↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

ヘルプナビで過払い金返還請求の有無がわかる 

ヘルプナビでは、債務整理ができる、債務整理の相談ができる弁護士や司法書士を紹介してくれます。

聞いた事ないかも?

ヘルプナビはhiqers株式会社が運営するサイトです。
設立が2010年ですが、WEBを利用した集客に力を入れています。
その1つが、ヘルプナビです。

WEBサイトで、法律事務所や司法書士事務所に相談をしたい借金で悩んでいる方に、簡単に無料診断で、借金解決の糸口にしてもらおうというのが、ヘルプナビの狙いです。
借金で悩む方と弁護士を結びつけるサイト運営をしています。
過払い金返還請求はまだ存在しています。

そして、返済に悩む人達にとっては、債務整理をした方が良いとわかっていてもどうしたら良いかわからない。または、任意整理の仕方を知りたいし、自分の債務も確認してほしいという方にニーズがあります。法律問題で悩んでいる方に、適切な弁護士などを紹介できるのがヘルプナビです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

完済した借金でも対応

ヘルプナビの使い方は簡単です。
現在、返済中、完済、その両方の場合を選択します。
あとは電話番号を記入するだけです。

これは、自分で弁護士や司法書士の選択をすることなく、相手からあなたの電話に連絡がきます。その時に、何をどうしたかを言うだけです。

何を言ったら良いですか?

過払い金返還請求があるかどうか調べてほしいでも良いです。
中には、依頼はしたくないけれど、債務整理のことを聞きたい方もいます。
その時には、話しを聞きたいだけでも対応します。

ホームページでは、依頼しなければならない書き方をしています。
過払い金返還請求の有無を確認する場合でも。依頼は必要です。

これはどの弁護士でも同様であり、話しを聞くだけにしても、自分の借金内容を説明するときには、その弁護士依頼が原則です。

ヘルプナビでは紹介まで

ヘルプナビが行うのは、弁護士紹介までになります。
無料診断ができるのですが、それは実際に弁護士依頼が必要です。

紹介された弁護士に対しては相談だけでもOKで、そのまま借金減額までの依頼もできます。そこまでの内容はすべて自己責任になるのですが、借金で困っている方を救うというのがヘルプナビの役割です。気になる方は、無料診断をしてみると良いでしょう。

何もしないと借金はそのままで、延滞遅滞をしている方、 ヘルプナビで過払い金返還請求から借金減額を考えませんか?ともに考えてくれる、相談ができる法律事務所の紹介をしてくれます。完済している借金でもOKということなので、無料診断をしてみましょう。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

ヘルプナビで過払い金返還請求を確認しよう

ヘルプナビは現在hiqors株式会社が運営しています。
しかし、似たようなサイトでは、マイコンシェルジュの名前でも存在しています。

このサイトでは運営会社がhiqors株式会社になっています。
ヘルプナビではないのですが、内容は一緒です。無料診断のレイアウトもデザインも同じですが、現在はヘルプナビとして利用してくださいとのことです。

過払い金返還請求の有無を調べる

ヘルプナビの目的は、過払い金返還に特化している内容になっています。
ただし、弁護士事務所の紹介あり、過払い金返還請求がないとしても、弁護士に相談ができるかもしれません。

無料診断の仕組みは、入力した後に提携の弁護士から診断結果がいくシステムになっています。
入力情報は、返済中、完済、返済中と完済だけの内容と電話番号だけです。
ここから債務整理の相談ができるシステムになっています。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

名前は要らない

入力では名前はないですが、弁護士にとって対応が違うでしょう。
ヘルプナビでは、紹介までのサイトであり、あとは弁護士との個人的なやり取りになります。
そして、サイトでは契約しなければならない事もなく、最初の入力では個人情報は電話番号だけの気軽なものになります。

私の今の借金、かつての借金で過払い金返還請求ができるかしら?
そんな気軽に考えて良いでしょう。

ここ数年の借金では過払い金返還請求はないかも?

