退職代行サービスって何?

退職代行という言葉をご存知でしょうか?
こんなサービスが開始されたのは最近ですが、一体どのようなことなのでしょうか?

退職代行サービスとは?

文字通り退職を変わりに行ってくれるサービスを言います。
この仕組ができたのは、ブラック企業に勤務する方が多くなってきた背景が存在しています。
辞めたくても辞められない、退職そのものができない事情がある方に、退職代行してくれます。

現在、利用者は会社にとても自分で辞めますと言えない立場で、会社の犠牲者となっている方です。
どうしても辞めたい、精神的に追い詰められている方はぜひ検討してみて下さい。
その会社、辞められるかもしれません。

退職代行サービスが向いている人

明日から会社にいかなくもOKという、こんなキャッチフレーズのEXITイクジットでは、2018年夏頃から評判になっています。
辞めたくても辞められない会社に、無断欠勤ではなく、退職代行を依頼して、いかなくても良くなってしまうという内容。
これは期待が大きいです。

とにかく、会社を辞めることができる。しかも、自分で動かなくても良いというのが最大のメリットです。このEXITイクジットは、インターネット上のニュースサイトで紹介されています。メディア露出がされ始め、退職代行サービスとい新分野が始まろうとしています。

そのほか、サラバ、退職代行コンシェルジュの2社が、退職代行サービスとして紹介されることがあります。
その他国内には10社程度の退職代行サービス会社があります。

怪しい会社ではない

退職代行サービスの内容では、行政書士等のプロの法律家がスタッフとして加わっています。
会社を退職する権利は、経営者に全権がありません。

このようなサービスの利用者は、精神的、肉体的な苦痛から、生命を脅かし兼ねない事態に陥っている場合もあります。
無理な職務を押し付けているわけではないという経営者の言い分ではなく、労働者の権利を十二分に発揮することで、スムーズな退職を第一に、苦痛からの開放ということで、社会通念上正しい退職を代行してくれることになります。
それを法律違反することなく行うことができるのが、退職代行サービスのメリットです。

あとから起こる様々な事象についても

もちろん会社内のトラブルなどにも対応しています。
法律家が代理人となることで、トラブルだけではなく、事務処理等も代行することができます。

ブラック企業だけではなく、煩わしい人間関係からの開放等も約束されることでしょう。
辞めたい気持ちが固まって、とても言えない状況にある場合には、相談だけでも受け付けています。
費用の話も含めて、まずは退職を真剣に検討してみて下さい。

退職代行サービスが適している方と流れについて

会社を退職するのには辞表を出せば良いのですが、それができない方もいます。
今まで、退職経験がある方で、退職代行サービスがあると聞いて、それがあったら良かったのにと思う方もいます。
現在は、この退職代行サービスがあります。

どんな方が利用している?

社長が怖い人。
怖いというのが性格だけではなく、闇の社会で生きている方だったり、直接話ができない場合もあります。
いわゆる超ブラック企業に入社してしまった方たちです。
最初はわからなかったけれど、後で気がついてしまって、慌てて退職しようとしてもできない方です。

仕事のせいで精神的な病気になってしまった。
多分一番多いかもれませんが、精神的にも肉体的にもボロボロになってしまっている方もいます。
出勤もできない、このまま無断で休むのならきちっと片を付けることが必要です。
そんな時には、退職代行サービスの利用が役立ちます。

辞めさせてくれない。
どんな理由にしても、退職ができない時の強硬手段として退職代行サービスは良いでしょう。
退職希望を不当に長延ばしにするのは違反です。きちんと手続きを踏んだ退職届を受けとめない場合には、退職代行サービスで辞めることができるでしょう。

辞めると言えない。
これは、自分の意思の弱さだったり、社長か良い人。
もっと良い就職先が見つかった等の理由でなんでも良いから会社を辞めたいでも依頼することができます。
この退職代行サービスでは、依頼者の理由はあまり関係はないです。
会社を辞めるための事務手続きを代行するだけです。

退職代行サービスのデータ

平均的内容ですが、すべての会社がブラック企業とは限定されていないです。
会社と依頼者の関係もありますが、最短1日で退職代行を利用した方もいます。
男女比も同じくらいであり、とにかく辞めたいかなんとかしたいと相談にくる方は多いようです。

現在、退職代行サービスの費用は、3~5万円程度です。最短1日での退職ができます。
ここは費用だけではなく、精神的に気持ちが楽になることで、金額のことは大した問題ではないようです。
現金払いが原則ですが、本気で退職したい方にとっては、この金額は安いと感じられるのではないでしょうか?
本来退職ではお金がかからないことですが。

退職代行サービスの申し込みは?

