退職代行サービスって何?

会社を辞めたい。退職願いを出したけれど、受付してくれない。そのようなことで悩んでいる方はいませんか?

退職代行サービスについて

退職手続きはいろいろとありますが、労働者に代わって行うサービスがあります。

2018年からインターネットで話題になっているサービスですが、担当してくれるのは弁護士や司法書士です。この時点で、安心してサービスを受けたい方も多いでしょう。自分の代わりに会社に辞表を届け、その後の手続きをすべて代行してくれるサービスになります。

辞めたいのに辞められない

もともとブラック企業である場合もありますが、会社内に嫌な上司がいたり、自分の意思が正確に伝わらない場合もあります。退職は労働者の権利であり、辞めたいという申し出たときには無理やり止めることは出来ないはずです。

弱い意思というのではなく、理不尽な対応に嘆くのではなく、退職代行サービスでは依頼したその日から会社に出向く必要がなくなります。手続きは、全て行ってくれることになります。

依頼では詳細に状況を説明をするのですが、会社の備品や保険者証等の返却をする程度で、辞表の提出から給料や退職金のことも全て代行してもらえます。ですから、もう退職代行サービスに依頼した途端、会社に行く必要がなくなります。

退職後の書類等

正社員として働いていた場合では、厚生年金保険から国民健康保険に変えるための書類。失業保険のための書類等を会社から受け取ることになります。そうしたこともすべてサービスに含まれています。そして、有給休暇がある場合等は、正当に消化した形になります。また、退職金があったり、今までの給料もきれいに精算してくれます。

要するに、全ての処理をサービスでは含まれていることから、退職をしたいけれどできない。そんなときには、思い切って、このサービスに依頼することで、すっぱりと退職することができます。

面倒な手続きというよりは、会社との交渉等でも弁護士等が代理で退職の話しがでたとしたら、会社でも対応することになります。労働者本人では、良いようになだめられるのですが、弁護士、司法書士相手では、まともに従うことになります。そこで、スムーズな退職できます。

どうしても辞めたいときで、会社退職がうまく行かないときには相談してみてください。依頼してからはきちんと説明も受けるので、納得行く内容であり費用が大丈夫であれば、依頼してみてください。体験者の方の中では、費用がいくらかかったとしても、あの会社が辞められると思ったら安いものだとつぶやいた方もいます。

退職のきっかけは新型コロナというケース

退職代行サービスは、退職手続きをすべて行ってくれるサービスになります。依頼したときから、もう行きたくない会社に行く必要がなく、あとは退職する日を待つだけです。

新型コロナがきっかけ?

ある労働者の話しです。

普段は都内のオフィスで勤務しているのですが、新型コロナウイルス感染症の感染拡大でテレワークになりました。一定の時間内の仕事であり、オフィスではうまく行くこともなかなかスムーズに行かないジレンマを抱えていました。そのときに、密かにオフィスに対する不満がテレワークで噴出してしまったといいます。

少し辞めたいかな?と思っている方にとっては、テレワークと言う環境変化に戸惑っている。会社を辞めたい。できれば、テレワークが明けたときには、もうあのオフィスには行きたくないと思ってしまう。そんな声がとても多いと言います。

退職代行サービスの情報

ある退職代行サービスの話しですが、3月は毎年それほど依頼はないと言います。

ところが、今年は依頼がとても多いというのですが、その理由ではテレワークへの環境変化がとても多いと言うのです。退職のきっかけとして、環境変化が大きく背中を押すことになったといいます。

そこで、問い合わせがとても多くなって、そのまま依頼を受けることも少なくないと言います。この新型コロナがきっかけとなり、テレワークの環境変化がとても大きい退職をする決意をすると言います。

以前から退職代行依頼は増加傾向にありますが、今年になって増えて新型コロナの影響も大きいのではないか?と言います。

きっかけは人によって色々

退職は労働者にとっては自由に選択です。自分で退職したいと言い出すのは、勇気がいることになります。

そして、すんなりとうまく行かないと、その先退職できないとなんとなく居心地が悪い。上司とうまく行かない等の事情もあります。この会社は辞めたいけれど辞められるのなら良いのですが、辞められないときのことを思うと心配です。

就職先に対して退職代行で全て依頼してしまうことで、後は極端に言えば会社に行くこともなく退職ができることが多いと言います。退職したいと思ったとき、どうも自分が言っただけでは辞められそうもないときには、是非サービスの内容を確認の上で依頼してみてください。

まずは事情を聞かれることになりますが、メールや電話等で話しもできます。まずは問い合わせをしてみてから、どうぞ。

新型コロナが原因?

