↓↓法律相談カフェ↓↓
 

お金に困っているときは


景気が回復傾聴にあると言われて久しいのですが、実感に乏しいのは、手持ち資金が増えていない現状にあるからでしょう。この10年くらい自己破産者は急激に減少したということで、それだけ景気が良くなった、お金に困っている人が少なくなったということも言えるのです。

反対にお金を借りることができる人が減少して、お金を使わない、言うなれば、お金を使うことができない低所得者が増えたということも、自己破産者が減少している要因でもあったのです。それが、近年では自己破産者が増えているということですから、それはそのまま景気が上向きになったということも考えられます。

しかし一方で、お金を借りないと生活できないくらい窮乏している人もいると考えられるのです。お金に困っているとき、さらに債務がたくさんあるときは債務整理をするのが一番の方法です。生活に困っているのが日常的なものでしたら、生活保護を受けるという方法もあります。また同じ公的機関に頼るのですが、様々な給付制度があるのでそういったものを利用するようにしたらいいでしょう。

もっとも、普通に働いている人でしたら、よほどのことがないかぎり生活保護を受けることはできないでしょう。そうなると、やはり、銀行や消費者金融会社からお金を借りるという選択肢しかないことになるのです。最初の借金は、できるだけ銀行カードローンを利用するようにしたほうがいいでしょう。というのもまだ無借金の時でしたら、属性が一番高いときでもあるので、正規雇用されているひとでしたら、他の選択肢はなく銀行カードローンに融資の申し込みをするようにしましょう。金利が消費者金融会社のローンと比べて低いので、返済利息も少なくそれほど返済するのが楽だからです。同じお金で、どこで借りてもその価値は変わりません。それでしたら、金利が低い銀行カードローンが一押しの借り入れ手段となるのです。

一方で銀行カードローンの審査は厳しく、誰にでも融資をしてくれるわけではありません。特にパートアルバイトの人でしたら、銀行からお金を借りるのはほぼ無理といっていいでしょう。そうなると頼りになるのが消費者金融会社となるのです。金利は銀行カードローンよりも高くなりますが、消費者金融会社のカードローンはサービス面を充実させることで、銀行カードローンに対抗しています。初回に限られますが、30日間以内の返済でしたら、無利息というのが大きなサービスとなります。すぐに返済できる目処が立っているのでしたら、なによりも大手消費者金融会社のカードローンの無利息期間を利用するべきでしょう。

さらに、大手消費者金融会社のカードローンのアドバンテージは主要都市のあちこちに無人契約機がある点です。ここは24時間365日いつでも融資の申し込みをしてくれます。深夜であっても元旦であっても、いつでも開いていて融資の申込みを受け付けてくれるのです。その場で審査に通れば、ローンカードも発行されて無人契約機がそのATMとして利用できるので、すぐにキャッシングできるのが大きなメリットと言えるでしょう。

気になる返済利息ですが、それほど長期間の返済にならなければ、銀行カードローンとの返済利息の差はそれほど大きいわけではありません。一番のネックは世間体ということになります。それでも、消費者金融会社のカードローンを利用しているというのも、郵送物は届かないように設定することで、周囲にバレることも少ないですから、それほど気にする必要もないでしょう。

このような借金が1つあるいは2つであれば、問題ないのですが、借金癖のある人はここからさらに借金を重ねていきます。お金を借りたら返済していかなくてはいけません。借金癖のある人は総じて返済計画を甘めに見てしまいがちです。その先に待っているのが多重債務であり、延滞を繰り返し、最終的には返済不能となるのです。そのような人に業者から、「借金減額」といった夢のような話を持ちかけられる場合があります。世に中そのような旨い話は存在しないのですが、資金繰りに困って汲々としている人は、そういった言葉に弱くなっているのです。

おまとめローンが利用できるのでしたら、それが一番いい方法で、場合によっては借金の減額になる場合もあります。しかし、あからさまにそれ以外で借金の減額を勧めてくる場合は、何か裏があると考えたほうがいいでしょう。場合によっては詐欺と言うことも考えられます。迷惑メールなどの例も有り、誰もが旨い話には耐性ができていると思いますが、それでもお金に困っている人にとってはそういったことも、救世主的な言葉に思ってしまうのです。

世の中にはお金に関しては特にそうなのですが、旨い話はありません。ですから、これも詐欺とは言わないまでも、旨い話をもちかけられてもすぐに飛びつくのではなく、一呼吸おいてゆっくりと考えるようにしましょう。もっとも胡散臭い話のほうが多いですから、そういった話に乗らない方が最善です。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金を返済するには


複数の借り入れがある場合は毎月の返済が大変です。延滞をしないようにお金が足りない月は新たな借金をしてそれを返済に充てるを繰り返していると、どんどん債務の額が増えてしまいます。いつのまにか利息の返済に追われて元金が減らないという状況になったら、黄信号どころか赤信号と言えるでしょう。

