↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金を減らしたい|収入を増やして繰り上げ返済で借金を返済しよう

カードローンなどの借金を減らすために有効的な方法といえば、繰り上げ返済を行うことです。繰り上げ返済や収入を増やして借金返済に充てる方法など、ご紹介していきます。

借金を減らしたい場合に1番効果的「繰り上げ返済」

借金を効果的に減らすためには、収入を増やして繰り上げ返済をしていくことが1番の方法となります。
繰り上げ返済というのは、毎月の一定の返済日以外にも返済を行うことです。
ローンの元金返済分を前倒しして返済していくことで、その分利息を減らすことができ、返済額を減らすことがます。

繰り上げ返済は、ネットやATMから手続きできる金融機関が増えています。
金額指定返済で好きな額を返済できる金融会社も多く、毎月1,000円でも多く支払って借金を減らしている方も増えています。
電話などで相談できるので、金融機関に問い合わせてみると良いでしょう。

リボ払いの場合は毎月の返済額が少なく、支払ったお金の大半が利息に充てられています。
そのため、元金の返済はあまり減っていないのが現状です。
借金返済は早く元金を減らすことが大事であり、毎月の返済額とは別に多く返済することが大きなカギとなります。
繰り上げ返済で、少しでも多く返済していって元金を減らして借金を減らしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

収入を増やす方法

収入を増やすには、このような方法があります。

残業や休日出勤を積極的に行う

残業や休日出勤を積極的にすることで、収入を増やして繰り上げ返済を行って借金を早めに減らしていくという流れです。本業の収入を増やすこととなるので、問題なく収入を増やすことができます。

副業で収入を増やす

近年は副業OKの企業も多くなっており、平日の夜や土日を使って働く方も増えています。
一般的なお店や企業でアルバイトするのもよいですが、近年増えてきている副業はWebでの仕事です。Webライターやブロガーとして働いている方が多く、多い人は月に何十万円も稼いでいる人も居ます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

使わない高額な物は処分してお金にする

高額な物は、使わず大切に保管している人も多くいます。
借金を減らしたいのであれば、高額な物は処分してお金にすることをオススメします。
使わず大事に保管しているのであれば、今後も使わないことも考えられます。

金や銀、ストーンを使った貴金属は値打ちがあり、万年筆の先や昔のメガネなどに金や銀が使われていることもあります。眠っているだけではもったいないので、処分してお金にして繰り上げ返済に充てるとよいでしょう。

細かい出費も減らそう

繰り上げ返済で返済金額を多くするためには、収入を増やすことの他に細かい出費も増やしていくこともとても大事となります。保険や自家用車の維持費、遊びなど浪費の節約をしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

繰り上げ返済前に検討すべき注意点

繰り上げ返済を行う前には、これらの注意点に目を向けて検討しましょう。

他の目的の貯蓄を使って繰り上げ返済は行ってはいけない

子供の教育費用や家のリフォーム費用など、今後間違いなく必要となるお金の貯蓄を使って繰り上げ返済を行ってはいけません。これらのお金は今後必ず必要になるお金ですので、繰り上げ返済に使ってしまうと今後の生活リズムが狂ってしまいます。

生活予備費は必ず残す

借金を早く返済したく繰り上げ返済を行うのですが、生活予備費までも使ってしまっては生活のリズムが狂ってしまいます。貯蓄を繰り上げ返済に使ってしまい、後の家族の病気が発覚してしまった際にフリーローンで借金をしたケースもあります。

生活予備費はこれから生活していくための大事な費用ですので、それを繰り上げ返済に充てては絶対にいけません。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

多くの借金を減らしたい|個人再生で借金減額

多くの借金を減らしたい場合に検討するのが、債務整理です。
債務整理には様々な種類があり、多くの借金を減らすためにオススメなのが個人再生です。
個人再生とはどのような借金減額方法なのか、詳しくご紹介していきます。

借金を減らしたい場合にオススメ「個人再生」

個人再生とは、住宅を取られることなく債務を大幅に減額することができる債務整理方法です。
どのような魅力があるのか、ご紹介いたします。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

財産が取られることがない

債務整理の中に自己破産という方法がありますが、自己破産は20万円以上の財産は全て取られてしまいます。借金は0円になりますが、家や車などの大きな財産を取られてしまうのが、大きなデメリットです。

