↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減らす方法


借金を減らす方法は2つ あなたはどっち?借金を減らす方法は大きく2つに分けられます。1つは返済はできるけれど少し返済額を調節したい場合。もう1つは返済ができない場合。この2つの立場で、方法が違ってきます。

単純に返済額を減らしたい

ある消費者金融からの返済で、後で実はとても高い金利であることを知った場合、どうにかならないものか?と検討する事もあります。方法としては、他の金利の低いローンに変えたり(住宅ローンなどの借り換えのように)、少し生活を切り詰めて、繰り上げ返済などを考えてみるのも良いでしょう。

返済計画の中で、返済期間の残りにもよりますが、まだ先が長い場合、銀行などのまとめローン的なカードローンに変えしまうのも良いです。金利が低いのであれば、返済額が減ります。今までもこれからも、返済をきちんとしている方にお勧めの方法です。

返済ができないから借金そのものを減らしたい

返済ができないと言うのは、遅滞や滞納の恐れがある状態を言います。まだ、そこまでいっていないけれど、近いうち危ない方も場合は、対処法を考えなくてはなりません。しかし、このような状態の時にやりがちなのが、消費者金融などの請求を無視したり、滞納を平気で行ってしまう行為です。もうどうにでもなれ的なヤケクソ状態です。

この子供じみた行為は何の得もなく、後で倍のしっぺ返しがやってきます。返済額を減らすと言うよりは、返済そのものができない危ない状態のときには、必ずその時に金融会社に連絡をしてください。この時点では、滞納ではなく、遅滞扱いになりますが、事前連絡をしていることで対応は良いでしょう。ただ、これが最後ではなく、返済できないのが続くようであれば、一応連絡だけをしておいてあとの事は考えなければなりません。

返済できないから借金を減らしたい方は、債務整理がおすすめです。これは債権者に断りなく、自分で始めることになりますが、債務整理などは交渉から始めます。自分で自信がない方は弁護士などに依頼をすると、全て行ってくれます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理の任意整理のすすめ


消費者金融の返済日が怖い。例えば収入がない、遊びに使ってしまった、どうしよう支払いだけのお金がない。そんな状態から消費者金融などに滞納を続ける方が急増しています。

そんな邪なことではなく、生活のために毎月借りているのですと正統派ぶったとしても、借金は借金です。返済ができる見込みのないお金を借りたほうが悪いのです。

それでも、毎月あちこちから借りまくってなんとか返済を間に合せている方も少なくなく、まさに多重債務地獄めぐりをしている方もいます。そんな方には、債務整理でストップをお勧めします。遊興費だろうが、生活費だろが、消費者金融等からの借金は、利息をきちんと払うことを約束としています。しかし、払えないときには、正当な手段で債務整理をすることで、減らすことが可能です。

任意整理は、裁判所を通さずに直接債権者に、最低返済額の交渉をするものです。この最低返済額とは、元金だけで利息カットです。債権者としては、債務整理の支払いでは一番高いものとわかっています。この先の個人再生や特定調停などの場合は、元金すら返済できない状態です。ましてや自己破産になると、回収はゼロに等しいです。

ですから、債務者が債務整理で任意整理の申し出があったときには、せめて元金だけの回収をしようと納得される場合もあります。しかし、この交渉はディベートに自信がある方は強気でやってみるのも良いですが、自信がない方は、弁護士な相談をしてみてください。

任意整理ができると、元金だけの返済になり、借金そのものを大幅に減らすことができます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理の第一段階はコレ


利息制限法、過払い金請求、債務整理という言葉は、最近良く耳にするようになりました。全て債務者にとって有利な、借金を減らす方法の手段として有効なものばかりです。どれも返済額を小さくするためのものですが、まずは過払い金請求です。

弁護士などに借金問題の相談に行くと、いつから借金を始めましたか?などの質問があります。このいつからというのが過払い金請求には大きな関係があります。原則的には古ければ古いほど、金利も高ければ高いほど過払い金請求の金額が大きくなります。

以前、サラ金と言われていた時代は、利息制限法などの法律が無法地帯でした。ですから、消費者金融は、30%前後の利息をとっていました。現在は、最高でも20%ですから、返済はとても大変でした。その時代の返済額から、20%以上の返済金の返還を請求するのが過払い金請求です。