収入よりも債務残高が多い場合は、月々の返済をできるだけ少なくするとそれだけ返済期間が延びてしまい、月々の返済は利息のほうが元金の返済よりも多くなってしまい、悪循環となりがちです。それでも、返済が厳しいと新たな借り入れとなってしまうので、延滞しない努力は認められるのですが、それでも債務整理一歩手前なのは間違いないでしょう。

そういったときに気になるのが借金減額の話です。少しでも毎月の返済額が減るのなら試してみたいと思うのが人情だと思います。法律事務所などでは相談窓口もあります。その前にネットで借金減額シミュレータを行ってみると、それが法律事務所に直結していて直後に連絡がかかってくるようになっています。これは減額シミュレータを利用するときにメールアドレスや電話番号などの、個人情報を記入しなくてはいけないからです。

法律事務所としては、顧客の囲い込みのためですから、これは仕方のないところと考えていいでしょう。メールや電話がかかってくるのが嫌なら、外に出て街角相談所などを訪ねてみるのもいいと思います。基本的に借金を繰り返して多重債務者となった場合、特に債務の合計が年収を遙かに超えている場合でしたら、年収をあげるために転職するなどをしないかぎり現状の打破はありません。パートアルバイトなら正社員になるのが近道ですし、バイトをもうひとつ増やすのも1つの方法です。

いずれにしても、入るお金を増やさない限りは多重債務で債務整理一歩手前ということになると、その時点で今後の身の振り方を考えたほうがいいということになります。一口に債務整理といっても、任意整理、個人再生、特定調停、自己破産の4種類があります。一般的なのは任意整理でしょう。債務者にとっては、借金が帳消しになる自己破産がもっともお得なように見えますが、持ち家などの不動産の他にお金になるものはすべて現金化されるので、文字通り裸一貫になってしまいます。

リスクのほうが大きいので、借りたら返すという原則に則った任意整理が一般的です。借金がなくならないのですが、返済については元金が減額されることが多く、さらに利息がゼロという債務者にとっては、かなりお得な条件で返済できるのが魅力です。

いずれにしても、司法書士あるいは弁護士に依頼するようにしたほうがいいでしょう。個人でも債務整理の手続きをすることができますが、これはぜったいに個人ではリスクが大きいので大変です。司法書士や弁護士に相談すると費用がかかりますが、まずは法律事務所の無料相談窓口などに電話をかけるか、WEBで問い合せするなどしたほうがいいでしょう。必要に応じて事務所に伺うことになるかと思いますが、そのときは本格的に債務整理の依頼をするときでもいいと思います。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減額について


借金の減額というのは債務者が決めるものではありません。これは債権者の同意があって成り立つものです。もちろん借金の減額は債権者にとっては不利になるものですから、なかなか借金減額に同意することはないでしょう。

そこで債務者だけではなく、借金減額というか債務整理について、豊富な経験のある司法書士あるいは弁護士の登場となるのです。基本的に弁護士や司法書士に依頼しておけば、代理人ですから債務者が表に出ることはなくても大丈夫です。

債務整理の状況については、弁護士会等などが逐次あるのでそれで把握できるでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

司法書士と弁護士


司法書士と弁護士という2つの法律の専門家ですが、違いは取り扱う金額です。債務金額が140万円以内でしたら、司法書士に債務整理の依頼をすることができるのですが、140万円を超えると弁護士に依頼するしかありません。

自己破産を考えるような額となると、たいていは140万円以上の債務残高が考えられるので弁護士に依頼することが多いと思います。

実際に借金問題を専門に扱っている弁護士も多く、経験の豊富さがそのまま債務者の利益になるので、そういった借金問題を専門に扱う法律事務所の弁護士に相談するのがもっとも最善の策と言えるでしょう。

↓↓法律相談カフェ↓↓
 

借金減額と詐欺


ネットなどで見かけるのが「借金の減額を国が認めている」という文句です。これは債務整理のことです。

当然債務者にとってはリスクのあることです。借金が減額になるのならいいのでは?と思う人もいると思います。確かにそうなのですが債務者にもリスクが相当程度あるのです。新たな借金ができないとか大きいところではクレジットカードがすべて使用停止となり、これも新しいクレジットカードを作ることができません。これからさらにキャッシュレス化が進んでいく時代にあって、クレジットカードが使えないのはかなり不便と言えるでしょう。

返済がなんとかできるのでしたら、債務整理という借金減額に頼らずに返済していった方が一番です。借金減額と詐欺が取りざたされていますが、弁護士や司法書士といった法律の専門家が、詐欺をすることは考えられません。借金減額シミュレータの手法に問題があったり、メールが山のように届くといったことで、詐欺ではないのかと思う人も多いようです。

昨今ではメールや電話番号1つでも取扱に注意が必要な時代です。借金という神経質な問題ですから、何かと悪評が出ることが多いということですね。

↓↓法律相談カフェ↓↓