息子をブラックにしたい親なんてこの世にはいませんよね。しかし、息子名義のカードローンやクレジットカードなどで事故が起これば、必ずブラックとなるでしょう。何故ならば、その大半が借金返済が困難になった場合に債務整理をするからです。

元々債務整理なんて無縁と思っていたら、或る日息子の多重債務を知って即刻債務整理しなければいけなくなるでしょう。そうしたら、息子がブラックになるのも時間の問題だと思います。息子も大人になれば、ある程度お金が借りたいと思う事も多くなるでしょうし、外交が増えれば出費もかさむというものです。

そんな時に、カードローンやクレジット会社へ申し込みをして絶対にキャッシングしたり分割ローンを利用するでしょう。親の目が全部行き届く事なんて早々ないので、一人暮らしの息子であれば、知らずうちに借金が肥大化している可能性も高いと言えます。結局、息子が任意整理や自己破産などで債務整理をしてしまえば、ブラックの息子の出来上がりです。

恐らく、今の息子が多重債務であれば、ブラックにならない方法を取る事は難しいでしょう。余程返済していけるとか完済出来るとかでない限り、遅かれ早かれブラックになってしまうからです。しかしながら、ブラックでも収入があれば別のキャッシング方法ならあるので、生活費に困った時にお金が借りれないとまで心配する必要はないと思います。

もしも、自分の息子がブラックになっても一生会わないなんて思わないようにしてあげて下さい。ブラックになっても息子は息子ですからね。いくら世間の恥だと思っていても、世界にたった一人の息子ですので、ブラックの息子でも受け入れてあげるようにしましょう。

今後のローン審査に通らないとか、ブラックで大手カードローン利用出来ないなどの不利な点は増えますが、息子はいつまでも息子です。それにブラックも時効が来れば消えるので、それまで辛抱と思いましょう。どちらにせよ多重債務であれば、ブラックになってでも債務整理をした方が息子の為でもあります。