借金相談カフェで返済額が減るのがわかる?

借金相談カフェとは、無料で借金の減額についての相談ができるサイトです。
最初に無料減額診断に入力して、法律家のメールや電話を待ちます。
そこから、具体的な話しをして、自身の借金についての悩みを解決することができます。

借金相談カフェのポイントとは?

最初の入力では、匿名でOKです。
いきなり本名や住所などの入力が一切ないので、債務整理のつもりがない方でも気軽に相談ができます。返済がどの程度減るかを確認したい方にもオススメです。

完全無料です。相談には一切の料金が発生しないです。
これは、借金の内容を知る、もし債務整理をしたら?という質問も受け付けます。
依頼で初めて料金が発生します。インターネットを利用するので、24時間入力が可能です。

借金相談カフェで債務整理するわけではない

シミュレーションサイトであり、ここに弁護士や司法書士が常駐しているわけではないです。
無料相談前の弁護士や司法書士を探す段階ですから、法律事務所などのシミュレーションとは違います。

どんな弁護士が良いかわからない。
とりあえず、自身の借金の内容を専門家に見てもらいたい方などにオススメできます。
話しを聞くだけでも、当然良い利用方法です。

債務者が気軽に利用できること

借金相談カフェの名前どおりに、シミュレーションも項目を選択するだけでできます。
名前も匿名ですから、本名もバラすことはないです。苗字だけの入力でも良いです。

支払いが大変だけど、借金減額ができるのかな?債務整理ってどんなことをするのですか?
という疑問の解明のために利用するのも良いので、気軽に利用してみてください。

口コミはいろいろ

実際に借金相談カフェでは、納得のいく説明があった。
多重債務の解決の糸口を教えてくれた。すぐに過払い金の確認をしてくれた。
このような良い評判もありますが、依頼はしなかった。

あまり良い弁護士ではなかった、回答内容がわからなかったとの口コミもゼロではないです。
実際に、この弁護士が駄目という例はなく、地域別に紹介されることになっています。
債務整理をした人も相談だけしかしなかった人もいますが、今の返済が大変な借金の解決法が見つかれば良いでしょう。

ゲーム感覚で使っても良い

匿名、借金の減額を知ることができる最初の一歩としては、ゲーム感覚の入力でも良いです。
ここでデタラメの情報を入れたとしても損をするのは自分です。

また、弁護士回答のために電話番号とメールアドレスが必要です。
回答以外では使用しないですが、ここで知らせるのがいやなら、フリーメールアドレス、プリペイド電話を使用する方法もあります。

原則的には、借金相談カフェから個人情報が流出することはないですが。
一応、知られたくない方はこの対応もOKです。

自分以外の相談もできる?

借金相談カフェのようなシミュレーションサイトは最近多くなっています。
入力の内容はいろいろです。

無料減額診断の手順

多くのシミュレーションサイトでは、現在の借入件数、借入額、初めて借りた年などの入力になります。これで、多重債務で債務整理の必要性があるかを確認できます。
そして、初めて借りた年の情報は、過払い金返還請求の存在を知る手がかりになります。

借金相談カフェでは、これに滞納の有無と完済した借金の有無を確認する項目があります。
自身の借金については5項目あり、他のシミュレーションサイトよりも多めです。
そして、自身のこととして、都道府県とメールアドレスと電話番号、苗字です。
借金の情報に関しては、正直に入力が正解です。

たまに、自分の借金ではなく、父や子供、友人などの情報で確認する方もいます。
はっきり言って依頼の意思がなく、債務整理のことだけを知りたい方は、これでも良いでしょう。苗字も適当でも大丈夫です。

住所もないのですが、稀にメールアドレスや電話がくることがあるといいます。
いわゆる営業ですが、それはすべて断っても良いです。私は借金のことで話しを聞きたかっただけで、それが本人のものではないとしても、支障はないです。

専門家の話しを聞きたかった

ところが、無料減額診断してから、程なくして司法書士や弁護士から直接メールがきます。
入力情報だけでは、減額がわからないので、詳細な情報が必要になります。

最初は、借入先の金融会社名です。
そこからが本格的な借金減額の内容になりますが、実は大方の数字が出るのはまだ先です。
自分の借金内容を明かすことをしなければ、本当に債務整理での減額の数字がでないです。

