既に多重債務者は新規申込しないほうが良い

大手消費者金融カードローンは多重債務ができます。大手消費者金融と銀行カードローン、クレジットカードのキャッシング枠の借入も同時で行う事ができます。

この場合、大手消費者金融カードローンとクレジットカードのキャッシング枠は同じ総量規制範囲内です。しかし、多重債務としては3社になります。

総量規制範囲内だけで判断をする事も

銀行カードローンの分は総量規制対象外になります。これは総量規制の年収3分の一には含まれない特別なキャッシングになります。年収3分の一は、貸金業法の範囲内の借入になります。それでも、個人信用情報機関では3社の多重債務者として審査されることになります。

しかし、申し込み先が消費者金融であれば、総量規制範囲内のキャッシングができる事があります。銀行カードローンでは、これだけの借入している場合は、新規申し込みでは審査落ちかもしれません。

ですが、既に銀行カードローンの審査が完了している場合は、限度額範囲内の借入ができることでしょう。既に借入の審査が済んでいるときには、限度額までのキャッシングができるということです。

多重債務者だけど借りたいと言うのは

新規キャッシングが困難であるだけで、返済を順調にしているのなら、それぞれの限度額の借入ができるでしょう。信用情報で特別金融事故がないのであれば、大手消費者金融も銀行カードローン、クレジットカードのキャッシングもそのまま借入ができます。

ただし、新規のキャッシングはしないほうが良いでしょう。金融機関では、新規の申し込み以外であれば、順調に返済をしているのであれば、新規以外ではそんなにうるさいことは言わないでしょう。

ポイントとしては、返済だけをきちんと行うだけです。普通に支払いができているのなら、金融業者はそのまま返済を待つだけです。カード会社などは限度額をはみ出さない場合のみ借りれる事です。新規だけは申し込みはしないことです。

限度額範囲内だけど借りられなかった

多重債務者で限度額が余っているのにATMの借入ができなかった。消費者金融とクレジットカードのキャッシング枠は同じ限度額です。

そこで、それぞれの限度額で総量規制に達してしまっている場合があります。または、連続して借りすぎ注意のときには、一時的に借入をストップしてしまう場合があります。他の返済を順調に行っていれば、借りれるようになります。

ここでは、現在多重債務者なら、新規の申し込みはしないことです。それぞれの限度額まで借りておくことです。1社でたくさん借りるのと多重債務者であちこち借入している方は、多重債務者の方が分が悪いです。できれば、借入件数は増やさない方が良いでしょう。

限界の多重債務者になるためにできる事

多重債務とは、あちこちからお金を借りている場合です。

プロミスとアコム、モビットのカードローンを使っている。楽天銀行スーパーローンとアイフルの借入をしている。クレジットカードのキャッシング枠で借入もしている。とにかく、金融機関、金融業者で複数の借入している方は多重債務者になります。

その他の借金

住宅ローン、カーローン、教育ローンは多重債務には入らないです。貸金業法の借入では、こうした目的ローンは関係しません。あくまでも現金を借りた場合にキャッシングの多重債務者になります。

現在、多重債務者でも返済ができる範囲内では、簡単に申し込みも契約ができます。それは、少額融資だけを受けているからです。それぞれに限度額がありますが、キャッシングだけの計算です。

ですから、普通にクレジットカードのショッピング枠で毎月ある程度の返済をしているとしてもキャッシングができます。住宅ローン、カーローンで高い返済をしていても、初めての大手消費者金融カードローン等もキャッシングの審査通過ができます。

個人信用情報機関の審査

現在3つの個人信用情報機関がありますが、キャッシング、各種ローン、クレジットカードの情報の違いがあります。もちろん大手消費者金融などではすべての借入内容を見ますが、中小消費者金融などではキャッシングの情報しか信用情報で確認はしない場合があります。

また、総量規制で借入がないと、消費者金融などでは返済可能な金額の借入ができます。要するに、多重債務者とはキャッシングの部分だけと確認して良いでしょう。

金融業者によって違う

消費者金融だけは貸金業法の範疇で、総量規制という年収3分の一の範囲内とされています。総量規制は、大手消費者金融、中小消費者金融、クレジットカードのキャッシングです。その範囲が、300万円の年収の方は100万円と決まっています。

