まとめローンは茨の道?

まとめローンは、多重債務を解消するためにはとても良い借金といえます。

この目的としては、利息を安くすることができることと、1つの借金になることで精神的にも返済が楽になります。ただし、審査は厳しく、多重債務解消ですが、たいてい2社までの借金にだけ有効です。また、多額な借金で収入が少ないと、審査は通りません。

消費者金融などの利用限度額は、年収の3分の一の総量規制限度内です。まとめローンはそれ以上の金額が有効ですが、それは銀行が返済能力を見る上で、新たなまとめローンをした時の返済能力を厳しく判定します、ですから、今の時点で多重債務そのものの返済がやっと行っている、収入がとても少ない方の場合はまとめローンができないことになります。

また、審査の内容で具体的な公開はしていないものの多重債務だけではなく、過去に滞納や遅延の返済事故が存在しているだけで、審査は通らないとされています。これは当然のことで、多重債務解消のための多額の貸付で滞納されるようであれば、金融機関も簡単には貸してくれないことになります。よって、多重債務そのものはかなり罪なことと言えるかもしれません。

多重債務の中には、1つの消費者金融の返済のために別の消費者金融からの借り入れをしている方も少なくありません。これは、とんでもない悪のスパイラルであり、それに気がつかないで多重債務になっている場合も少なくありません。