多重債務の息子のカード

親の優しさが時に息子を甘やかしてしまい、それが大人になってから仇となる事もあるでしょう。何でも買い与えていた親ならば、後に反省する事も出てくる事だと思いますし、その失敗する原因に『カード』があります。

息子の金銭感覚が養われていない場合、カードローンなどでお金を借りてもすぐに使ってしまい、又すぐに借りるという事になるでしょう。これでは、見る見るうちに借金が増えて多重債務になってしまう結末となります。

親であれば利用停止命令も息子に告げる事は出来そうですが、息子に甘い親だとこれがなかなか言うに言えないなんてこともあると思います。しかし、尚も息子がお金が足りないと思えば、どんどんお金を請求したりキャッシングしてしまうかもしれません。これでは、息子のカードブラックも近い将来という事になってくるでしょう。

本当に息子を思う親なのであれば、まずカードローンの借入をストップするようにして下さい。それが出来ないと言われても厳しく怒って下さい。

そして、現状の借金は親が肩代わりするのではなくて、債務整理で任意整理又は自己破産などで検討するように息子を説得しましょう。いくら自分の子供とは言えど、現実は受け止めなければいけませんし、今から借金が返せないともなれば早めに対処してあげるのも親心だと思います。

支払いがこれ以上苦しくならないように、カードローンやクレジット会社には迷惑をかける事となりますが、弁護士へ一度相談するように息子さんと話しておきましょう。