↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

借金減額の方法は1つではないけれど

消費者金融の借金減額は毎月の金額が決まっている場合が多いです。
これは、元金と利息を合わせて、借金額を調整しています。

最低返済額の設定

借り入れによって、カードローン会社や消費者金融では最低返済額が決まっています。
それも元金だけではなく、利息が加わっているので、返済回数が多くなっているだけです。

このような返済は約定返済と言いますが、もし本気で減額したいのなら、余裕のある時にお金を入れることです。その臨時の入金はすべて元金を減らす事ができますので、どんどんと借金を減らす事ができます。

借入残高を少なくする方法としては、リボ払い以外の返済を多くする方法が良いです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

大手消費者金融、銀行カードローンでは歓迎

返済方法、返済プランはリボ払いになっていますが、臨時の入金は歓迎です。
返済期間は変わらないことが多いですが、確実に借金を減らす事ができます。
残高は借りた元金に就いてしての利息分ですから、元金が少なくなることで、減らすことができます。

中小消費者金融では

減らない場合があり、約定返済以外は歓迎しない。
返済期間を短縮する繰り上げ返済では手数料を徴収するところもあります。

これは最初の契約とは違う。
リボ払いでの定期的な利息収入を見込む金融業者ではできないことです。金融業者によっては、借金が減らないことを良しとしている場合がありますので、確認が必要です。

繰り上げ返済で手数料というのは無謀な話しですが、契約不履行と言われたら仕方のないことです。それはそれで事実ですから。

借金減額を本気でするのなら

債務整理です。
半強制的に債務者の権利を振りかざす債務整理は、消費者金融にとっては驚異です。
しかし、弁護士や司法書士が表に出て、債務者の権利を守るのなら従うことになります。
その変わり、金融事故が個人信用情報機関に記録され、しばらく借入ができない状態になります。

ブラックリストになっても良いのなら、消費者金融の借金をいち早く減らしたいのなら、債務整理が良いです。返済ができない理由を立証できる方にしかできないことですが、返済が余裕でできるのなら債務整理はオススメしないです。繰り上げ返済でも手数料を払ってでも行うか、臨時入金での元金を減らして行きましょう。

方法はいくらでもあるのですが、返済ができる間であれば、検討材料は多いです。
同じ消費者金融のまとめローン、金利が低い銀行カードローンなどもあります。

また、毎月の返済金額を変えたいなどの要望も聞いてくれますが、余裕がある方の借金が減らない問う悩みは少ないでしょう。余裕がない場合は、債務整理を念頭に検討してみてください。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

消費者金融のまとめローンで借金を減らす

あなたの消費者金融の借入を減らしたいのなら、まとめローンはどうでしょう?
多重債務者なら、1つのまとめローンに。
1つの借金なら、金利の低いローンの借り換えがオススメです。

まとめローンは簡単?

審査は普通の借金よりは厳しいです。
すでに多重債務者になっている場合は、個人信用情報機関の内容で決まります。
まとめローンを引き受ける消費者金融などでは、回収リスクが低いことが条件になります。

その条件とは、今まで返済日に遅れたことがない、借金返済でトラブルがない、仕事はきちんと行なっている。収入が安定していて、金融事故がないことが条件です。
できない話しではないので、是非検討してみてください。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

100万円以上の多重債務者なら

案外と行けるのが、中小消費者金融です。
100万円以上の借入では、金利が15%になります。それまで、大手消費者金融などで17~18%の金利で返済をしている、リボ払いをしているのなら、お得です。

3%でも金利が下がることで、元金はそのままですが、全体の返済額を下げることができます。
借金は何もしないと減らないですが、まとめローンか借り換えローンで、低金利の債務になれば、それだけの金利下げができます。

臨時返済の可能性

まとめローンができたとしても、そのままの消費者金融の借入だとしてもボーナスの時に、元金を減らす臨時返済は有効です。大手消費者金融アコムなどでも早期の返済は歓迎であり、事前に問合せをした上で、約定返済以外の入金をしてみるのも良いでしょう。

まとめローンなどでは、審査が厳しくなかなかできない方もいますので、臨時返済は良い方法です。借入残高を減らしていくことで、全体の利息が徐々に少なくなっていきます。
支払方法は確認してください。

