金がないのは理由にならない

お金がないのは自分だけではありません。生活が苦しくなって、借金返済に追われているときには、他人の振る舞いに嫌悪感があります。あんたにはそんなに高い肉が買えるんだとか、子供たちにも贅沢することができるんだけど、今の私にはできないと。とても惨めで、働いても返済している自分が馬鹿らしくなってしまうこともあります。

しかし、高いお肉を買っている方は久しぶりかもしれませんし、住宅ローンがあと1000万円以上抱えている人かもしれません。今、銀行で消費者金融の今月分の返済をしてきた人だったりと、他人の経済状態を知ることは出来ません。ただ、少なくとも今の時代はカードや借金をしていない人の方が少なく、お金がたくさんあって十分な生活に満足している方の方が少ないのです。

お金がなくて苦しいと言っている方の中で、今までのお金の使い方はどうでしたか?と聞いた時、とんでもない悪い使い方をしてきた方も多いです。そんな使い方なら返済ができないよ、ギャンブルはやめておいたほうが良いと指摘したい方も。

あーあ、こんなに大変なのにと思っているのに、どうしてまた消費者金融から借りてしまう?好きで借金を作ってしまう方の傾向で、返済できなくても堂々としている方も少なくありません。

いやいや200万円も借金があってね、と明るく言う方は良いのですが、どうしたら良いか本気で悩んでいると暗い方もいます。他人にしてみればあっそう?です。あえて言うのなら、弁護士にでも相談してみたら、くらいです。

200万円の借金、なんとかなるでしょうと言いながら、返済しているんだから逃げているのか、たくましく生きている方は見ていて危なっかしいのですが、なんとか危機を脱しそうです。しかし、苦しいだのなんだの言う方は、解決法を見つけなければならないのです。

そして、何も言わず、たくさんの借金を抱えてしまう。黙って、優しく微笑んで、ある時失踪。その後、自殺していることが発見されてしまうこともありますが、その後始末が大変です。家族がいれば、全て返済しなければならないですし、なんで死んだのよと悲しむのではなく、こんなに借金してバカだよと責めたててしまうケースもあります。

作った借金は必ず返す。お金がなくて苦しいのはみんなもそうです。返済できないのなら債務整理をするとか、金融機関に直接説明をするだけです。病気になってしまってと言う方であっても、役所などで相談をして、大人なら作った借金の責任はきちんと最後まで取らなくてはならないのが社会の常識です。