病気で借金、解決法はたくさんある

お金がない理由の一つに病気があります。人工透析や抗がん剤などの高額な治療を続けていると、貯金も全て使い果たし、消費者金融からの借入れをしてでも治療を行う場合があります。生命との引き換えですが、借金を保ちながらの治療で不安になってしまう方も多いです。このような状態はいつまでも続くことはないのです。

苦しい状態は続き、治療を止めると死と直結してしまうことです。しかし、借金が減少することなく、情けも容赦もありません。社会では、このような方を生活弱者という場合があります。お金がないことで、満足な治療は受けられない、絶望しかない。高額療養費制度を利用している場合は、その範囲内の治療を続けるしかないです。

その治療代もないということになると、自治体などに相談になりますが、保険が効かない高度な治療を受けることができないのは確かです。抗がん剤などは、1回1万円以上かかってしまうこともありますが、日々の治療代も出せない、それすら消費者金融で賄っている方にとっては、無理のある話です。

また、限度額適用認定書があると、一定の治療代までは受けることができます。収入が少ない方が治療で借金をするようなことがないようにしなければならない、治療がかさめば収入を増やさなければならないことに。悪循環の中から生まれるものは、お金がない苦しみだけです。治療代は、だれも払ってくれません、治療に限界を感じると、苦しいだけです。

しかし、実際には医師から勧められるまま治療を重ね、多重債務になってしまう方もいますが、返済ができない事になった場合は弁護士に相談してみましょう。個人再生の債務整理です。自身の状態を全て話した上で、治療代の債務整理の可能性を引き出します。自分だけではなく、親の病気の治療代も同様に債務整理ができます。

お金がないから治療ができないと言うのは悲しいことです。極端な高度治療はではないかもしれませんが、ある程度限界に近い状態までの治療は続けることができます。

そして、本当に困ったときには弁護士に相談、債務整理をすることも考慮してください。お金がないけれど、相談できる方に話しをすることで、解決できることは多くあります。悲観的、自暴自棄にならないことです。きちんと生活をした上で、安心して治療を受けさせる事ができる環境にすることです。