原則的に、退職代行をするのはスタッフになります。
話を聞いたり、事情を聞くにしてもすべて法律に則った内容で行うことになります。
不当な働き方にも相談対応ですし、辞表は退職したい2週間前までに行う等の流れによって正しく行われることになります。

とにかく話をすることから、内容が納得できるのならそのまま依頼ができます。
あの会社、辞められると思うだけで安心される方も多いようです。

退職代行サービスと辞めたい会社との関係

退職代行サービスでは、労働者本人に代わって退職ができるサービスです。

連絡をすると

退職したいので、よろしくお願いします。だけではなく、不安や悩みを聞いてくれます。
その上で、退職代行サービスの内容を確認、承諾ができれば、申し込み手続きに入ります。

この時に、本人だけではなく、会社にも事情を聞くことになります。
その上で、サービス業者から、直接申込者が退職したい意向を伝えることになります。
手続きに関しては、全て会社が行うので、申込者はそのまま会社とのコンタクトも必要ない状態になります。
全権依頼でOKです。

なんと24時間対応

退職代行サービスでは電話やメールで24時間対応していることがあります。
夜中に決意する退職とか、朝一番に相談等もできます。
退職代行運営会社では、退職そのものを人生のリスタートと位置づけています。

マイナスの退職ではなく、自分の人生に必要こととして、言いづらい辞表届を本人に代わって行ってくれます。
それが、決意したその時に相談ができます。最速で即日退職もできます。

会社ではどう対応する?

退職代行からの連絡を受けた会社としては、驚くことになるでしょう。
人事担当者との対話、企業としての段取りがあり、全てが退職代行サービスで解決できないこともあります。

しかし、ここが本人の問題と退職に至る原因等が絡み合う部分です。
退職代行サービスで、最初に相談をするのも、このあたりの事情が関係します。

中小企業のような採用も退職も簡単なところであるとしても、仕事の引き継ぎがある場合もあります。
退職代行サービスでは、できない部分も存在しています。それすらもできない精神状態、肉体的にできない等の事情もしっかりと最初に話をすることです。

退職の許可がおりれば、あとの手続きができるとか、その時の対応で、退職代行サービスの動向も変わります。
すべて話し合いで行われることなので安心です。

無事に辞めるために

そもそも、退職代行サービスに依頼しなければならない状態になっていることが問題です。会社を辞めたいけれど、辞められない方にとっては、本人がうまく立ち回ってやめようとしても退職代行サービスでも入ってもらい事務的な手続きをしてもらうことです。

精神的に安心ができる。
最初の不安解消で相談している時点で、身も心もほっとすることがあります。それで退職を思いとどまる場合もあります。
その時の相談料金が無料の所を選択すると良いでしょう。ちなみに退職代行サービスは、3~5万円程度です。

退職代行サービスと法律について

退職代行サービスを使って退職をするのは、合法なのでしょうか?
会社から何か言われたり、訴えられることはないのでしょうか?

