フリーターの自己破産は大変有利

フリーターの方で借金を多く抱えている人が弁護士に相談した所、こんな言葉を言われたそうです。「無職の人は破産をしても何も失うものがないから有利」

確かに考えてみれば、本来であれば破産によって財産や家などを手放すわけなのですが、働いてもいない場合に財産や手放すものが何一つ無い人は、ある意味無敵なのかもしれません。

フリーターの方が、実際自己破産を相談して借金だけがチャラになって良かったという意見も多々あります。現に、家庭があって持ち家がある場合、それはそれは大変損害が見受けられますが、ニートの立場の人の破産に関しては弁護士もある意味苦笑いをしながら説明する程なのです。

なので、もしフリーターの方で借金地獄だと苦しんでいる方がおられましたら、早めに自己破産手続きを取っちゃいましょう。事は思いのほか早く進んで、弁護士が督促から何までストップしてくれますので、支払い請求がポストに届いたりご請求の連絡が多発する事も無くなります。

今後においては、カードブラックなどで一般の大手消費者金融からお金が借りられなかったり、官報に載ってしまったり、贅沢暮らしなども10年にかけて不可能とはなりますが、意外とアルバイトで地道に稼いで頑張っていたり、毎日が借金地獄から開放されて楽しいと言って生きている人が多々いらっしゃいます。フリーターの借金地獄は破産で一発解決するに限るでしょう。