新型コロナがきっかけとなった。テレワークはしたくないという方もいますが、まだまだ続くのならこの仕事はできないという方もいます。

反対に、あまりにもテレワークが快適であり、もう会社に通勤はしたくない。これを機に、個人事業主として在宅ワークになろうという方もいるかもしれません。強制テレワークの実態が、うずうずとしていた退職の気持ちが大きくなることも多いかも?

退職代行はうまく行かない時もある?

退職経験がある方は、退職のときは様々な手続きがあることをしっています。正社員等では、健康保険関係では社会保険の保険証の返却。失業保険の書類、厚生年金保険の書類等があります。

会社から受け取られなくてはならないものですが、そうした手続きも退職するのならとても面倒だったりします。そんな退職の手続きを代行してくれるサービスがあります。

退職をすべて対応

例えば、既に退職したい会社があるけれど、何度も退職したいと言っても無理に引き止められる場合も多いでしょう。それは、会社では即戦力として欲しいのですが、本人としてはもう限界の場合があります。企業としては、辞めさせたくない時には無茶な要求もあります。

最近ではセクハラ、モラハラ等がきっかけとして辞めたい人も多いです。気の早い方は既に転職先を決めている方もいて、とにかく早く辞めたいとイライラしている場合もあります。

退職代行サービスでは、そんな辞めたくても辞めたい人の代わりにすべての対応をしてくれます。

会社としては

会社では、退職したいという本人ではなく、代行サービスが来たとしても対応します。そこで、無理に引き止めることはしないでしょう。すべて退職者の代弁であり、話しをすることなく単に退職のための手続きを淡々と続けるだけです。

会社では青天の霹靂ということですが、この場合は何と言われたとしても辞めたい労働者の意図を最後まで貫くことになります。

弁護士が行う場合

退職代弁サービスでは、うまく行かないこともあります。損害請求をされた、強く反対された等でサービスだけでは円満退職もできないこともあります。

そんな時には、労働問題に強い弁護士や司法書士に依頼をすることで、退職がうまくいくことが多いでしょう。企業によっては、法律がどうのと話しを持ってくることがあります。退職代行を弁護士等に依頼ができると対応は大丈夫です。法律で来るのなら法律で対応であり、詳細に話しをすることです。

中には、自分の退職が複雑な要素があることもあります。会社の損というのが、人材としてではなく別の理由だったり、面倒になってしまうこともあります。退職のケースは色々ですが、退職代行サービスでもうまく丸め込まれないことが必要でしょう。

退職代行サービスでは、退職できない時にはお金は要りませんというホームページもあります。それでは困るという時には、より確かな退職ができる代行サービスの利用がオススメです。世の中の退職代行サービスでも口コミを確認してください。費用は、3万円~5万円程度です。

退職手続きをすべて対応、代行サービスのメリット

退職手続きを代行してくれるサービスがあります。既に10年以上対応している場合もありますが、弁護士や司法書士等の法律家の依頼が確かです。

メリット

退職代行の一番のメリットは、間に代行サービスが入ることで退職がスムーズになります。これは依頼された方にとっては、事務的に行うだけです。

労働者が上司に退職願いを出した時には、うやむやになったり無理に引き止められることがあります。それは、企業にとっても大変なことになります。それはわがままではないかとの文句もありますが、代行の方が伝えたのならきちんと対応するしかないでしょう。