例えば、5社の多重債務者、延滞もしているのなら、内容は変わってきます。弁護士や司法書士が言う借金減額は、債務整理ですが、それにしても◯◯社に◯◯万円と言う情報がないと駄目です。また、収入が少なく、生活費が苦しいので債務整理したい方は、全く余裕があるけれど、借金減額したい方では対応も違います。

もし、自分以外の借金減額の相談なら、最初のメールや電話のあとに相談を直接してみましょう。実際に借金減額をするには、本人からの正式の申込が必要ですが、借金減額の相談がわたしでもできるかの確認は可能かもしれないです。

法律家とのメールが始まったら

借金相談カフェの存在は離れます。
紹介までが、その役割ですから、あとは自由に選択して良いです。
入力項目から、もっと詳細な内容を話さなければ、債務整理も借金減額もわかりません。
どんな弁護士か司法書士かもわからないのですが、とにかく話しができる法律の専門家の紹介までが借金相談カフェができることです。

借金相談カフェの気になる口コミ3件

借金の無料診断は、シミュレーターによって判断します。
しかし、入力内容はさわりだけであり、借金相談カフェにしても入力項目だけで、あなたはいくら減額ができますとは言えないです。

弁護士事務所を紹介

借金相談カフェの無料減額診断に入力をすると、すぐに返事がきます。
ありがとうございましたの内容ですが、確認のためです。そこから、紹介された弁護士事務所から、改めて紹介された旨のメールがきます。

内容は、一律ではないのですが、その弁護士に対して、すぐに自分が思っていること、相談したいことを伝えて良いです。

借金相談カフェでは、この弁護士などからのメールがきた時点で、基本的に自由に相談して良いはずです。もしできないのなら、この先は利用しないほうが良いです。

債務整理の強制?

借金相談カフェで紹介された弁護士事務所から、最初から債務整理をしますよね?と確認メールが来た方がいました。これは、多分借金相談カフェの本意とは別でしょう。

中には、債務整理をするために利用していれば良いですが、大方の相談者はまずは話しを聞かせてよ、という感じらしいです。この場合、その弁護士時連絡をしなくても良いとされています。

相談も債務整理も決して強制ではなく、メールや電話で話しをしていて、この弁護士はイヤという場合も連絡を絶って良いので安心です。強制されたとしたら、それは従うことはないです。

その弁護士、遠いよ

債務者の都道府県を確認するのですが、これは同じ県内の法律家の紹介のためと思ったら、遠くの弁護士や司法書士の場合があります。

しかし、借金相談カフェを相談として使用する場合には、遠くの弁護士でも問題はないです。
普通に債務整理でわからないこと、自分の借金についての質問をしていけば良いです。

ただし、依頼の段階に入る時には、債務整理費用以外の出張費などの確認は必要です。
必ず近隣の弁護士や司法書士ではないことも心して利用してください。
そして、質問だけなら、地域は無関係です。

登録弁護士も不明

例えば、本気で債務整理をしたいので、長野県の弁護士の紹介をしてほしい。こういった依頼の仕方はできないです。登録されている法律事務所も公開していないので、あくまでも無料減額診断から、言われるままの法律事務所とのやり取りしかできないです。

シミュレーションサイトでは、債務整理参考程度に確認をした方が良いとの口コミはあります。
これは、借金相談カフェがダメというのではなく、どんな弁護士や司法書士に当たるかわからないですし、実際に地理的に自己破産などができない場合もあります。

一応弁護士の意見として聞くだけで、必ず借金相談カフェで債務整理をしなければならないことはないです。債務整理の一意見として対応するのが良いでしょう。

借金相談カフェの口コミでわかったこと

弁護士事務所では、債務問題に強いところもあれば、交通事故事犯に強い弁護士も存在しています。

債務問題については、ある程度の知識や経験が必要です。
そこで、自身の借金問題については、債務問題に強い弁護士を探すことが必要です。

だから借金相談カフェが良い

借金相談カフェは、借金減額診断をしてくれるシミュレーションサイトです。
シミュレーターに入力した情報を元に、弁護士や司法書士が直に対応してくれることになります。ここで肝心なのは、自身の正直な数字を入力することです。

少なめにして良い印象を与えたいなんて言うことはないです。すべてを100%真実の入力をしてください。延滞している?項目もありますが、支払いができていないのなら、「ある」にチェックをしてください。

