債務整理の任意整理では利息がなくなる

借金の返済が難しくなった時に、債務整理を検討される場合があります。
債務整理とは、債務者の救済策として原則として借金返済の減額を目的とした法律に則った方策です。

カードローンの返済ができない

いろいろな見解がありますが、返済ができないのなら、いたずらに遅滞延滞をするのなら、さっさと返済できないことで、法的な借金解決した方が良いでしょう。
借金返済ができないので、債務整理をします。

それで開始になるのですが、手続きなどは弁護士に相談されることをオススメします。
消費者金融としては、弁護士や司法書士が間に入って行う債務整理には、比較的おとなしく対応すると言われています。

カード会社では保証人なしでの契約になります。返済ができないと契約者に請求することになります。連帯保証人がいればその方が債務をかぶるのですが、カードローンではそれはできないです。

そこで債務整理

債務整理のことを調べてみると、種類があることがわかります。有名な方法でいうと、借金がチャラになる自己破産ですが、これは特定の方しかできないと言われています。

では、簡単な方法としては、任意整理であることがわかります。
様々な条件がありますが、任意整理が一番簡単であり、債権者である消費者金融や銀行カードローンにしても、妥協点としては一番楽だと言われています。

それにしようと思うところですが、個人での債務整理はなかなか大変です。
交渉事であり、返済ができないことを理路整然と説明することが必要であり、弁護士に依頼することをオススメします。自分で行った方もいますが、任意整理にしても債務整理全体は、ネームバリューもある方法であり、債権者もなかなか手ごわい対応になっています。

ところで任意整理とは?

カードローンなどで利息カットを申し出る債務整理です。
10万円借りて、18%の金利なら、返済総額は118,000円です。
そのうち、18,000円の減額をしてもらって、残高を支払う金額での調整をしてもらう方法です。
直接債権者との話し合いで、裁判所を通す事がないことで、簡単に行えると言います。

債権者としては、元金の返済がされることで、自己破産のような泣き寝入りの必要がないです。
債務整理で最小の損で完了することで、妥協されるケースが多いです。
利息カットの任意整理であり、あとは元金だけの返済になります。
10万円借りたとしたら、10万円の返済だけで、無利息で借りた計算になります。

消費者金融にとっては

法律で決められた債務整理ですから、然るべき理由が存在するのなら、拒否ができないことがもどかしいでしょう。

しかし、長期間催促をしたり、裁判沙汰になるのなら、任意整理で話をつけるということもあります。少なくとも延滞前の任意整理の交渉では、プロミスなどの大手消費者金融では、きちんと対応がされるようです。

現在、任意整理をされる方も少なくないというのですが、弁護士や司法書士にしても、できる人とできない人がいると言います。

プロミスで任意整理をしたい

プロミスに10万円で17%の借金があります。元金3万円までは返済ができたのですが、その先の返済が苦しいのですが、任意整理はできますか?

債務整理は弁護士に無料相談が良い

借金をする時と返済している時の状況が違うことはあります。
大手消費者金融でも10万円17%でカードローン契約をすると、元金と利息でのリボ払いなどが一般的です。簡単に11,700円ではなく、元金が数千円の場合も少なくないです。

1万円のリボ払いの場合は、元金と利息の内容もわからないまま返済をしている場合があります。それでも、リストラされたとか、給料が下がった、払えない事情ができたなどで、任意整理を考えたい方もいます。

一応すべての債務者には任意整理でも債務整理でも権利があります。
しかし、現実にできるかは別問題です。

債務整理ではどうなる?

債務整理で自己破産は、この人には返済能力がない、返済できるお金がないことを、書類上で証明します。それを裁判所で認められることで、免責が与えられて、借金の返済義務がなくなります。任意整理では、この人にはこの利息が支払うだけの能力がないことを証明することが必要です。裁判所を介さない、直接金融業者と話合いで決まります。

今回は、プロミスになりますが、これからの生活をしていく上で、利息が払える余裕がないので、任意整理をしたいということです。利息だけは支払わないけれど、10万円の元金は払います。しかし、毎月負担を小さくしたローンにしてください。

これが任意整理であり、借りた元金だけを返す方法です。総返済の減額を申し出ます。
様々な事情がありますが、プロミスで納得したのなら、契約の変更ができ、任意整理が成功することになります。

本当に支払うことができないのか?

