借金で鬱になりました。だから、何?

借金を苦に自殺をする方は年々増加しています。自殺する方の中で、生きている間の苦しみから逃れるために本当に死を選ぶ方は、ある意味勇気のある人です。たいていの方は死の恐怖に絶えきれず、自殺未遂になってしまう方が断然多いです。その後、精神的に参ってしまって、鬱になってしまう方も少なくありません。

借金が原因の鬱病です。精神の障害者とされる鬱が借金の場合、返済の形で解決しなければならないのですが、そうなる前にやってほしいことがあります。借金を作り、自殺したい原因が返済ができない、闇金に手を出して返済がとても大変だとします。

この2つは弁護士に相談することで解決することがあります。1つは債務整理であり、1つは闇金専用の弁護士の利用です。最近は、CMやバナーなどでも債務整理の情報は多いですが、返済できない人への救済策として適切な方法です。

そんなことをアクティブにできればいいんだけど。それは逃げです。結局、面倒なことから逃げたい、そんなことはできないと思ってしまうことで、私は借金が多く返済もできない、あーあ死んでしまおうか、でもできないしどうしようと落ち込み、鬱になっていくことが良く見られます。

鬱になったとしても借金返済から逃れる事はできません。そのまま放っておいたとしても解決もできません。私は鬱と自覚がある方でも、借金問題は自分から解決していかなければならないのです。キャッシング先である消費者金融は請求をしてきますし、病気ですからと逃げることも出来ないのです。

こうなった場合には、信頼できる家族などに相談をした上、医師などに借金のことを全て話しをすることです。解決法はひとつではないのですが、とりあえず、どうしたら良いかの道筋は出来ます。鬱だからは理由ではなく、借金問題は解決してから鬱の治療してくことです。

もし、今死のうと思っている方がいるとしたら、できるのならしてみたら?ということです。たいていの方は、寸前で命が惜しくなって、生きようと自殺未遂で終わります。その時がリスタートです。生きるための債務整理、借金をキレイにすることを考えましょう。だれも助けてくれないのではなく、自ら助けを求めないその態度が大きな問題なのです。