↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借り入れ金の各月の返済額を落とすという手法|住宅ローン

住宅ローンの毎月の返済額が厳しい場合は、借入金の各月の返済額を落とすという手法があります。どのような方法があるのか、ご紹介していきます。

繰り上げ返済で借り入れ金の各月の返済額を落とすという手法

住宅ローンを組んだ際は、楽に返済をしていけると思っても、いざ支払っていくと年々返済が苦しくなってしまうことがあります。各月の返済額を落とすための1番の方法は、返済途中の住宅ローンの元金の一部を返済する繰り上げ返済を行うことです。繰り上げ返済を行うことで、返済期間は元のままで毎月の返済金額を少なくさせることができます。

また、繰り上げ返済をしたことで元金が少なくなることで、元金にかかる予定だった利息も少なくなり、総返済額を減らすことにもつながります。総返済額を出来るだけ減らして得をしたいかたに、オススメです。

1回の繰り上げ返済の最低金額は、金融機関によって異なります。
100万円以上の金融機関もあれば、1万円以上、1,000円以上と少額から受け付けてくれる金融機関もあります。

繰り上げ返済は、いつ行うかによって減らすことができる毎月の返済額と減らせる利息の金額が異なります。早ければ早いほど得となるので、早めに検討することをオススメします。使う予定がないお金を銀行に預けておくよりも、住宅ローンで繰り上げ返済したほうが利息の面で得となります。そのため、お金に余裕がある場合は積極的に繰り上げ返済をした方が良いといえます。

繰り上げ返済には手数料がかかり、金融機関ごとに異なります。
事前に手数料を調べておき、返済計画に入れておくと良いでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

返済期間延長で毎月の返済額を減らす

住宅ローンの毎月の返済額は、返済期間が長いほど少なくなります。
住宅ローンを返済していて返済が苦しくなった場合は、返済期間を伸ばして毎月の返済金額を減らすことも対策の1つといえます。

民間の金融機関の場合、返済期間の延長を応じてくれるかどうかは、その金融機関により異なります。一時的に収入が減ってしまった場合、返済期間延長後に安定した収入が見込めるのかの照明を求められる場合もあります。

返済期間が延長しやすいのは、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)がサポートして民間金融機関が行っているフラット35です。フラット35の場合は、返済期間の延長の条件変更を手数料無料で行うことができます。ただし、支払い期間の延長が可能なのは、35年返済期間の範囲内となります。

例えば、返済から3年経ってから返済期間を伸ばすと、5年返済期間を延長すると17,000円ほどの毎月の支払いの減額となり、10年延ばすと32,000円ほどの毎月の支払額減額となります。
ただし、返済期間が伸びてしまうことにより、完済できる時期が後伸ばしとなってしまいます。
老後に影響することもありますので、十分考えて決めるようにしましょう。
特に、定年退職後も住宅ローン返済が続いてしまうと、返済が厳しくなってしまうこともあります。

ボーナス返済で毎月の支払金額を減らす

ボーナスの余裕がある人は、ボーナス返済の増額がオススメです。
1年間の返済額はそのままにしてボーナス返済分を増やすので、毎月の返済額を少なくすることができます。ただし、金融機関やローンの商品によっては、条件変更ができない場合もあります。繰り上げ返済は厳しい、最長返済額で借りているので返済期間の延長ができない場合は、ボーナスの返済額を増やすことがオススメです。

注意すべき点といえば、ボーナスというのはいつも一定の金額が支払われるとは限らないということです。ボーナスというのは勤務先の業績によって左右されるので、理想通りのボーナス支給額が毎回出るとは限りません。ボーナス支給額よりも返済額が多くなるということは絶対に避けて、計画をするようにしましょう。

いかがでしたでしょうか。
住宅ローンというのは、長期に渡って高額な返済額を返済し続けるローンです。
返済中は思わぬ出費などの様々な収支があるので、様々な角度から考えて返済計画をしましょう。金利の上昇などの返済額の負担が気になる場合は、完全固定金利型のローンを考えるなど、安心度に合わせた資金計画とするようにしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借り入れ金の各月の返済額を落とすという手法「借り換えローン」

現在のカードローンの毎月の返済額が高くて困っている方は、借り換えローンをご利用してみてはどうでしょうか。毎月の返済金額をグッと減らすことができ、返済の負担をかなり抑えることができます。借り入れ金の各月の返済額を落とすという手法「借り換えローン」について、ご紹介いたします。

借り入れ金の各月の返済額を落とすという手法「借り換えローン」

借り入れ金の各月の返済額を落とすという手法でオススメなのが、借り換えローンです。
借り換えローンとは、借金を借り換えるためのローンです。

カードローン借り換えには、これらの2つのメリットがあります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