問題はここです。
今回は10万円程度であり、支払い能力がないというのも疑わしいとされる場合があります。
これが50万円とか100万円などの多額の負債になると、任意整理の必要性は大きくなります。
プロミスの判断によりますが、弁護士が介入することで有利に任意整理が進むことがあります。

しかし、この場合は、弁護士費用がかかります。
費用を払ったとしても、利息カットの返済になったのなら、負担は小さくなります。
できるかどうかは事情にもよりますが、弁護士としては、任意整理が妥当という場合は対応してくれます。

ですが、元金が多い場合は、個人再生や自己破産を勧められる事もあります。
それはなぜ?ときちんと理由を聞いてみましょう。
多分、任意整理をしたとしてもたいした減額がされないからです。

反対に、自己破産をしたいと相談に行ったとしても、今のあなたは任意整理が妥当と言われることがあります。これは、今のあなたには返済能力がゼロではないからです。
自己破産までの債務整理ではなく、利息だけ減額の任意整理の方が良いという結論です。

任意整理依頼の弁護士には正直に申告を

借金の返済ができないのは、様々な事情があります。
弁護士や司法書士に債務整理の相談に行く時には、必ず正直に話をしてください。

現在、どんな債務整理にしても弁護士などは過払い金の存在を確認します。
利息制限法以前の高い金利で借り入れをしていた方は、過払い金返還請求ができます。
まずはそこから始めましょうということになります。

過払い金がなかった

2010年以降の借り入れでは、アコムやプロミスなどの大手消費者金融では過払い金はまずないです。貸金業法で利息制限法が決まって、グレイゾーンの怪しい高い金利が撤廃されました。
大手消費者金融だけではなく、正規の金融業者では、高い金利は消えているはずです。

しかし、弁護士は未だに過払い金の確認をしています。
どんな金融業者からの借り入れかも確認するために。

ところでどうして弁護士相談が良い?

弁護士の立場では、金融業者は指示に従う義務があります。
任意整理などは交渉事であり、弁護士依頼ではよほどのことがない限り失敗はないと言います。
弁護士に言われたことは、理屈が通っていれば、まともな金融業者では従わさせるを得ないとされています。

任意整理は、裁判所が介入しない金融業者との交渉です。
債務者が行っても良いのですが、簡単に断られることがあります。
債権者にとっても断れる権利がありますが、弁護士などでは利息分カットの理由をきちんと述べる事ができます。それが弁護士や司法書士の技です。

相談者は守るけれど

ここでウソをいうと、弁護士は本当の任意整理ができないことになります。
消費者金融に対しては、事情があり返済ができない。
元金だけは返済ができるので、なんとか減額をしてほしいというのが、任意整理です。
減額が利息だけなので、消費者金融としても妥協点となることがあります。
本当に利息は支払う事ができない。その理由を弁護士も納得しなければならないです。

本当は隠し財産があるとか、話の中に虚偽があると、弁護士としても困ります。
任意整理では裁判所に行く必要がなく、弁護士の場合は交渉だけで対応ができます。
借金額は利息カットになりますが、債権者の要望も聞くことがあります。
返済期間の事、負担額などの話し合いに応じることになりますが、その時にも完済できる内容にすることです。

司法書士と弁護士

債務整理、任意整理では両方の法律家が対応できますが、金額設定が決まっています。
弁護士はすべての返済額に対しての債務整理ができますが、司法書士は金額が決まっています。

多額の債務整理では弁護士しかできないこともあります。ですから、費用に関しても司法書士の方が安いです。債務整理の費用に関しては、弁護士などは自由設定になっていますが、任意整理は債務整理の中でも一番安いです。

延滞よりは任意整理の方がまし?

任意整理は利息カットで借金の減額をしてもらう方法です。
消費者金融では、任意整理をしたいというと、将来の利息の支払いをゼロにすることを許可することになります。その選択は自由ですが、たいてい大手消費者金融などでは任意整理は比較的簡単にできると言われています。ただし、それなりの理由が必要です。

消費者金融が嫌な事

契約は簡単にWEB完結で行う事ができます。
アコムやプロミスのカードローンでは、信用情報と申込情報から完済が可能な方には対しては、審査通過ができます。実際に借りる時には、何も問題はないけれど、返済が始まった時から、支払いが難しくなる場合があります。その時、延滞や遅滞をしたりする方もいます。理由は支払いができないからですが、これが最悪の内容です。

ところが、返済ができない理由を告げることで、返済期間が長くしたり、最初は利息だけの返済という配慮があります。それで返済していく方法もありますが、任意整理ではとても支払いが大変なので、将来支払う利息をカットしてほしいという内容です。

これからは借りた元金だけの支払いをしていくことでも総返済額を減額してほしいことを願い出るのが、任意整理です。金利ゼロでの返済になることです。

そんな要求がどうして通用するのか?

