誰かに無理やり借金をさせられてしまう。そう話す限りでは、借金は自分から起こす行為です。返済ができると判断して、消費者金融や銀行カードローンなどから借りてしまって、ある時から返済できないことで苦しむ。しかし、そうした事態を起こしたのは自分であり、どうしようもないけれど返済し続けることが必要となります。もしできないのなら、債務整理をしたら良いことです。

ところが、この事務的な行動ができない方がいます。催促の電話が来たり、返しなさいと言われることで極度なストレスと感じてしまい、返したいけれど返せなくなってしまったんですと叫ぶ。こう言われたとしても、はいそうですかと言うしかありませんが、返済できないことでパニックになってしまう方も実際にいるのです。

端から見ると自分勝手な行動ですが、本人は本気です。返せないときはどうしたらいいんですか?そんな冷静なこともなく、消費者金融では返済してくれなくては困ると言い続けるだけです。

ある方は、この時の精神状態は普通ではない場合があります。借金が返済できないのも自分が悪いのですが、返済できなくなったことで精神の神経回路が一部壊れてしまい、返しなさいの言葉が脅迫に聞こえてしまうのです。

もし、現在多重債務で、取立の状態でこの方法を使おうと言うのはダメですが、本当に病気になってしまう方もいるのです。では、何百万と言う借金かというと、10万円程度であってもパニックになったら抑え切れなくなってしまい、自分はダメなんだと自らを自殺に追い込こんでしまう方も居ます。

しかし、このような方はヘルプを出すわけではなく、悶々と日々を送り、最終的には親などが返済をするケースになります。借金が精神的異常をきたすのはどうかと思うところですが、メンタルが本当に弱い方はこうしたことでもくじけてしまうようです。

私は責められるだけで、だれも何もしてくれない。どうしてもこのままではダメと思うだけで引きこもり、やがては鬱病を引き起こす、リストカットを繰り返す。まだ、あと10万円借りたいと、あちこちの消費者金融の審査落ちで参ったと言っている方の方が健康的です。

いずれにしても、作った借金は鬱病であったとしても返済をしなければならないのです。メンタル掲示板などでもどうしようという悩みを打ち明けていますが、親切に債務整理を勧める方も少なくありません。

それに従う事ができるか本人次第ですが、一番困るのは消費者金融です。審査内容で精神的に弱さありという項目がないので、このようなことで返済ができなくなってしまうのは、かえって不本意なようです。