自己破産のように財産は取られず、借金は0にならないこともありますが、かなりの減額となるのが、個人再生という債務整理方法です。

借金の原因が問われない

個人再生は、借金の原因は問われません。
自己破産の場合は面積不許可事由という借金の免責が認められない理由の場合、自己破産が認められません。個人再生は借金の原因が問われないので、ギャンブルでの借金でも対象とすることができます。そのため、ギャンブルなどでの借金であっても、積極的に個人再生を検討すべきといえます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

給料などの差し押さえの強制執行の停止ができる

借金が追い方は、給料などの財産の差し押さえなどの強制執行をされている場合があります。
それらの強制執行が行われている場合は、強制執行手続きが一旦停止します。
ただし、個人再生の手続きを弁護士や司法書士などの専門家が開始した場合、給料や財産の差し押さえなどの強制執行ができなくなってしまいます。

任意整理ができない人向けの借金減額方法「個人再生」

債務整理には、任意整理という方法もあり借金減額を考える際は、まずは任意整理を考えます。
任意整理は、債権者と債務者が話し合いを行って借金を減らして、残りの債務の完済を行っていく返済方法です。将来利息をカットしてもらい、返済計画を変更して債務者が支払いしやすい返済方法に変更する方法です。

任意整理は借金の金額が多い場合は、解決することができません。
債権者と合意ができなくなってしまうので、成功しない場合があります。
借金の金額が多く任意整理ができない人が借金を減らしたい場合は、個人再生が適しています。

個人再生なら、5,000万円以下の借金なら利用可能な借金減額方法です。
重い借金に苦しんでいる人でも、個人再生なら生活の再建の可能性が期待できます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

個人再生は借金がどれくらい減るのか

個人再生は、法律に基づいた手続きで行い、債務整理額は法律で決まっています。
債務整理をした後に残る借金は、最低弁済額といわれています。
最低限これだけは返済しようという金額が、最低弁済額です。

個人再生の最低弁済額の金額は、このような支払い金額となります。

借金の総額が100万円未満の場合

個人再生後の借金は全額免除(借金は0円)

借金の総額が100万円以上500万円以下の場合

個人再生後の借金は100万円

借金の総額が500万円以上1,500万円以下の場合

個人再生後の借金は債務額の5分の1

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金の総額が1,500万円以上3,000万円以下の場合

個人再生後の借金は300万円

借金の総額が3,000万円以上5,000万円以下の場合

個人再生後の借金は債務額の10分の1

借金の総額が5,000万円超の場合

債務整理不可

これらの個人再生によって減額された借金を、利息をつけずに返済していきます。
そのため、借金が効率的に減って返済が非常に楽になります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

個人再生のデメリット

個人再生はメリットも多くりますが、デメリットもあります。
どのようなでデメリットがあるのか、ピックアップしてみました。

個人信用情報機関に登録されてしまう

個人再生は債務整理ですので、個人信用情報機関いわゆるブラックリストに事故情報として登録されます。
個人信用情報機関に事故情報が登録されているうちは、新たな借り入れはできなくなってしまいます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

官報の名前が載ってしまう

個人再生を行うと、官報に名前が記載されてしまいます。
勤務先によっては官報をチェックしている場合もありますので、勤務先にバレてしまうこともあります。

安定した収入がないと利用できない

個人再生は債務整理により個人の復活をうながす制度なので、立ち直る根拠として安定した収入が必要となります。個人再生をしても借金は残りますので、残った借金に対して返済能力がなくては対象とならないという流れです。

全くの無収入じゃなければ認められるともいわれているので、収入が安定していない場合でも弁護士に相談をしてみるとよいでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

一部債務は個人再生の対象外となる

借金の全てが債務として扱われるというわけではなく、内容によっては個人再生の対象外となってしまいます。税金やマンションの管理費、光熱費、マンションの共益再研などは、個人再生で返済免除とはなりません。

また、損害賠償請求権がある場合や離婚の慰謝料、養育費なども非免責債権と言われており、個人再生の債務の対象とはなりません。

素人が手続きするのはむずかしい

債務整理の手続きは個人でも可能ですが、個人再生は難しすぎて素人が手続きするのは難しいです。法的・書類的に相当複雑であり、絶対に弁護士に頼むべき手続きとなります。
借金に困っている人は弁護士費用も節約したいですが、お金をかけたくないからといって素人が頑張って手続きをしようとしても時間の無駄となってしまいます。
個人再生の手続きは、必ず弁護士に相談をしましょう。

5,000万円以上の借金は利用不可能

個人再生による債務整理は、借金の総額が5,000万円以下が条件となっています。
そのため、5,000万円以上の借金の場合、自己破産しか方法がなくなってしまいます。

