多重債務って何?

多重債務は、複数からの借金があることを言います。大変なこととは言え、返済がうまくいっていれば問題ありません。

悪い意味で使用されることが多いのですが、自動車ローンと住宅ローンを抱えている方も多重債務といえます。よく問題になるのは、返済が太刀打ちいかなくなった方を対象にすることが多いです。多重債務の方を借金癖があるという方もいますが、これも納得です。

一回の借金で、資金が足りなくなってしまうと、他の消費者金融に頼る行動を繰り返すうちに、いつの間にか多重債務になっていることも多いです。それでも返済の目処がある場合は良いのですが、自転車操業的な借入を繰り返す方が多いのも確かです。

現在は、裁量規制を敷いていて、年収の3分の1以上の借入は出来ません。信用情報があり、自分の現在の債務も他の消費者金融などに知られることがあります。限度いっぱい借りることも可能ですが、これが一社なら普通の債務者であり、複数あれば多重債務者と言う区分けです。

そして、自転車操業的な借り方をしている多重債務者は借入金を移し替えているだけで、借金が減っていないことに気がついていな方も多いです。返済ができなくなって初めて自分のやってきたことに気がつくのですが、返済が出来ている場合にその事実に気が付かず、借金を増額させている方も多いです。

そうした、多重債務者が行うことは、今一度自分の借金額の確認をすることですが、それすらも出来ないほど膨れ上がっている方も多いのではないでしょうか?