↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減額の方法 裁判所を通す場合

借金の返済が出来ないと思ったときに、債務整理を考えましょう。法律事務所などで宣伝をしているのですが、自分でも行うことが出来ます。

債務整理の基本としては、“借金返済ができいから減額をしてほしい”ということです。一番簡単な任意整理は、口頭で債務者が債権者に返済ができないから、なんとかしてほしいと交渉をすることです。この時の前提として、必ず返済はするけれど、減額か少し待ってほしい、返済期間の調整をしてほしいというものです。これで返済額などが減れば、いままで通り順調に返済ができることを約束します。

しかし、債権者が同意しない場合は、任意調停などの裁判所が間に入ってもらうことになります。これは、裁判所に借金返済が出来ないこと申し立てをすることで、厳正な判断から、裁判所から債権者に交渉する形になります。ただ、煩雑な事務手続きが必要になります。それでも、この場合、返済額の大幅な減額が見込めることから、オススメです。

それでも債権者が対応しない場合、最終的には自己破産の債務整理があります。これは裁判所が、返済ができないという免責の判断をすると、借金総額がゼロになることになります。金融業者にしてみても、従うしかないのですが、債務者に取ってみれば、最善の方法です。

しかし、現在、自己破産の申立て人が急増していることから、手続きが遅れていたり、免責基準も厳しくなっています。最近では、自己破産ができなかったという方も多くなっています。この自己破産、自分でも行うことが出来、弁護士に依頼することも可能です。なお、弁護士に依頼した場合、報酬は50万円ほどかかると言われています。それでも借金総額ゼロになる場合、手間や精神的な苦痛を考慮すると決して高い料金ではありません。

↓↓法律相談カフェ↓↓