いかがでしたでしょうか。
借金の減額方法でオススメな債務整理が、個人再生です。
任意整理では難しい借金の方には、特にオススメです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金を減らしたい|任意整理で借金をスマートに

銀行や消費者金融などの借金を減らす方法はいくつかありますが、効率的に借金を減らしたいなら任意整理がオススメです。
任意整理とはどのような借金減額方法なのか、まとめてみました。

借金を減らしたい方におすすめ「任意整理」とは

借金はできるだけ減らしてみたく利息を減らしたい方にオススメなのが、任意整理という借金減額方法です。

任意整理というのは、任意で借金を整理するという方法です。
裁判所などの公的な機関を通さず、債権者と債務者の間で利息や毎月の支払を減額してもらえるよう交渉して、借金の金額を圧縮する方法です。今現在の借金の返済額には無理があり、これから先収入が安定していて借金を返済していきたい方にオススメの借金整理方法といえます。

また、平成20年ごろ前から消費者金融やクレジットカードのキャッシングを利用されていた場合は、利息の払い過ぎがあり、元本が減額となる場合もあります。これを過払い金といい、例えば、出資法の上限利息の29.2%でお金を借りていた場合、その利息は1年間で594,000円となります。

こんなに多くの利息では、毎月5万円ずつ返済しても元本が全く減っていきません。
この状態で任意整理を行うと、将来の利息カットとなるので、同じく毎月5万全ずつ返済していくと3年4カ月で完済となります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理の交渉はなぜ成功するのか

任意整理は弁護士に依頼して、弁護士に債権者と交渉してもらいます。
多くの債権者は利息を減額することで、和解してくれます。
スムーズに納得してくれる理由は、支払いが困難で困っている相手から無理に利息を取ろうとしても破産される恐れがあり、破産されるよりは元本だけでも返済を続けてもらえる方がいいと判断するからです。

任意整理の1番のポイントといえば、債権者との交渉力です。
債務者本人も債権者と交渉はできますが、話はまとまりません。その理由は、交渉力がないからです。債務整理の交渉は、経験豊富な弁護士にお願いしてベストな結果となるようにしましょう。

任意整理のメリット

任意整理には、このようなメリットがあります。

弁護士に依頼すれば債務者は何もしなくてもOK

弁護士に任意整理の依頼をすれば、あとは何もしなくてOKです。
弁護士が相談者に変わって動いてくれますので、何もせず連絡が来るまで待っているだけです。
弁護士に依頼した時点で相談者の役目はひとまず終了となり、弁護士に任せているだけで済みます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

手続きが簡単

自己破産や民事再生のような裁判所と通す手続きではないので、資料収集の必要もありません。
手続きが比較的に簡単に済みますので、手間いらずです。

債務者の取り立てをストップできる

弁護士にお願いをすると、債権者に「受任通知」という書面を送ってくれます。
受任通知が届くと、和解成立まで支払いをストップさせることができます。
そのため、取り立てをストップさせることができます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

支払いを一定期間止めることができる

債権者との和解成立まで、支払いをストップさせることができます。
そのため、和解成立までの数か月間は、支払いしなくてもOKとなります。
毎月の支払いに大変な思いをしてきたのに、数か月でも支払いをしなくてもいい期間ができるということは、生活の向上や資金の蓄えなどへとみちびくことができます。

官報に載ることがない

任意整理は、官報に記載されません。
そのため、周りの人に知られることもありません。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

任意整理のデメリット

任意整理は便利な借金減額方法ですが、残念ながらデメリットもあります。
任意整理のデメリットは、これらがあります。

借金は大幅に減額されない

任意整理は、利息制限法に基づいた引き直し計算に残った元本について必ず返済しなければいけません。
そのため、借金をできるだけ多く減らしたいという方には、不向きの方法となります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

3~5年で返済しないといけない

任意整理ができる人の条件の中に、3~5年間で分割弁済できる安定した定期収入があることが原則となっています。サラリーマンやアルバイト、年金受給者などの、3~5年間で返済が可能な方であれば任意整理が可能となります。

3~5年で返済ができない場合は、任意整理を利用することはできません。
その場合は、個人再生や自己破産の選択となります。

ブラックリストに掲載される

任意整理は債務整理の中の1つの方法ですので、個人信用情報機関にブラックリストとして掲載されます。7年程、クレジットカードを含む借入が不可能となります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