例えば、2年前とか昨年の借金で返済ができない。
そんな場合は、過払い金返還請求ができないことが多いでしょう。

すでに貸金業法改正後では、大手消費者金融や中小消費者金融などでは、利息制限法範囲内の金利設定をしています。その場合、過払い金返還請求ができないことが多いと言います。

ですが、過去に完済した高い金利の借金では、ひょっとしたら過払い金返還請求ができるかもしれないと言います。ヘルプナビでは、そのようなことをきちんと話しができる法律事務所の紹介をしてくれるシステムです。なんとなく過払い金返還請求を気にしているけれど、まだ確認していない方は、この機会に是非ヘルプナビで伺ってみてください。

新しい借金なので、過払い金返還請求はなし。そう言われたらスッキリするのでは?
完済して何年も経つけれど、時効がきていなければ、債権者に請求ができる過払い金返還もあります。

急いだ方が良い方も多いはずですので、ヘルプナビのご利用をオススメします。
弁護士や司法書士などの専門家のアドバイスがあれば、今後の過払い金返還請求の見方もきっと変わります。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

ヘルプナビでは過払い金返還請求の有無がわかります

ヘルプナビは、債務整理したい方に法律事務所を紹介するマッチングサイトです。
ホームページには、無料診断ができる部分があります。そこに電話番号と今の返済状況を入力するだけです。

過払い金返還請求とは?

払いすぎた利息の返金をすることができる。完済した借金でもお金が戻ってくることがある。
と、良い話がありますが、これは過去の借金で、グレーゾーン金利だったり、現在の利息制限法以上の金利を支払っていた方が対象です。

そして、1つの金融業者には1回しか請求ができないです。
さらに、過払い金返還請求には時効があります。それが、最終返済日から10年間です。
現在は2019年ですから、2009年に支払った、完済した方は有効です。その前、例えば2006年に完済した借金では、過払い金があったとしても返金請求をすることができないです。

時効については、10年間とありますが、借りてからではなく最終返済日が決め手になります。
ですから、まだ間に合う方も存在していると思われます。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

ヘルプナビの過払い金返還請求の流れ

無料診断では、現在の返済状況を入力した後に、電話がかかってきて、詳細なデータを聞きます。ここで1つ不明なのが、依頼をしないとならないかもしれないことです。

借金相談としてではなく、あなたの過払い金返還請求の内容を確認しますというのなら、個人情報を提供しなければならないです。そうなると契約の運びになりますが、具体的な過払い金返還請求の費用がないです。ちょっと不親切な内容ですが、弁護士と電話が繋がりますから、費用に関しては、必ず確認をしてください。

過払い金返還の平均的な費用

1件2万円程度です。上下はありますが、確認だけで料金が取られたり、過払い金返還請求があれば、成功報酬としてまた費用がかかります。

最悪なのが、ここ最近の借金では、借入が大手消費者金融や銀行カードローンの場合は、過払い金返還請求はゼロです。それで、調べただけでお金が取られるようであれば、そんな話しです。

どんな債務整理なのか、どこまでの費用なのかは、ヘルプナビでは確認ができないので、法律事務所に直接問合せをしてください。その上で、過払い金返還請求の確認をするかを決めることです。

古い借金があり、最近返済が完了したのなら、過払い金返還請求の存在の可能性はとても高いです。依頼では費用確認が絶対であり、知らなかった、後で請求を受けてビックリということはなりませんように。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

借金は相続しなければならない?過払い金返還請求があるとしたら?

過払い金返還請求は、本人以外が請求できることがあります。
それは、亡くなった方の相続人の場合です。

そう言えば父親には借金があった

長期間親族が返済をしていた。
そんなことがある場合、取引のある金融業者が分かれば、過払い金返還請求ができることがあります。ヘルプナビでは、このような場合の相談もできます。

ただし、いつからの返済なのか、完済をしたのかなどの詳細なデータがあれば良いでしょう。
しかし、弁護士などでは調べることが可能です。
大手消費者金融などでは、引き直し計算のために履歴の提出ができます。

できれば、いつぐらいからの返済で、金融業者もきちんと特定している場合が良いでしょう。
ヘルプナビの無料診断では、こうしたケースの過払い金返還請求の確認ができます。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

返済中の借金は相続しなくてはならない

もし、返済をしていることがすべてわかっていて、まだ返済が残っている場合は、債務整理ができます。とはいっても、亡くなった方の債務整理ではなく、自分の債務整理になります。