金利が下がる

借り換えローンの1番の目的は、今借入れをしている金融会社よりも金利が下がることです。
50万円の借入で金利が18%から15%に下がると、総返済額が6万円以上も下がり、返済回数も5回減ります。特に、貸金業法改正前に借入れを行っている方は、必ず金利が下がります。

毎月の返済額が下がる

金利を下げることで返済額が減るので、毎月の返済額も減ります。また、借り換えローンを使うことでデメリットとなってしまう場合があるのは、返済総額が上がってしまうことがあるということです。

借り換えを行って返済期間が長くなってしまうことで、結果的に借入残高が多くなってしまうことがあります。借り換えローンを使う場合は、細かい部分まで計算をして総返済額は増えないのかもきちんとチェックしておくと良いでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借り換え先の金融業者の選び方

借り換えローンは、多くの金融業者や商品があります。
どれにすれば良いのか、迷ってしまう方もいると思います。
借り換えローンはどのように選ぶべきなのか、ポイントをご紹介いたします。

金利が低い

1番のポイントは、低金利の借り換えローンを選ぶことです。
低金利でオススメなのは銀行の借り換えローンですが、審査が厳しいのがデメリットとなります。審査に自信がない方は、消費者金融の借り換えローンの中で低金利の商品を選ぶようにしましょう。消費者金融は銀行よりも金利が高めですが、審査基準が低めなのが大きなポイントです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

ローン返済方法のチェック

借り換えローンは、それぞれの金融機関により返済方法が異なります。
残高スライドリボルビング方式、元利均等返済方式、元利均等返済方式の大きく分けて3つの返済方法があります。

借り換えローンは。、オリックス銀行カードローンやプロミス、新生銀行カードローンなどがあります。色々比較して、最大限の借り換え効果を発揮させましょう。

借り換えローンの難易度

借り換えローンを使ってみたくても、審査が厳しいのではご利用することができません。
借り換えローンは、審査の難易度は厳しいのでしょうか。

前提としては、借り換えローンの審査は通常のカードローンやキャッシングよりも厳しいといわれています。その理由は、借り換えを行う人は経済状況が厳しい人と判断されてしまうからです。しかし、社会的信用度があれば審査通過となるので、一般的な会社員やOLであれば審査の対象となります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借り換えローンの審査チェック項目

借り換えローンの審査では、様々な項目が審査されます。
このような項目が、審査されます。

年齢

20歳以上が審査の対象となりますが、一般的には給与が高くて金銭的に余裕が出てくる30~50代が審査に有利となります。

年収

年収は、200万円が審査通過のラインといわれています。
200万円の年収の場合は、審査通過は厳しくなってしまいます。
収入が足りない場合は、副業や転職などで収入を上げるようにしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

勤務先や雇用形態

借り換えローンの審査では、経済面の安定性が大きく評価されます。
行政や大企業などの安定した勤務先の場合は、倒産の恐れがないので高い評価となります。
一般的な中小企業も評価されますので、審査通過となりますいです。
ただし、大企業であっても不祥事があったり倒産の恐れがある場合は、評価は下がります。

また、アルバイトやパートの場合は、正社員と比べると評価は下がってしまいます。
無職の方は、安定した収入がないので審査通過はむずかしくなります。

勤続年数

勤務先の勤続年数が長ければ長いほど、審査に有利となります。
長く勤務されている場合は、今後も退職せず長く働くという証拠となるからです。
審査に高い評価となる勤続年数は、3年目以上と言われています。

勤続年数が1年未満の方は、長続きせずに退職してしまう人ととらえられ、慎重な審査となってしまいます。最低でも1年以上の勤続年数は、必須といえます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

住まいの形態

持ち家に住んでいる方は、1番の高い評価となります。
借入れの踏み倒しや夜逃げなどの確率が低いので、信用性が高くなるからです。
公営団地などの家賃が低いお住まいの場合は、評価が下がってしまいます。
よほど治安が悪く家賃が低い場合以外は、審査に影響することはないでしょう。

家族

借り換えローンの場合、独身の方が高い評価を得ている傾向があります。
独身の方は自由に使えるお金が多いので、返済に回せる余力があると判断されるからです。

また、借り換え審査では、このような項目も参考に審査を行い、判断していきます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

信用情報

消費者金融のカードローンの利用履歴、クレジットカードの利用履歴、銀行ローンの理湯履歴などをチェックしていきます。債務整理を行っている場合は、5~10年は借り換えはできません。

他社の借入件数

借入先が多い場合は、借り換えローンの審査に通らないこともあります。
一般的には、4社以上の借入がある場合は、審査に通過しない傾向があります。
多くても3社までは審査の対象とする金融業者が多いので、複数業者のご利用は3社までに抑えておくようにしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借り換えローンをした方の例