銀行カードローンは総量規制対象外となっています。また、借入件数の限度としては、大手消費者金融カードローンでは2、3社。中小消費者金融では、4社までとなっています。この数字で行けば、大手消費者金融で3社の多重債務者でも中小消費者金融に行けば、あと1社の借入件数の余裕があります。

このとき、総量規制範囲内であれば、4社までの多重債務者になることができるということです。3社目の申し込みでは、大手消費者金融より中小消費者金融が良いでしょう。その方が審査通過しやすいとされていますが、信用情報的にも中小消費者金融では柔軟な対応と言われています。

総量規制範囲内であれば、延滞遅滞の金融事故がないと借りれるとの口コミが多いです。あくまでも返済能力を試されるので、審査次第ということですが。

多重債務で借りたい時に考えること

多重債務者でまだお金を借りたい時には、中小消費者金融の選択が良いでしょう。大手消費者金融とは違う金融業者です。

ネームバリューはないけれど

中小消費者金融と聞いてわかっている方は、柔軟審査で大手消費者金融審査落ちでも借りれると知っている方です。もともと審査基準が違うので、大手消費者金融で借りられない方も中小消費者金融では借りる事ができます。ですから、多重債務になっている場合も、中小消費者金融に申し込みした方が借りやすい事になります。

個人信用情報では、既に多重債務になっている場合、大手消費者金融ではこれ以上借りたとしたら、返済ができない状態を予想します。本当は、完済ができると意思表示したとしても、過去の信用情報、これからの予想として審査落ちにしてしまいます。これが、大手消費者金融の多重債務では2社か3社と曖昧な表現になる点です。

問題は、既に多重債務の部分の借入金だったり、完済予定などです。少ない金額であれば借りれる場合があります。中小消費者金融ではネームバリューがありませんが、きちんとした審査をしますので、安心して申し込みができます。2社の多重債務者は3社目の選択としては、中小消費者金融の選択が賢いです。

大手消費者金融のありがちな多重債務

それが、30日間無利息キャッシングを狙うことです。一部の大手消費者金融では、初回の申し込みだけ30日間無利息で借りれます。審査次第ですが、次々に無利息キャッシングしてしまうと、簡単に3社程度の多重債務になります。

借入金が少ないとたいした影響はありませんが、個人信用情報上では多重債務です。この多重債務では、借り癖があるとして要注意人物になってしまうので、できれば完済してからの申し込みがオススメです。

もっと言うのなら、いちいち解約をすると、個人信用情報では、解約してしまうと多重債務にはならないようです。使わない大手消費者金融カードローンはいちいち解約してしまうのが、多重債務を回避することができます。

無利息期間キャッシング狙いの借入では、思わず多重債務者となってしまうことがあります。完済して、次の無利息期間キャッシングの時には、解約してしまう事で、信用情報には良い記録になります。

ちなみに、柔軟審査の中小消費者金融にも無利息期間キャッシングができます。こちらも初回だけのサービスであり、多重債務になってしまい、大手消費者金融の審査落ちでは利用を検討してみて下さい。普通の消費者金融で無利息ですが、ブラックリストでも借りれることが予想されます。

多重債務者は即債務整理した方が良いかも?

中小消費者金融では、4社までの多重債務ができます。これは総量規制範囲内ですが、金融業者としては柔軟審査で対応しています。

口コミだけではなく、中小消費者金融の中では4社の多重債務でもOKとあります。それが、いつの間にか中小消費者金融の借入件数の目安になっています。

大手消費者金融3社でも申し込みができる

4社目として中小消費者金融を選択することができます。この時に総量規制範囲内であることが原則です。

中小消費者金融では、初回のキャッシングでは50万円の限度額になっています。ですから、数万円の借入ならできることが多いと言います。中小消費者金融では、こうした柔軟審査になりますので、ブラックリストでも借りれると言われています。