まとめローンはお得

これは、元金が減らない。
低金利のまとめローンでなければ意味がないです。
先程100万円と言ったのは、利息が下がる目安です。

これが80万円とか60万円では、まとめローンの意味がない場合があります。
ですから、借入残高が多い方ほど、まとめローンや借り換えに有利であることは確認をしてください。その上で、中小消費者金融なら大手消費者金融よりは多少甘い審査が期待ができます。

まとめローンの場合は、返済専用になり、新規の借入ができない場合があります。
一応、そのことも確認した上で、本気で消費者金融の借金を減らしたい方にオススメです。
今返済が難しいからのまとめローンでなんとかしたい場合は、審査は通らないでしょう。
ブラックリストのまとめローンは、中小消費者金融でも審査落ちになることが多いようです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

まとめローンの落とし穴 借金が減らない

消費者金融で借入をする時には、返済シミュレーションを確認してください。
そこで、毎月の約定返済の数字が変わるほど、総返済額が大きく変わります。
アコムなどの大手消費者金融でも18%程度の利息です。
返済期間が短いほど、返済額は少ないです。

限度額の話し

限度額は、消費者金融では、年収3分の一になっています。
その間は原則的に借入ができますが、多重債務では総計が限度額です。
要するに、年収3分の一は消費者金融で最大に借りれる限度額であり、それ以上のキャッシングができないです。

ところが、まとめローンはその総量規制以上借入ができる金融商品です。
もし、現在多重債務者であれば、まとめローンも一つの方法です。
その時にもシミュレーションをしてほしいのですが、金利が低くなければ、総返済額が多くなることもあります。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

まとめローンの落とし穴

多重債務者が今までの消費者金融の借入では返済が減らないと、まとめローンに行こうと考えます。

ところが、今の多重債務の金利とまとめローンの金利の差があまりないと、返って返済が多くなることがあります。これは、まとめローンで多額の元金になってしまうことが原因です。

ですから、金利の部分だけを確認して安易にまとめローンにしてしまうことで、損な返済をしてしまうことがあります。金利差は2%以上は必要ですから、気をつけましよう。

中小消費者金融のまとめローン

中小消費者金融でも甘い審査のまとめローンがあります。
大手消費者金融などでのまとめローンは審査が厳しいです。

リボ払いの現在の多重債務を中小消費者金融のまとめローンでなんとかしたいと検討したとします。案外と高い金利だと、返って返済が多くなります。

また、総量規制以上の返済では、いたずらに返済期間を長く設定する場合もあります。
毎月の返済負担は小さくというのが売りですが、これは総返済額が大きくなる最大の原因です。
そこで、自分できちんとシミュレーションを確認してからの契約が良いです。

すべてを確認して

それは今は返済が苦しいので納得です。
ボーナスの臨時返済も繰り上げ返済も承知して、もし手数料などが不必要なら、中小消費者金融のまとめローンもオススメです。そこまでの確認をした上で、まとめローンの契約を検討してみてください。

何も知らずに、金融業者の言われるままのまとめローンだけはオススメしないです。
消費者金融の借金は減らしたいのは債務者の考えですが、債権者としては、一円でも多くの利息がほしいのが現状です。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

どうにか返済を少なくしたい方へ

カードローン会社の返済は、約定返済でリボ払いです。
その方がわかりやすいからであり、借りる方としても最後だけ半端な数字で完済の方がスッキリです。

約定返済のリボ払いでは、クレジットカードの返済などでは余計な手数料が入っていますが、消費者金融ではそれはないです。最初から決まっていることです。
この返済方式はキャッシングで良くある内容です。

返済シミュレーションも確認

良くわかりやすいですが、元金と利息のセットです。
10万円借りて毎月1万円でも、元金は半分程度の場合があります。
返済期間、返済回数でも違うのですが、元金1万円ということはないです。

ですから、早くに元金を減らす時には、約定返済以外に臨時返済をします。
その時に1万円であれば、どんどんと借入残高を減らす事ができます。
大手消費者金融、銀行カードローンでもできるこの方法では、ボーナスなどで臨時返済をすることで完済が早いです。支払金額によって。利子も少なくなっていきます。