借り換えローンを行った方は、このような方がいらっしゃいます。

38歳 中小企業勤務 勤続年数15年 年収400万円

ギャンブルで100万円程度の借入があり、借り換えローンをしたところ金利が17%から14%に下がりました。この方は、勤続年数の長さと多くの収入が大きなポイントとなったようです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

26歳 中小企業勤務 勤続年数1年 年収250万円

50万円程度の借入があり、借り換えローンをしたところ金利が18%から16%に下がりました。
この方は、勤続年数が短く収入も多くはないのですが、審査に通過しています。

34歳 自営業 勤続年数4年 年収520万円

150万円の借入があり銀行の借入れローンに申し込みをしましたが、審査通過となりませんでした。この方は年収も高く勤続年数も4年と長いのですが、自営業という部分が審査に不利となってしまい、審査通過とならなかったようです。

自営業はいつ経営が傾くかわからないので、信用度が低かったようです。
また、自営業なので、事業の運転資金に利用している可能性も考えられ、審査通過とならなかったようです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借り入れ金の各月の返済額を落とすという手法「おまとめローン」

毎月の借入金の返済額を落とす方法に、おまとめローンという方法があります。
おまとめローンとはどのような返済方法なのか、詳しくご紹介いたします。

借り入れ金の各月の返済額を落とすという手法「おまとめローン」

毎月の返済の負担が重い場合は、おまとめローンで負担を軽くさせることができます。
おまとめローンというのは、複数の貸金業者から借入れをしている分を1つにまとめて返済できる商品です。複数の借金を1つの金融機関が立て替えて支払ってくれ、まとめてもらった借金をその金融機関に毎月返済していきます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

おまとめローンのメリット

おまとめローンには、このようなメリットがあります。

1か所に返済するだけでOK

複数の借金を1つにまとめるので、支払いは1つの金融機関へ支払うことになります。
今までの複数の支払先が1本になるので、返済の手間が楽になります。

利息の軽減

今までの複数の借入先の中には、高い利息の金融機関もあります。
それらを1本化するので、1つの大きな借金となるので低金利となり、少ない利息での返済とすることができます。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

毎月の返済額が低くなる

借金を1本化して支払いしやすい支払い回数となるので、毎月の返済額が低くなります。

総量規制に影響しない

おまとめローンは、元からある借金の借り換えとなるので、総量規制には影響しません。
総量規制ギリギリまで借金をしている方でも、審査の対象となることができます。
また、総量規制の例外にあたる商品ですので、総量規制以上の金額でもおまとめすることは可能となります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

おまとめローンのデメリット

おまとめローンには、このようなデメリットもあります。

返済総額が高くなることもある

大きな1つの借金になるので少ない金利でも奥の利息となってしまうので、返済総額が高くなってしまうことがあります。

審査が厳しい場合がある

おまとめローンは1つの大きな借金となるので、審査は厳しくなってしまいます。
特に銀行のおまとめローンは、審査が厳しいと言われています。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

おまとめ後追加で借入ができない場合がある

おまとめローン後は、追加で借りいれができない場合があります。
消費者金融などの貸金業者のおまとめローンを使う場合は、総量規制の例外制度を使った抜け道の借入となってしまうので、追加融資はできません。

ただし、銀行のおまとめローンの場合は、追加で融資を受けることができる場合があります。
銀行によっては不可能な場合もありますので、注意が必要です。

おまとめした後は今まで使っていたカードローンを使えない場合もある

おまとめローンをした後は、今まで使っていたカードを解約しないといけない場合があります。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

おまとめローンを選ぶ際の注意点

おまとめローンは、様々な金融機関で行っています。
おまとめローンは、このようなポイントに注意して選ぶようにしましょう。

金利が低い金融業者

金利が低くないと、おまとめした意味がなくなってしまいます。
必ず金利をチェックして、今よりも金利が低い商品を選ぶようにしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

債務状態によっては該当しないおまとめローンもある

おまとめローンは、債務状態によって該当しない商品もあります。
例えば、50万円を下回る少額の借入の場合は、全額おまとめローンができることが期待できます。

しかし、150万円や200万円などの高額な負債をおまとめする場合は、不可能となってしまう金融機関もあります。自分の債務に見合った、おまとめローンを選ぶようにしましょう。

メジャーな金融機関じゃない場合は騙されることもある

おまとめローンというのは、複数の借金があって困っている方がご利用する商品です。
そのため、悪徳な業者も多く潜んでいます。メジャーではない金融業者のおまとめローンは、危険な場合があります。おまとめローンの金融業者は、事前にネットなどで充分に調べた後にご利用を検討するようにしましょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借り入れ金の各月の返済額を落とすという手法|乗り換え先のシミュレーション

毎月の返済が厳しい場合、借入先を乗り換える方も少なくありません。
借入先を乗り換える場合は、返済額をシミュレーションすることがとても大事となります。
借入先の乗り換えの際にしっかりシミュレーションをしてほしい理由やポイントを、ご紹介いたします。

