げた上で、口コミでも良い内容なので依頼前提でのチェッカー確認が良いです。

必ず近隣の法律事務所

依頼は近隣です。地元の裁判所にいく必要があるのなら、地元の弁護士と司法書士が良いです。
借金減額チェッカーでは、都道府県の入力がありますが、これが地元に近い紹介ができる点です。

しかし、県内と言っても端から端では、大変です。
自分が移動するにしても、出張にしても費用がかかります。
実態としては、そうしたこともありますが、あくまでも地元です。

例えば、北海道であれば、たいてい札幌の弁護士です。
わたしの家は稚内ということであれば、移動距離は相当なものです。

必ず依頼の前には費用の確認

どんな債務整理も依頼をしたらお金がかかります。
借金相談にしても、初回だけ無料になっている場合もあります。

借金減額チェッカーだけは無料で利用ができるとしてもその他の費用はかかることを確認してください。後払い、分割ができるところが多いですが、前金で着手金だけがなくてはならない場合もあります。

借金減額で返済額が大きく減るのですから、当然の費用と考えなければならないです。
弁護士も司法書士もボランティア債務整理請負ではないのですから。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可