専門弁護士に相談をしてみよう

任意整理は、思いのほか簡単な手続きで実行することができます。
利息を減額して借金返済を行ってみたい方は、専門の弁護士に相談をしてみましょう。
弁護士の費用が気になる方は、弁護士の無料相談があるので是非そちらをご利用してみましょう。無料相談でもしっかりとした相談となり、借金返済の見通しを付けることができます。

いかがでしたでしょうか。
借金問題に困っている場合は、弁護士に借金の相談をしてみましょう。
専門的なアドバイスで、適した支払い方法に出会うことができますよ。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金を減らしたい方必見!過払い金返還請求とは

借金を減らしたい場合は、過払い金請求に目を向けてみませんか。
長い間、金融業者と取引している方は、お金が戻ってくる可能性がありますよ。
過払い金の返還請求について、詳しくご紹介していきます。

借金を減らしたい方必見!過払い金返還請求とは

過払い金とは、消費者金融などの金融業者に支払いし過ぎたお金のことをいいます。
サラ金などは、法律で決まっている以上の金利で融資している場合があります。
その時に支払った利息と利息制限法で定められている利息との差額というのは、本来は支払う必要がないお金です。

しかし、そのような支払わなくても良かったお金を支払っている人は、想像以上に多くいます。
その過払い金というのが、取り戻すことができます。

TVCMでもおなじみとなっている「過払い金」は、簡単な手続きで取り戻すことができます。
効果的に借金を減らすことができるので、とてもオススメの方法となります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

なぜ利息の差額が生まれたのか

利息には、2つの法律がからんでいます。1つは出資法で、もう1つは利息制限法です。
貸金業者が今まで定めてきた多くの利息が、出資法の利息であり29.2%の高金利の利息でした。
後に法律が変わり、利息制限法の上限を超えた利息分は支払わなくて良いということになりました。そのため、出資法と利息制限法の上演利率の差額分を計算し直すことで、過払い金というのが発生するようになりました。長期に渡って過払いが続いた場合、返済はとっくに終了していたのに返済を続けていたというケースもあります。

利息制限法と出資法の利率との間に差額が発生する部分を、グレーゾーン金利といいます。
グレーゾーン金利はすでに廃止となっていますが、それまでに支払った過払い金は存在するので、請求が可能となります。

過払い金請求の対象は、消費者金融などの貸金業者だけではありません。
信販会社が発行しているクレジットカードのキャッシングも、該当します。
クレジットカードのキャッシングは想像以上に高金利なので、大きな過払い請求となる場合もあります。

過払い請求は経験豊富な弁護士に依頼を

過払い金請求の手続きは、個人で行うことができます。
しかし、弁護士や司法書士にお願いすることが一般的となっています。
その理由は、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することで、現状の借金に対する支払いや取り立てが止まるからです。過払い請求を起こす方の大半は支払いに困っている人ですので、支払いや取り立てが一時的でも止まるというのはとても助かることです。

弁護士や司法書士に依頼した時点で、借金の返済や取り立てがストップします。
その時点でストップしますので、支払いや取り立てに困っている人は、すぐにお願いするべきといえます。

また、司法書士は140万円を超える案件を処理することはできません。
140万円を超える場合は、弁護士にお願いしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

金融業者は弁護士に弱い

金融業者といえば、債務者に強気の態度を取るイメージがあると思います。
しかし、強気な金融業者の態度は弁護士には通用しません。特に、手腕がある弁護士には歯が立たないので、優秀な弁護士に依頼されることをオススメします。

弁護士が入って手続きを進めようとすると、金融業者側は黙っていうことを聞きます。
その理由は、グレーゾーン金利の請求なので大きなことはいえないからです。
弁護士が入って手続きしてくれれば、債務者地震に危害が及ぶことは一切ありません。
全ては弁護士がスムーズに手続きしてくれますので、おまかせしましょう。

過払い金請求のメリットとデメリット

過払い金請求のメリットは、過払い金が戻ってくることです。
その分借金も減りますので、支払いが楽になっていきます。

デメリットは、もうその金融業者からは融資を受けることができないことです。
もう取引はしたくないと思う方には、デメリットとはならないでしょう。

いかがでしたでしょうか。
平成20年以前からキャッシングをしている場合は、過払い金請求ができる可能性があります。
もちろん、過払い金は完済している場合でも請求が可能です。
過払い金があるかどうかわからない方は、1度弁護士の無料相談で相談をしてみるといいでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

複数の借金を減らしたい方にオススメ!おまとめローン

複数の借金を減らしたい場合は、おまとめローンがオススメです。
複数の借金を1つにまとめて、さらに利息も少なくすることができますよ。
おまとめローンについて、ご紹介いたします。