ブラックリストでも借りれる

もし、多重債務者の中に任意整理をしている場合でも借りれるでしょうか?任意整理は、元金だけの返済で利息はカットされた減額された債務整理になります。

ブラックリストで借りれる中小消費者金融なら、任意整理中でも借りれるでしょう。その審査では、任意整理で完済(たいてい3年間)した後1年程度で借りれるとされています。

大手消費者金融では、5年以上は審査落ちです。しかし、最近では任意整理完済直後、返済中でも借りれることがあります。中小消費者金融では、任意整理中も一つの債務になることがあります。ブラックリストでも借りれることでは、債務整理している場合もキャッシングができます。同じく個人再生中の返済も対応は同じです。

大手消費者金融の一部債務整理したとしても

任意整理、個人再生の返済中でも多重債務として借入ができる事があります。完済でしか借りれる審査のところもありますが、必ず確認をして下さい。債務整理返済中の審査通過ができるので、多重債務者でも内容を検討して下さい。

多重債務が最初にすること

それが、全体の返済額を小さくするための債務整理です。それでも資金調達したい時には、中小消費者金融に行くことです。

任意整理後でも借りれる、返済中でもOKという場合には申し込みができます。正直に任意整理中での多重債務の信用情報ですが、金融業者が問題がないのなら、債務整理中だけど多重債務者を持続することができます。

自己破産ならもっと問題はない

中小消費者金融としては、多重債務者より自己破産者の方が審査は通りやすいです。それは、過去の金融事故ではなく、これから返済リスクが低くなることの信頼です。自己破産はしたけれど、これからの返済がきちんとできるのなら、債務整理者でも借入ができます。

今多重債務者として、少額の借入で返済が大変になるより、先に債務整理をした方が良いでしょう。債務が少ないと借入できる金額も上ります。

中小消費者金融では4件までは借りれるらしい

多重債務の信用情報が金融業者の審査の時に影響が出るのは、返済リスクが高い点です。またはあちこちに借入していることで、自転車操業状態になっていることの懸念です。

大手消費者金融、銀行カードローンでは審査落ちやすい

それは、審査をコンピュータースコアリングシステムで行うからです。その時に、データで返済リスクを計算してしまうので、完済ができると踏んでいても、審査落ちになります。

そこで、大手消費者金融では多重債務には難しい審査になります。大手消費者金融カードローンでは、簡単にスコアリングシステムで対応してしまうので、ちょっとまずい借り方と返し方には敏感に反応してしまいます。

その敏感反応が住宅ローン等の多額の借入審査です。データで借入ができない数字の設定をしています。申込者の信用情報で、微細な金融事故があるとしてたら、キャッシングができないとなります。

大手消費者金融カードローン審査落ちはこうした内容になります。簡単に危ない橋を渡ることになり、審査落ちは簡単です。現在大手消費者金融カードローンの審査通過率は50%未満です。

中小消費者金融に行ってみる

中小消費者金融も確かにコンピュータースコアリングシステムで判定しますが、自己申告で金融事故があることを承知しています。それがあるとしても借入ができる審査基準です。

そこで、担当者と話しをすることで、大手消費者金融とは違う2段階の審査をします。任意整理をしたけれど、今はこうして返すことができる。借入件数は多いけれど、安定収入から返す計画がある。担当者では金融事故の内容ばかりではなく、生活費や会社の話し等で返済ができる能力を探ってくれます。

大手消費者金融にはない審査になっていて、返済ができるブラックリストとして借入ができることがあります。

ブラック対応の中小消費者金融

中小消費者金融では金融事故があるとしても借入ができますが、信用情報での内容が悪いとしても返済ができる範囲内の多重債務者ができます。多重債務者のキャッシングとしては、中小消費者金融が審査に通りやすいでしょう。

審査通過率は70%近いのですが、30%は審査落ちです。どうしても返済能力がないと借入ができないのですが、審査が通るとしたら少額融資の希望で完済することができることで、審査通過になります。中小消費者金融の情報はたくさんの借入ができる金融業者が紹介されています。口コミが豊富である金融業者の申込をしてみて下さい。