多重債務は債務整理で解決 離婚はその後

多重債務の夫の借金の内容では、離婚はありです。ただし、そう簡単にいかない事情は夫婦であるのかもしれません。

ある嫁ブログでは、お財布を完全に別にして、夫は小遣い制、勝手に作った借金はその中から完済させたとあります。ただし、不審感は募るばかりで、愛情はないけれど扶養に入っている以上、退職まで夫婦としていて、その後年金の支給額が決定して離婚をするということです。

多重債務の額にもよりますが、お金を借りた原因が許せないものであったとしても、今離婚をしたら妻の立場が不利になる、計算高いと言われたらそれまでですが、このような夫婦は結構多いのです。

一方、お買い物が好きな妻の多重債務もあります。ギャンブルではなくお買い物。両方ともに依存症になってしまったら、とんでもない多重債務になるのは時間の問題です。簡単に離婚と行けば良いかもしれませんが、話し合いを続けてもうしないと言いながらも闇金までにも手をつける。

正規消費者金融などの多重債務は家族に影響はほとんどありませんが、闇金は別です。取り立ては家族に及び、会社まで飛び火する事態になります。こうなると、弁護士に依頼をするのが正当なやり方ですが、離婚も当然話には出てきます。夫にしても妻にしても、なかなか離婚に踏み切れない多重債務の問題です。

借金といえば、住宅ローンなども含めてたいていの家で持っているものです。うまく返済ができれば良いことですが、夫婦の共同のものではなく、どちらか一方だけの借金である場合が離婚問題に発展してしまうのです。3000万円の住宅ローンで離婚することがないのですが、100万円のギャンブルで作った借金では簡単に許すことができないことです。

しかし、現在多くの多重債務者がいますが、債務整理をすることで解決はできます。離婚はいつでもできることですが、多重債務からの債務整理と言うのはなかなか決意がいるもので、それによって立ち直ることができるのなら、いつでもできる離婚は先送りにするのも良いかもしれません。

夫や妻が多重債務になった場合の弁護士の無料相談もできます。私ではないのですが、どうしたら良いでしょう?と相談をすることで、より良い夫婦関係を築き上げていくことも一つの方法です。お金がない事でお互いを知る事ができることもあります。