複数の借金を減らしたい方にオススメ!おまとめローン

おまとめローンは、複数の借金を1つにまとめることができる、借金の1本化方法です。

例えば、3社から合計150万円借金をしていて、月々5万円の返済をしているとします。
それらの3社からの借金の合計分150万円を、金利が低い1社から借ります。
金利が低い金融会社から借りたお金で今まで借金をしていた3社に返済し、今後は金利の低い金融会社1社へと返済していく流れとなります。返済先が1社となり、金利が安くなって利息が少なくなることで、月々の返済額が軽減されます。そのため、返済が今よりグンと楽になっていきます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

おまとめローンの盲点

おまとめローンは非常に便利な支払い方式ですが、盲点もいくつかあります。
おまとめローンの盲点は、これらが挙げられます。

利息があまり減らない場合もある

金利の低い金融業者に変えたとしても、多く借金が1つとなって支払い期間が長くなることで、総支払額があまり変わらない場合があります。おまとめローン検討時には、総支払金額を計算してメリットになるかどうかを確認して検討しましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

おまとめ前に支払った利息は戻らない場合もある

おまとめ前に利用していた金融業者には、グレー金利で多くの利息金を支払っている可能性があります。それに気が付いて過払い金請求をすれば問題ありませんが、多くの場合利息制限法に基づく引き直し計算をしないままで約定残高のまま完済してしまうことも多くあります。

そのため、過払い金が戻ってこない場合も多くあります。
おまとめローン前には、過払い金請求は可能なのかをチェックしてから考えるようにしましょう。

消費者金融での高額おまとめはむずかしい

300万円以上の借金を消費者金融でおまとめローンする場合は、様々な条件があります。
全て貸金業者からの借金ということが前提であり、銀行やキャッシングの借金は該当しません。
また、消費者金融のおまとめローンの利用限度額居ないであり、借金の3倍年収があることが条件となります。

元金は変わらない

おまとめすることで利息が少なくなることはありますが、元本は変わりません。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

消費者金融のおまとめローンは総量規制対象外

支払いに困っている方におすすめなのが、消費者金融のおまとめローンです。
おまとめローンは銀行でも取り扱っていますが、支払いに困っている人に対しての審査は厳しいです。そのため、消費者金融のおまとめローンがオススメです。

消費者金融のおまとめローンの中には、銀行のカードローン並みに低金利のおまとめローンもあります。そのため、意外と低金利でご利用できるおまとめローンも多くあります。

また、消費者金融といえば総量規制ですが、おまとめローンは総量規制の対象外となっています。そのため、現在総量規制ギリギリで借りている場合でも、おまとめローンの審査の対象となります。総量規制の上限以上の借金の場合でも審査に通ることがありますので、気軽に相談をしてみましょう。

おまとめローンのデメリット

おまとめローンには、残念ながらデメリットもあります。
どのようなデメリットがあるのか、ピックアップしてみました。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

審査が厳しい

おまとめローンは、一般的なキャッシングと同様の審査となります。
そのため、金利が低い金融業者は審査が厳しくなります。
どなたでもスムーズに審査に通るという訳ではないので、勘違いしないようにしましょう。
特に、5社以上の借入がある場合は、審査に通りにくいと言われています。

おまとめローンを利用した情報が共有される

おまとめローンはブラックリストとはなりませんが、金融機関同士でおまとめローンを利用したという情報が残ります。そのため、おまとめローン後の新規借り入れはむずかしくなってしまいます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

今までの返済履歴がわからなくなることがある

おまとめローンで借入先を1つにまとめたことにより、今まで度の金融業者にいくら返済したのかの詳細がわかりにくくなってしまいます。そのため、おまとめローンをご利用する前には履歴を取っておくと良いでしょう。

おまとめローン詐欺があるので気を付けよう

おまとめローンはとても便利な支払い方法なのですが、それをいいことに悪質に近づいてくる業者もいます。代表的な詐欺の手口は、上手い話で近づいてきて手数料を取って音信不通になってしまうケースです。

おまとめローンは、聞いたことがない業者や甘い内容の業者のご利用は絶対にしないようにしましょう。聞いたことがない業者の場合は、ネットなどで評判を検索して検討すると良いでしょう。

いかがでしたでしょうか。
借金を少なくしたい場合は、おまとめローンがオススメです。
色んな業者や商品がありますので、よく考えて検討するようにしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