借り入れ金の各月の返済額を落とすという手法|しっかりシミュレーションすべき

毎月の支払いが厳しい場合は、キャッシングの借入先を乗り換える方法があります。
その際、実際に金利がどう変わるのか、事前にシミュレーションをしておくことが非常に大事となります。金融機関によっては、乗り換えた場合に不利になってしまうこともあるからです。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

返済シミュレーションの方法

返済シミュレーションは、銀行や消費者金融のサイトで行っています。
返済シミュレーションで計算をすることで、実質年率により返済額がわかります。
返済シミュレーションでは、このような項目を記入していきます。

  • 借入金額
  • ボーナス併用分借入金額の割合
  • 金利(すでに設定されているものもあります)
  • 借入期間
  • 返済方法
  • これらを入力して、計算していきます。

    返済シミュレーションの注意点

    このように返済シミュレーション簡単に入力して確認できるのですが、注意点があります。
    それは、自動で金利が既に設定されている場合です。
    実質年率が、わざと低めに設定されていることがあります。

    実質年率というのは、借入金額により変わる金融機関がほとんどです。
    借入金額が低い場合は高金利となり、借入金額が大きい場合は低金利となります。
    そのため、返済シミュレーションの場合は借入れ金額によって違う金利としなければいけません。

    しかし、金利を一律に設定している返済シミュレーションもあり、中には低金利で設定して計算するシミュレーションもあるそうです。
    その際、本来18%の高い金利が適用される借入金額なのに、14%で計算されてしまい少ない利息で計算されてしまうことがあります。

    このような金利の違いは、大手の銀行カードローンの返済シミュレーションでも行われていることがあります。そのため、返済シミュレーション後は、実質年率軟%で計算したかをチェックするようにしましょう。もし低い実質年率で計算されている場合は、個人のサイトで計算し直しすることをオススメします。

    いかがでしたでしょうか。
    毎月の支払い額を少なくするために他金融機関に乗り換える際は、しっかりと返済シミュレーションして今よりも優遇されるのかどうかを確認しましょう。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
     

    借り入れ金の各月の返済額を落とすという手法|一時的に毎月の支払額を減額

    借り入れ金の各月の返済額の支払いが厳しい場合は、毎月の支払額を一時的に減らすことが可能となります。毎月の支払額を一時的に減らすこととはどういうことなのか、様々なポイントも含めて詳しくご紹介していきます。

    借り入れ金の各月の返済額を落とすという手法|一時的に毎月の支払額を減額

    毎月の支払いが厳しくなってしまった場合は、期間固定で毎月の支払い額を減額させることができます。
    今の月々の支払額では生活の収支が成り立たない場合、一時的に支払額を最低限度額まで下げることができます。

    最低支払額は、借入金額と金融機関により異なります。
    負担のない金額まで下げることにより毎月の負担が変わるので、生活費に余裕ができたりなどのメリットが生まれます。

    毎月の支払額を下げてもらうということは、毎月の支払いが楽になります。
    しかし、借金雄元本はさほど減りません。
    毎月の支払額が減ることで支払い期間が長くなるので、利息が多くなっていきます。
    借金総額は増えてしまうので、それを頭に入れて選択するようにしましょう。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓
     

    様々なフリーローンで利用可能

    一時的に毎月の支払額を減額は、様々なローンで可能となります。

  • 住宅ローン
  • 教育費などの教育ローン
  • カーローン
  • 一般的なローンカード
  • 一時的に毎月の支払額を減額の相談方法

    一時的に毎月の支払額を減額したい場合は、返済中の金融機関に相談をしましょう。
    クレジットカードの裏面にはカード会社の問い合わせ番号が記載されているので、その番号に電話をかけてみましょう。

    まずは電話をして、毎月の支払いが厳しいことをお話しします。
    素直に胸の内を話せば、電話で怒られることは絶対にありませんので、安心して電話をしましょう。場合によっては、金融機関に出向かなくてはいけない場合があります。

    このような理由の場合、一時的に毎月の支払額の減額を受け入れてくれる場合があります。

  • 経済事情で収入が減った
  • 病気で勤務できず収入が減った
  • ボーナス払いが負担
  • 相談後審査を行うので、一定の時間を要します。
    そのため、あらかじめ時間に余裕を持って相談することをおすすめします。
    金融機関側は利用者の事情を汲んでくれますので、比較的聞いてくれる可能性があります。

    いかがでしたでしょうか。
    毎月の支払いが厳しくなったら、借入先に毎月の支払額の減額をお願いしましょう。
    きちんと話を聞いてくれ、最低支払金額での支払いなどを提示してくれます。

    ↓↓法律相談カフェ↓↓