↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減額の一番簡単な方法

消費者金融などで借りたお金は、契約通り返済するのが筋です。しかし、返済が難しくなったときには、債務整理の方法をとると減額ができることがあります。債務者は債権者に対して、債務整理をすることを告げた上で、相談交渉をしていくのですが、債務整理もいくつか種類があります。

債務整理というと法律事務所でも行われているのですが、一番多いのが任意整理です。これは、裁判所を通さず直接債権者と交渉するだけです。その中で利息制限法に反していることがあれば、過払い金請求ができますし、その請求額で返済額を総裁することも出来ます。

過払い金がない場合、具体的な返済額の話し合いが行います。例として、過去の利息カット、毎月の返済額の軽減、返済期間を伸ばすなど、その時の状況に応じて内容はいろいろです。

この任意整理については、債権者の同意があれば、債務者・債権者にとってはベストの方法です。交渉が決裂することもありますが、債務者が交渉スキルで自信が持てない場合は、弁護士に依頼をすると、交渉をすべて行ってくれます。その場合、弁護士に報酬が発生しますが、借金総額が大幅に減額が出来ればその負担も小さくなることでしょう。

借金の返済ができないと滞納をし続けるよりも、まずは債務整理の任意整理をすることで、すっきりと返済をしていくのが得策です。

↓↓法律相談カフェ↓↓