個人間融資で助かった人って本当にいるの?

お金を借りたいけれど、借りられない。消費者金融でも銀行カードローンでも、審査に通るとお金を借りることができます。しかし、審査が通らないことになると、1円も借りることができない状態になってしまいます。そこで「お金貸して、助けて」という叫びを上げている人は結構います。

多重債務や無収入、消費者金融などの金融機関で審査落ちになってしまうなど、これは心当たりのある方です。何度も申し込みをしても審査が通らない。それは信用情報がダメだからなのですが、それでもなんとかしたい人が行先として、最近は個人間融資がクローズアップされています。

金融業者がだめなら個人にお願いという展開ですが、借りたい人がいれば貸したい人もいるという個人間融資が何故か成立してしまう掲示板があります。ここでは、◯◯貸してほしいという書き込みに対して、◯◯貸してあげますよという方と連絡を取り合い、実際にお金のやり取りをしてしまうというものです。

意外なことに、貸してあげますよと言う方が実際に存在している事実です。しかしながら、カードローンでもありませんので、キャッシングに必要な審査もないですから、審査落ちは貸してくれる相手が決めることです。

信頼関係は後から作るという無謀な金銭授受となるのが、個人間融資です。ですので、個人間融資に関しての安全性はだれも保証してくれません。申込をした時点で、あとは全て自己責任になります。

ここを利用する方は、生活費程度の数万円から数十万円の融資を申し込む方が多いですが、ブラックリストになっている方がとても多いです。実際に口座番号の交換で成立する取引きになっていますが、審査がないことから数万円でも助けてくれる方には神的な存在といえます。

しかし、トラブルもあります。個人間融資だけど、ヤミ金業者が存在していたり、借りたい方も貸倒しで返済しない、犯罪に普通口座が悪用されてしまったり、お金助けてではなく身の上で助けてと警察に駆け込む方も跡を絶ちません。この場合、被害届が受理されないこともあったり、架空口座に悪用された場合は無実の罪になってしまう方もいます。

個人間融資では借りられる保証もありませんが、返済の保証も語ることができません。全て自己判断、自己責任になりますが、もし良心的な貸したい人に出会うことができれば、それはラッキーですが、そんな方はほんのわずかなようです。