労働者本人とは話しができないのではないか?という点では、代行サービスで意思を伝えることになります。文句も言えない点では、この意思伝えで退職したことになります。

即日退職も行うことができます。これが、一番のメリットでしょう。辞めたい時に辞められる。辞めさせてくれることでは、会社としても従うしかないでしょう。

嫌な上司に会わなくて良い

退職代行のサービスを使う理由に、あの上司の顔をみなくても良いという点です。ここはポイントが高いです。人によっては、最後くらい挨拶をしなさいという声も聞こえそうですが、そんなこともしたくないヤツもいます。

代行では、代弁者として意思を伝えます。会わずに対応であれば、こんなに幸せなことはありません。退職代行の依頼したら、あとは何も言わずに辞められます。

事務的なこととして

例えば、有給休暇が残っている。その他の業務のことで事務的な処理についても対応しています。有給休暇などはうまく消化した上で、退職金の有無等も確認してもらえることになります。

とにかくすべての代行してくれることでは、待っているだけで退職ができます。書類では郵送対応になりますし、とにかく辞めたい時に辞められることになります。事務内容では代行サービスの方が詳しいこともあり、あとは指示にしたがってください。

即辞めたいとき。有給休暇を消化したい。とにかく、何でも良いので会社から離れたい場合もすべて対応できます。依頼して、ヒアリングを受けてからのことになります。

コロナの影響

新型コロナウイルス感染症の影響で企業としても大変な時ですが、代行サービスを使っての退職者が非常に多いと言います。

テレワークになったついでに退職したいという方も多いようです。もともと辞めたかったという場合もありますが、居づらくなったという理由もあるようです。

とにかく、退職代行サービスのことはまずは問い合わせをしてみて様子は確認してみてください。

退職代行したけれど、デメリットとは?

わざわざ退職代行サービスを使う必要がある?そんな口コミもありました。自分で言えないから依頼しているのですが、デメリットもないわけではありません。

費用がかかる

3~5万円程度がかかると言います。高いか安いかはそれぞれですが、依頼してから会社に出向く必要なくすべての手続きをしてくれます。それを考えると、代行サービスとしても当たり前の費用でしょう。

もっと安い場合もありますが、だいたい相場が決まっています。

それは法律違反?

会社によっては、なんだかんだと文句をつけることがあり、退職を邪魔してきます。会社側としては繁忙期の退職だったり、それなりにお金もかかっています。まして、代行サービスで退職という態度に私情を挟んでくることも。訴えてやるという上司もいると言います。

そこで、面倒な会社や顧問弁護士がでてきそうなら、こちらも弁護士などに依頼をしましょう。法律違反というのなら、退職したい労働者を縛るのも法律違反です。

退職代行サービスでは弁護士も対応していますが、きちんと理由を話して交渉をしてくれます。法律違反だなんて言わせないというのが、代行サービスとしての維持です。

引き継ぎについて

1つだけ、代行サービスでは困難なことがあります。それが業務等の引き継ぎです。部下がいたり同僚に対しての引き継ぎがある時には、事前に対応してください。この部分だけは、完璧に代行は難しいです。

また、勤務先の機密内容はすべて口外は厳禁です。自分が嫌で退職はしますが、秘密等は守ってください。できれば、経験だけは自分のものにできますが、あとのことは知らない、忘れたというのが理想です。

退職代行サービスを使うのは、決して円満退職ではありません。会社にしこりを残してしまうことだけは心してください。

何度も退職したいと言った

しかし、何度も何度も退職したいと申しでたのにも対応しない時には、退職代行サービスの利用がオススメです。無事に退職できたなら、それはそれで縁切りです。面倒なことなく、互いに忘れましょうという関係です。嫌な会社ですが、手続きはしなくてはならないです。

ただし、退職したのですから恨むのは辞めましょう。そして、早く新天地に転職先を見つけて、できれば二度と退職代行サービスを使わない職場環境に行くことです。それが、高い費用を払ってでも代行サービスの使い出があるというものです。

多くの方の利用がありますが、辞められて良かったという声が多いでしょう。トラブルなくというのが、退職代行サービスの最大の利点です。