相続放棄もできますが、これは預貯金などのプラスの財産も受け取れない形になります。
父親の借金であれば、相続人がなんとかしなくてはならないです。

だから過払い金返還請求の確認

ふるい借金では、過払い金返還請求の可能性は高いです。
その前に金融業者に連絡を入れると、説明があります。

しかし、過払い金返還請求の可能性がある場合、ヘルプナビでの無料診断を一応受けてみましょう。もし過払い金返還請求がない場合は、金融業者の指示に従ってください。
財産放棄をしない限り、残った返済をすることになるかと思いますが。

もっときちんと内容を知りたい場合は、弁護士などに相談それると良いでしょう。
財産分与などで、プラスのものがあると限定承認で、もらえる財産はないけれど、借金もゼロにすることができる場合もあります。

ヘルプナビでスッキリと

とにかく過払い金返還請求の有無に関しては、そろそろ数も少なくなっています。
ただし何十年間も返済をしている方では、10年以内に完済したときには、過払い金返還請求の可能性があると言います。早くに過払い金返還請求をしないと時効になってしまう。それではもったいないことです。

大手消費者金融でも、過去にはグレーゾーン金利をしていましたし、正規の中小消費者金融で長く借りていた方では、過払い金返還請求がありそうです。

ヘルプナビでの無料診断で、簡単に計算をしてもらいましょう。
電話番号と返済中か完済しているだけの情報でOKです。
亡くなった親族の借金についても相談ができるので安心して話しをしてみてください。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

ヘルプナビができるのはどこまで?

ヘルプナビでは、あなたの借金の過払い金返還請求を確認することができます。
とはいっても、ヘルプナビは法律事務所の紹介をするだけです。
ヘルプナビでは、入力業務をしてもらって、法律事務所のマッチングをするだけです。

法律事務所の紹介をしてくれます

堅苦しい感じではなく、あなたの借金内容を確認をさせてください。
過払い金返還請求があれば、請求をしませんか?という内容です。
ただし、過払い金返還請求は債務整理ですよね?ということはブラックリストになるのは不安な方も多いです。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

過払い金返還請求では

ブラックリストに載らない事があります。
信用情報の照会で大丈夫なのは、完済した借金の場合と返済中の借金で過払い金返還請求で借金がゼロになる場合です。返済中の借金があり、過払い金返還請求をしてもまだ返済している場合は、ブラックリストになります。

ここは要注意ですが、完済した借金であれば、ブラックリストにはならないです。
過払い金返還請求は債務整理の1つとして借金減額のために行うことが多いです。
これは完全にブラックリストになります。

家族にバレるとマズイのですが

原則的に過払い金返還請求の確認などでは、家族の同意は必要無いです。
債務整理では、過払い金返還請求、任意整理では家族に完全に内緒で行う事ができます。
個人再生や自己破産ではそうは行かないことが多いですので、過払い金返還請求だけでは、家族には知られないです。

また、同様に職場にも一切情報はいかないです。
夫婦であっても、配偶者の過払い金返還請求の事実を言うことは一切ないです。
法律事務所では、内緒にしたいと言えば、いろいろと工夫をしてくれるので安心です。
あくまでも申込者本意で話しを進めることになります。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可

契約書や領収書がありません

それも大丈夫です。ただし、どの金融業者からいつ頃、いくら借りたかが分かれば良いです。
できれば、詳細な内容があれば文句ないですが、金融業者が分かれば、法律事務所では調べることが可能です。

大手消費者金融、クレジットカード会社などでは、過払い金返還請求については即日で判明することもあります。他の債務整理と違って、引き直し計算で請求するだけらしいです。

ヘルプナビの利用

ヘルプナビの利用の流れは、
無料診断にいく前に現在の返済状況を知らせます。
返済中・完済・返済中と完済の3種類の1つです。

電話番号を入力してくださいと、情報はこれしか伝えないです。
ですから、次にヘルプナビからではなく、法律事務所から直接連絡がきます。
その時に、過払い金返還請求の内容を知るためには、個人情報をある程度伝えることになります。

ここからがヘルプナビの仕事です。あとは法律事務所との話し合いになります。
ヘルプナビでは、法律事務所にバトンタッチした時点で役目が完了です。

↓↓借金相談シュミレーター↓↓
無料匿名で相談可