法律に則った退職なので問題はない

退職代行サービスでは、依頼者の意向に沿ったプログラムで話を進めます。
すぐにでも辞めたいケースが多いので、会社側には事情を話してまずは欠勤をする旨を伝えます。
これは、法律では退職願は退職2週間前に出す事になっているため、すぐに辞めますという対応はしません。
まずは会社に行きたくないのですから、欠勤ということで話しが進みます。

2週間後の退職に関しては、法律上では何ら問題がないということです。
そして、退職代行サービスでは依頼者の意向をそのまま会社に伝えるだけですから、この欠勤そのものも違法ではないことがわかります。

ただしこんな例も

退職代行サービスで受けた依頼者の会社がブラック企業の場合、損害賠償を求められることがあります。
しかし、それは会社そのものが違法行為であり、退職代行サービス側としては、そのようなことにも動じません。
あくまでも粛々と法律に則った退職を進めていくので、会社の悪質対応があったとしても、全て対処してくれます。

ですから、退職までに行うことは、二度と会社にいかなくても良い準備をして、退職代行サービスに依頼をするだけです。
法律的には何ら問題はなく、ブラック企業に勤務していた方は、無事に抜け出すことができます。

2週間後の退職にならないことも

これは、会社側としては、退職代行サービスからの連絡で、依頼者の意向を汲んで、早めの退職を認めることもあります。
勤務1日とか1週間程度で辞めたいという希望も叶うことがあります。

退職代行サービスとしては、ここから2週間後に退職をしますという意向を伝え、あと会社の立場での行動に従うだけです。
したがって、退職代行サービスが行う点について、法律に抵触することは何一つないということです。

会社を辞めたいけれど、迷っている

その迷いが、退職をいいだけない環境である、本当は体調も最悪だけど、どうして言い出すことができない。
そして、完全なブラック企業にハマってしまって困っている。
このような立場の方に、退職代行サービスは誠意を持って対応してくれます。

会社都合ばかりを気にすることなく、水商売、人的トラブルに関しても、職蟻環境に馴染めない等の相談も受けています。
退職前提のサービスであり、依頼をしたのなら、最後まで責任を持って退職をさせてくれます。
安心して利用しても良いでしょう。

退職代行サービスができること

退職代行サービスは、法律家は行政書士が駐在していることが多く、弁護士や司法書士等がいることは少ないです。
退職代行だけをサービスとしている場合、残業代請求等の相談は畑違いになります。
ここでは、今勤務している会社から離れたい方だけを引き離すことになります。
ですから、弁護士のような仕事はしていないです。

会社の引き留め強制阻止ができない

本人が退職したいと願い出ている。
そのことについての話しができますが、会社に対して引き留めなどはしないで下さいとか、依頼者を守るまではできません。
それは弁護士などでは、権利としてできることですが、あくまでも本人の意思を伝えるサービスになります。
ですから、辞めたい依頼者に対して、会社からの引き留めがあったとしても、無視したら良いとのアドバイス程度になります。

実際に、この会社を辞めたいというとき、引き留めがあるケースも存在しています。その際の相談には乗ります。
退職を希望していて、引き留めがエスカレートしたりするときには会社に進言することはできます。
悪質なトラブルの場合は、警察沙汰にするケースもあります。

ブラック企業の場合は、すんなりと退職できないこともありますが、それでも頑固として引き留めには対応しない。そんな態度が必要でしょう。損害賠償などの話しには絶対に対応しない等のアドバイスがあり、最悪弁護士に相談したり、警察にいくことでブラック企業との決別ができることがあります。

退職したければ真剣に考えて

退職代行サービスは、あくまでも退職の手助けをする会社です。
退職届を出すことができないという方のために辞めるきっかけと道筋をつけることです。

退職は労働者の権利です。2週間前の退職届を出すことで退職はできるはずです。
会社都合等も考えることなく、というのは大義上のことですが、辞められるはずだけど、事情が許さない、トラブルが怖いという方には、ある程度の覚悟を持ち依頼されることです。依頼者の全面的に守るということではなく、辞めるきっかけ作りが退職代行サービスになります。

引き留めは良くある話しのようです。
ブラック企業だけではなく、人手不足で大変な企業も多いようですが、そのような会社都合などは関係ありません。
辞めたい人が辞められるようにするのが退職代行サービスの仕事であり、それ以上でもそれ以下でもないということです。

社会人として代行での退職はどうかと思う?

これは考え方の問題であり、会社を辞めたいというときにそれが言えない環境であれば、代行依頼でも良いでしょう。
法律の範囲内での対応になるのですから、大丈夫です。

会社を辞めるのに代行サービスを使わなくてはならない立場の方も今は多いでしょう。