お金がない、助けてと言うべき相手は?

お金がないと嘆く方にはさまざまな事情があります。

一番大変なのは、ブラックと言われる方たちです。消費者金融や銀行カードローンなどが使えるうちは、返済しながらでも借り入れができますが、そこで断られ、街金などでも借入れができないとなると、どうしようもなくなってしまいます。電気やガス、水道などは我慢するとしても家賃が払えない、携帯代の支払いができなくなってしまうことで行き場もなくなります。

こうした方については、自治体では生活困窮者自立支援制度などがあり、生活の立て直しなどの指導や生活保護申請もありますが、それも面倒な事です。じゃ、もっと働けば良い、そんな方も多いです。

借金返済ができなくなった原因は、ホストに通いすぎた、パチンコ狂い、ショッピングのしすぎなどの遊興費などです。そのような場合、借金の動機があまりにも短絡過ぎて、じゃそれらを辞めたら良いだけの話しですが、なかなかできずにダラダラとしてしまう方も少なくありません。

お金がない、融資先もない方がまず行うのは、債務整理です。借金がある場合は、それをキレイにすることで、借金をしない生活をしていくことです。生活保護の給付金などは借金返済に使用できないので、まずはキレイな生活をしてくいことが前提になります。

金融相談などは、自治体だけではなく弁護士も無料で行っているところは多いですが、じゃあ、債務整理というだけではなく、一体今どのような状態になっているかを再確認されることです。いちいち面倒なことを言われるのはイヤだから、手っ取り早くお金を借りられる方法はないかな?と探してしまう方もいます。

個人の金銭授受の方法のサイトや掲示板もありますが、支援者は無料でお金を差し出すわけではなく、返済をしなくてはならないことが多いです。それも金利の保証もなく、高金利や詐欺者も多く存在しています。そして、闇金などが横行していて、生活困窮者に優しい言葉で近づいてきて、お金を搾り取られるケースが増えています。

いよいよ詐欺となると警察や弁護士にお世話になることですが、それにしてもその借金整理や生活の立て直しをしなくてはならないことになりますし、間違いなく家族には多大な迷惑をかけることになります。

要するに、誰にも迷惑をかけずに、きちんとした生活をしていくのはどうしたら良いかなどを真剣に考える時なのです。安易に人からお金を借りようと思わないことです。