借金相談カフェでは、そこから具体的な内容に入りますが、法律事務所の最初の連絡は皆同じです。自動送信のようですが、法律事務所の名前や会社名もきちんと入っています。
不審なら、そこは自分で調べて見て、どんな弁護士なのかを確認しても良いです。

借金相談カフェが良い部分

それは、弁護士や司法書士が債務問題に強いからです。
シミュレーションサイトで紹介される法律事務所は、何社があるのですが、債務整理の相談OKのところだからです。ですから、自分で探す必要がなく、自身の借金の内容を入力するだけで良いのです。

借金相談の最初としての利用価値は大きいです。そこからは弁護士や司法書士の対応になりますが、どこまでの情報を知りたがるかは、いろいろです。

なかなか上がってこない口コミ

借金相談カフェでは、こうして債務整理をした内容があまりないです。
中小消費者金融の口コミと違って、ブラックリストだけど借りられた。

では、この金融業者が良いという単純な内容ではないです。
実際に相談して良かった、この弁護士さんですという紹介はできないです。

借金相談ができた

きっと自身の借金について、債務整理ならこの程度減額ができるとか、自己破産はこのくらいの金額がかかるといった説明をうけることができます。それだけでも債務整理をしようという気になるでしょう。

依頼に関しては、自由です。借金相談カフェから、自分では弁護士も司法書士も選択はできないです。与えられた法律家との会話などで、費用を確認(ここは大切)してから、依頼しても良いですし、しなくても良いです。

相談だけ、メールや電話をするだけなら、何度でも無料のはずです。
依頼してから初めて料金が発生するのですが、その強制はないはずです。
勧誘があるとの口コミは少ないですが(少ないということはゼロではない)。
そこは、実際に話しをしてみて、自身で決めることです。

借金相談カフェの使い方は自由

借金相談カフェの口コミは少ないです。
借金減額診断ができるシミュレーションサイトの口コミはどこも少ないのですから、借金相談カフェが特別ではないです。

オススメはまずは相談

サイト名でもあり、相談カフェ。
その気分のまま自身の債務について、正直に話しをしてみてください。
実際は、シミュレーターであり、必要事項の入力だけですから簡単です。
ただし、この最初の段階では、無料減額診断はできないです。

借金相談カフェでは、申込の内容から、弁護士や司法書士が紹介され、直接メールと電話のやり取りをします。申込の情報には、メールアドレスと電話番号は必須です。
入力内容を確認した上で、必要な情報の引き出しに入ります。

必要な情報って?

債務整理は4つの種類があります。
債務の内容だけで、どの債務整理が適当であり、減額できる金額も違います。

そこで、どこからいくら借りている、何年くらい借りているなどの情報はもちろんです。
クレジットカードの債務、自身の収入なども必要な情報であり、最終的には自分の名前も個人情報も明かすことになります。それは言いたくない場合は、これ以上のメールやり取りは不要です。

債務整理で減額が目的であり、全ての情報が必要になり、最終的にあなたが自己破産をするとこうなる、任意整理でこうなるという結論になります。
結局のところ、全てを話すことが必要であり、シミュレーターだけでは何もわからないです。

弁護士や司法書士の話しを聞くきっかけに

借金相談カフェでは、特に延滞している、またはしそうだという方や今の返済をなんとかしたい方のヒントになればという考え方です。本当は紹介された弁護士などに債務整理依頼を下のなら、何らかの良いことはあるでしょう。

しかし、申込者は債務整理依頼のためではなく、相談をするための利用でOKです。
過払い金返還請求ができますよとか、多重債務も解消できます。返済額が減り、生活費にも余裕ができます。そこまでの助言は、自身の借金すべてを暴露した上で、もし債務整理をしたのなら、話です。

借金相談だから、相談だけしたい。それもありでしょう。
紹介される弁護士や司法書士に関しては、無料は相談までです。
法律の専門家では、実際の依頼から費用がかかります。
それは一律ではなく、各法律家によって、費用は大きく違います。
その話しも聞いた上での判断になりますが、借金相談カフェでは、その強制力はないです。
無料診断だけを受けたいとの利用でも良いです。

弁護士や司法書士の対応を見て決めたいでも良いですが、そのまま連絡をしないでというのもありです。なかなか、あなたの説明はもういいですという言いつらいですから。
相談の段階では費用がないですから、気軽に利用してみてください。