残業代請求の退職前のリスクはとても大きい

残業代請求とは、本来もらうべき残業代の取り損ないを改めて企業側に請求するものです。
本来、弁護士に相談とか退職後の対応では、企業側の意図等を崩すために証拠品を揃え請求します。
時には、労働審判、訴訟に発展することもあります。

退職後に残業代請求が多い理由

想像がつくと思いますが、経営者としては、残業代請求行為自体が面白くない行動です。
これが、弁護士の有無がないとしても、労働者側の不平不満の中でお金に関する内容は関係に亀裂が入りやすいです。

退職前の残業代請求は、なにかとリスクが多いようです。
ですから、退職後の残業代請求をすることで、辞めたのだから何をしても良い、何を言われても良いという開き直る事ができます。

会社からの嫌がらせ

不当な対応ですが、これが現実です。
会社としては、残業代請求の事実を隠したい場合もあり、次々と残業代請求されることを恐れている場合があります。
ブラック企業の内容ですが、退職前の残業代請求に関しては、会社の態度が変化してしまう場合もあります。

たとえ労働基準監督署の指導勧告だとしても

残業代請求が弁護士を使った内容ではなく、労働基準監督署の指導勧告程度だとしても経営者としてはあまり良い印象はないでしょう。
要するに、従業員には楯突くな、残業代をごまかしているわけではないと言いたいのは確かです。

労働基準法に反している場合は、黙っている必要はありません。
しかし、退職前の残業代請求では高いリスクが伴うことが多く、簡単に請求受けたとしても、その後の反動が怖いのも確かです。

理想的な請求

それは、退職後の残業代請求ですが、退職前に証拠を集めることです。
タイムカード、勤怠記録、その他パソコンのログオンログオフ記録等です。
この時に自分ですべてを行うとしたら、周到な準備も必要です。
手順としては、できるだけ多くの証拠品を集めて、退職後に残業代請求を行うことです。

転職先に言われる?

例えば、残業代請求の事実を転職先に伝えたとします。この行為は法律違反です。
また、転職先としたら、こんな陰口を言ってくる会社のイメージがガタ落ちです。せいぜいジタバタと腹を立てる程度です。
ということで、退職後の残業代請求にしても良い印象はなく、好き勝手なことを言われることでしょう。

しかし、そんなことは無関係です。
言われるのがリスクというのなら、最初から残業代請求はしないことです。
会社としては、面白くないのは当然のことなのですから。

残業代請求からの損害賠償請求はおかしい 

完全に会社側の対応がおかしいケースもあります。

弁護士を通じて、または自分が残業代請求をしたとします。
タイムカードなどで明らかに、残業代の支払ができていない場合があります。
また、管理職だから残業代が出ないと勝手な言い訳も存在しています。

就業規則を確認すると

そんなことはどこにもありません。労務管理、労働基準法にも抵触している場合があります。
専門知識が多いので残業代請求は、弁護士に相談してしかるべき対応をしてもらいましょう。

会社側エゴが実は法律違反

例えば、残業代請求した方が、そのことを盾に損害賠償請求を受けることがあります。
あなたが不当請求をしているというのです。こんなことを経営者から言われたとしたら驚くでしょう。
そこでひるむことはなく、落ち着いて下さい。

なぜか、会社が従業員に対して、高額の損害賠償請求をしても認められることがありません。
そして、残業代請求が損害賠償請求の内容になってしまうのは言語道断です。

しかし、証拠品が揃っていない、残業代請求に至るには資料がないことで、低額の損害賠償請求が通ることがあります。
そんなことにならないよう、請求に落ち度がないように弁護士等に依頼することを忠告します。
自分だけの準備では、うまく行かず損害賠償請求なんていうのはとんでもないことです。

お前が辞めるのなら損害賠償請求

残業代請求の話しから退職の意思を出すと、多忙業務で退職が会社に損害を与えるので、損害賠償請求をするという内容です。
または、違約金の支払を迫られることがあります。

いずれも雇用契約には、違約金、損害賠償は法律違反です。
残業代請求の腹いせだとしても、会社の不当行為手反対に訴訟ができます。労働者側の完全勝利です。

備品破壊で損害賠償請求

会社のものを壊した時に損害賠償請求を受けることがあります。
これも一種の嫌がらせです。モノによりますが、暁霧上の損壊に関しては、労働者負担は最小限になっているはずです。
これもあなたが残業代請求をしたからであり、このような会社の理不尽な行動が起こることがあります。

損害賠償請求というリスクに関しては、たいてい会社側が悪い、法律違反の内容になっていますので、慌てずに弁護士等にすぐ相談をして下さい。労働相談センターなどでも対応しています。

経営者の人間性もありますが、不当な雇用環境下にある場合は、こうした残業代請求者は反逆者と見て敵対視することも少なくないです。管理職などでは、重大責任を押し付ける等の対応の口コミも数多く存在しています。

残業代請求の報復行為のリスクとは?