人によっては、長い間の消費者金融の返済で、何百万という過払い金が発生する方もいました。ここ最近の消費者金融ではない過払い金請求ですが、一応確認をしてみると良いかもしれません。無条件での返還によって、このお金があれば、現在の借金を減らすことができます。

過払い金請求もないということになると、任意整理です。これは事情を話した上で、返済額を小さくする交渉をすることです。よくあるのが利息分カットの最低返済額です。貸金業者にしてみれば、儲けはないものの一応損はしない取引になります。そして、債務者としても、一応借りた分はきちんと返すという事ができることから、任意整理は債務整理でも一番早く、そして返済額が多少小さい程度のものになります。

個人再生や自己破産などに関しては、裁判所が間に入るので簡単なものではなく、時間もかかります。しかし、任意整理のように利息カットだけではなく、借金そのものを大幅にカットすることが目的です。自己破産以外は、3年間の返済計画に則って、裁判所が監修する中返済をすることになります。ケースはいろいろですが、数百万の借金が100万円以下になることも多いですが、とても時間と労力がかかり、弁護士などに依頼をして進める方が良いでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金でそのような生活は間違っていませんか?


借金をする方の中で、生活レベルを下げれば良いのにという方も少なくありません。これは極めて個人差が大きいことなのですが、最低の生活というと、それぞれレベルが違います。お金がないのに、そんなものを買ってしまう?と第三者が思っても、それがなければ精神的な安定がないものだったり、その方にとっては必要なものの場合があります。ただ、常識的に見て、消費者金融の返済ができていないのにパチンコに行く、外車を乗り回す、贅沢な遊興費ということであれば、間違っているといえます。

車がなければ生活ができないというのでなければ、車を売却したり、食事なども質素にすることで、返済に足しになるのではないか?と判断される場合も多いです。特に他人であれば関係ないのですが、家族がそうしている場合は、見ていてイライラしてしまう場合も少なくいです。

ちなみに、借金と言うのは個人の負の財産です。保証人以外は、たとえ家族であっても責任を持つことはありません。相続のときでも、相続放棄をすることで、かぶることも回避することができます。弁護士のところには、借金している本人ではなく、家族などがこうした家族の行動を心配して相談にやってくる方も多いのですが、もう少し生活そのものを見直してみることが必要な方も世の中には少なくないのです。

新築のこの家だって、住宅ローンですごい額の借金じゃない?という屁理屈もあります。当然、とんでもない額を返済している家庭がほとんどですが、それは承知で行っていることです。そして、滞納の遅滞もなく続けられているので、特別借金と言う意識はないでしょう。

そうではなく、その生活のレベルに合うお金の借り方、借金の作り方を考えたほうが良いということなのですが、そんなことを考える方は、単に借金を減らしたいと言いながら、遊び呆けるのでしょう。このような方もそんな自分の生活にいつか気がついて、弁護士に借金相談をしてくれることを願うばかりです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務整理を考えている方へ


債務整理の中の特定調停や個人再生は、裁判所が間に立って、大きく借金を減らす方法です。個人再生に関しては、住宅ローンはそのままで、その他の借金の額を大きく下げることができます。自宅を手放さないことから、精神的にも立ち直りが早い方法です。

自己破産と違って、いくらかずつの返済義務はあります。これは、裁判所が決める、最低返済額の設定をすることで、必ず守らなくてはならないことですが、もちろん生活に影響のない程度の額が設定されます。

借金を減らす債務整理の目的は、もう二度とこのような債務で困らない生活を送ることです。多重債務者や多額の借金で困っている方の救済策として作られたものですが、自己破産後借金がゼロになったことで、真面目にならず、数年後また債務整理をする方も少なくないのです。

貸金業者や金融会社にしてみれば、債務整理をされることで大損になってしまいますから、借り入れ情報も厳しくしていますが、それでも人生で2度3度債務整理をする方がいるという事実は増えるばかりです。

任意整理などは裁判所は関係ないのですが、債権者に対しての返済の交渉をすることになります。利息分カットの申し出です。

最近、法律事務所などでは借金問題の相談に対応しています。依頼をしなければならない義務はありませんが、全ての債務整理をスムーズにいち早く決着をつけたい場合には、弁護士依頼がお勧めです。特に、裁判所が間に入る場合は、手続きなどが弁護士の方が手慣れていて、解決が早いと言います。弁護士費用はかかりますが、早く借金を減らす方法としては、弁護士の力は大きいです。

↓↓法律相談カフェ↓↓