金融業者としては、もし延滞をしている方が任意整理をしたいと言ってきたとします。
借金額を減らしたいということですが、このまま延滞されて、請求、裁判所の手続きなどの面倒なことはしたくない場合が多いです。

それなら元金だけでも返すというのなら対応しても良いと考えることがあります。
こんな簡単なことではないかもしれないですが、返済ができないという債務者。
しかも弁護士などが前面にでてくると、交渉が面倒になっていく、それで任意整理を認める場合が多いです。

弁護士の交渉では、たいてい任意整理は成功すると言います。最低弁済額などの交渉もできることから、将来の金利分のカットが期待できます。金融業者では、元金の返済だけでも良いとの判断ですが、自己破産で返済がゼロ、個人再生などで一部しか返ってこないというよりはまだましと考えられます。

アコムやプロミスなどの大手消費者金融、銀行カードローンなどでも対応しています。
契約者本人が行うより、弁護士や司法書士が行う任意整理が成功率が高いです。

気になる弁護士費用ですが、相談もできます。
ゼロになることはないのですが、分割対応もできます。
債務整理のために弁護士費用を払ってまで任意整理はする必要がある?と思うのですが、十分に価値のある出費です。延滞などをしている方は、債務整理などできちんと決着をつけることをオススメします。

借り入れした時と返済中の経済状態が変化することは仕方のないことです。
返せなくて延滞ではなく、任意整理で利息カットだけでも減額してもらえる。
これは債務者の権利の一つです。

任意整理のデメリットとは?

任意整理は、債務整理の中でも減額が一番少ないです。
元金はそのままで、これからの利息だけがカットされます。

任意整理とは?

大手消費者金融も中小消費者金融、銀行カードローンなどでは利息制限法で、金利が決まっています。現在グレイゾーンなどは正規の金融業者では存在していないですが、長期での借り入れしている方にとっては、利息だけでも大変な負担です。完済するためには、多額の利息の支払いが絶対です。

しかし、任意整理ではその部分のカットをすることです。
ここからは元金だけの支払いの債務整理になります。
よって、任意整理では「将来支払う予定の金利分が減額される」ことを言います。

延滞などをしている場合は、遅延損害金もカットできる交渉もあります。
過払い金がある場合は、過払い金返還請求もすることができます。支払いが完了した債務については問題がないのですが、返済中の債務に過払い金返還請求をした時には、契約の書き換えが必要です。

過払い金返還請求の部分での任意整理ができることもあります。
返済額が少なくなるのですが、任意整理を申し出ることでは債務整理をすることになります。

任意整理のデメリット

任意整理は、生活費が少ない方、返済残高が多い方の利息カットができます。
それは、負担が少なくなることで良いのですが、個人信用情報機関では金融事故になります。
この先大手消費者金融などでは5年以上のカードローンができない、クレジットカードも作れないですし、各種ローンも組めないです。俗語的にはブラックリストになります。

一応このことは承知しておかなければ、すぐにクレジットで支払いをしたいとか、仕事上で不都合なことがある場合は、支障が出ます。返済が少なくなるのですが、債務整理のすべてはブラックになってしまうことは確認しましょう。

自己破産、個人再生との違い

ブラックリストと言えば、自己破産や個人再生、特定調停などがあります。
自己破産は、完全に返済能力がないと認められた場合で、裁判所の介入ですべての元金と利息がゼロになります。

個人再生は、住宅ローンは残して他の借金額をへらすことができます。
特定調停では、各債権者との話し合いにより、返済額を大幅に減らす事ができます。
任意整理だけが、単にカットされるのが利息だけと決まっています。

元金は時間がかかっても返済することで言えば、金融業者としても任意整理が元金だけでも返済してもらえる債務整理になります。そこからブラックリストになるのですが、約5年以上は借りられないでしょう。

個人信用情報機関では、金融事故者としての扱いになります。
デメリットで言えば、弁護士や司法書士に依頼することが良いです。
成功率が高いだけではなく、金融業者にしても話が早いと言います。

法律事務所などで相談もできますが、依頼には弁護士費用がかかります。
それも任意整理のデメリットとぃっても良いでしょう。