要は元金に対しての利息をどのくらい期間を書けて返済をするか?
返済期間が長いほど、利子が付く期間が長い、借金が減らないということです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

まとめローンも良いけれど

審査が厳しいです。
金利も下がるし、多重債務者の個人信用情報の内容、そして回収リスクが高いことで、大手消費者金融などではなかなか審査に通らないと言います。

低金利の銀行カードローンの借り換えも同様であり、そう簡単にまとめローンができないです。
中小消費者金融のまとめローンでは、返済期間を最初から長く設定いるところもあります。

しかし、ホームページなどで臨時返済がOKとあれば、良心的なまとめローンと言えるでしょう。
繰り上げ返済歓迎の中小消費者金融も存在しています。
支払金額が少なくなるとしても、完済ができる客は歓迎してくれることでしょう。

減らしたい借金、でもブラックリストはいや

劇的に借金減額ができるのが、債務整理です。
しかし、金融事故でブラックリストになります。キャッシングだけではなく、クレジットカードも使えないし、携帯電話の機種のクレジットもできないです。各種ローンも組めないですから、ここは慎重に検討してください。

返済ができないのではなく、単に減らしたいと言うのであれば、まとめローンや臨時返済が妥当です。ローン返済ができない、仕事がなくて支払いができないのであれば、債務整理でブラックリストしかないです。

延滞するよりはずっとマシであり、一生付き合いがある個人信用情報機関の内容にも大きく影響が出ます。ブラックリストは10年もしたら消えてしまう記録ですから。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

債務整理でしか消費者金融の借金が減らない

消費者金融の借金を減らしたい。
そんな時には、カードローン会社でに相談。これは、無駄です。
毎月の返済額を調整することはできますが、元金は減らせないです。
元金を少なくする借金減額は、債務整理しかないです。
まとめローンも金利が下がるだけで、利息分が減るだけです。

債務整理でどうなる?

消費者金融の借金で、返済が少しだけ大変な方は、将来の利息の支払いをしなくても良い任意整理が良いでしょう。元金だけの支払金額に設定して、それを毎月払うだけです。カードローン会社としても最低限元金の完済ができます。

この任意整理を弁護士に依頼した場合、現在は過払い金返還請求の存在を確認します。
この部分は、請求ができますので、もし存在していればお得な内容です。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

住宅ローンがある

任意整理の分だけでは少ない借金減額である。
しかも住宅ローンがあるのなら、個人再生が有利です。
住宅ローン以外の債務を大幅に減額ができます。

多少時間はかかりますが、3年間で返済ができる金額にします。
これ以降の債務整理については、債権者の同意が必要であり、弁護士依頼が妥当です。

すべてを失う自己破産

借金がゼロになりますが、住宅などもなくなってしまいます。
弁護士依頼では、良い方法の一つとして提案はしますが、生活に必要な債務整理を選択します。
自己破産が妥当とされた場合でも、債務者にマイナスではない内容の場合に勧めるものです。

例えば、借家に住んでいる、返済がとてもできない。
生活水準が低いなどの理由では、自己破産が妥当ということになります。
すべてを失うものの中に、返済しなければならない借金もゼロになります。
地獄からの天国になってしまう場合もあります。

様々な理由があり、自己破産をする方も多いですが、借金減額の決定版で、そこからの再生をしている方も多いです。

返済ができるのなら

債務整理に関しては、借入残高が多いけれど、返済ができない理由がある場合のみできます。

これは、弁護士や司法書士がいても、どんな場合でも債務整理が可能であることはないです。
支払いができない理由として、子供のこと、両親などの家族が原因、生活をしていけない理由が必要です。借入した時と大きく事情が変わっただけではなく、返済がどうしてもできないと弁護士や司法書士が納得しないとできないです。

そして、実際には半年から1年程度は、結果が出ないですし、弁護士などにも費用を支払うことが必要です。ただし、消費者金融に対しては法律の権利での債務整理の執行ですから、堂々としていた良いです。単にブラックリストになるだけの話しです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可