残業代請求の時の報復行為はいろいろです。

人事

左遷や降格などの報復人事です。とても卑劣なことですが、残業代請求後にこうした嫌がらせが続くことがあります。

退職前の残業代請求に関しては、会社の人事に大きな影響を与えることができます。
人事権が、会社にありますので、残業代請求しやがってという報復が存在している方もいます。
クビになる、懲戒処分等になってしまうことがありますが、すべて不当なことです。

パワハラ

そんなに大胆なことができない。
懲戒処分等ではなく、言葉や精神的苦痛を与える上司や経営者もいます。

パワハラは、職場環境にも影響が出ます。
在職中に在職中請求を行うことで居づらくなってしまう可能性がとても大きいです。
そして、法律違反だとしてもどうしようもできないことがあります。

2年の縛り

残業代請求は過去2年分しかできません。退職前後もそうです。
この期間を利用して、パワハラをしてきたり、邪魔をする場合があります。

経営者の器の小ささですが、最悪の対応が待っている。
在職中の残業代請求については、未払い請求そのものが最悪の事態になってしまうことがあります。
こんな会社、残業代請求をしたらとっとと辞めてしまえば良い話しですが。

リスク軽減のための退職前に証拠集め

ベストな残業代請求は、退職すると決めて、退職前にできるだけの証拠を集めることだと言います。2年の時効があります。
そして、早い時期に弁護士等に相談をするか、情報サイトで残業代請求に必要なことを行って下さい。

弁護士でも残業代請求ができない場合もあります。それは、時効だったり、交渉が難航することもあります。
会社としても弁護士等を差し向かうことがあったりと、専門的な知識のぶつかり合いになることもあります。

すべての証拠が揃ったら退職

この揃ったらというのも、弁護士等の判断があるとわかりやすいでしょう。

退職前に事を始めるのは厳禁の職場もあります。弁護士等のアドバイスも聞いた上で実行してください。
タイミングの問題もありますが、退職後の残業代請求がリスクも少なくて済みます。

本来の請求なのに

残業代請求でリスクがあるなんてとんでもないことです。
本当なら正当にいただけるものをあとから請求しているだけなのに。
残業代はそういう感覚ですが、会社としての言い分もあります。

就業規則等の資料がないと、会社の言い分が通ることもあります。
失敗例も紹介されていますが、弁護士依頼では高い成功率になります。

まずは、自身の残業代についての相談からです。
その内容で、弁護士の判断基準も変わりますが、無料相談、成功報酬型の法律事務所に行くことも大切です。
ここも、余計なコストリスクを回避するための策です。

残業代請求の失敗のリスク

残業代請求は失敗することもあります。
給与を見た瞬間、慌てて不足していることに驚くことがあります。少ないんだけど、どうしたら良い?

自分で行う残業代請求

残業代請求は、実際に従業員が行った残業の時間と就業規則の内容と違うじゃないか?と詰め寄ることになります。
この的に会社側で弁護士がでてきたり、交渉がうまく行かない。
はっきり言って、会社としては残業代は請求を受けなければ支払うつもりがないお金です。

卑怯な内容ですが、請求がないと知らない顔をしたいものです。
残業代請求は、そんな経営者に対して交渉術でうまく引き出すことが目的です。

有力な証拠がない

一応は、自分で調べた残業代請求に必要な証拠を集めたとしても、最後の詰めに必要なものがなかったりという場合もあります。
証拠ではタイムカード等ですが、そのようなものがないことで、失敗してしまうことがあります。

残業代の計算

正確な残業代の計算が間違ってしまうことも多いです。
少ない請求額になってしまったり、それは無関係と突き放された時に、それ以上の交渉ができない。
ここは弁が立つからなんとかなるではなく、理路整然とした請求ができなければ、会社を動かす事ができません。

自分で行う残業代請求には限界がある

証拠集めの段階から、素人が残業代請求をしようというのはとても危険です。
在職中なら、出来もしない請求を行い、会社側に睨まれることもあります。
地位が危ぶまれることもありますが、退職後にしても悪印象が残るだけです。

こんなリスクをなくすために

残業代請求は成功しなければ意味がありません。
経営者に対して、自分に非がないことを認めさせるためには、絶対に取り返すという強い意思が必要です。

しかし、実際には、それがきちんと対応できるのが弁護士の存在が不可欠です。
そして、代理としてすべての交渉も丸投げです。それで良いんです。
絶対に自分が矢面に立つことなく、弁護士は1から交渉の場で裁判所まで案件を持ち越す事ができます。

1人ではリスクが大きい

会社の規模は関係なく、主従関係のある従業員はどうしても立場が弱いです。
それを守ることができるのが法律であり、弁護士等になります。

残業代請求のリスクとは、回収が出来ない、在職中の不利な立場です。
その回避では、弁護士に依頼することと、退職後の残業代請求を行うことに尽きます。
その前に、在職中に弁護士等に直接残業代請求についての相談に行くこと、ここからがリスク回避の第一歩です。
自分だけで行うと失敗することが多いです。

依頼する弁護士も確認を

残業代請求を依頼するときに、弁護士を探すことになります。
そのときに、残業代請求ができる弁護士、法律事務所に行くことが必要です。
それだけではなく、弁護士の評判や成功例なども確認してみましょう。

弁護士選択のリスク

弁護士なら誰でも良いわけではありません。
本当にあった話しですが、ブラック企業の従業員が、就業規則の内容もほぼ労働基準法違反内容であり、労務管理もされていない。
明らかに不当な扱いをされていて、せめて残業代請求だけでもしたいと弁護士を検索していました。
相談も無料であり、労働者側の話しは聞くものの、請求金額があまり多くない再計算だったといいます。

堂々と残業代請求対応をしている弁護士ですが、これは請求額が少ないことで断られた例です。
なんと、こんな理由とブラック企業の実態がわかると尻込みしてしまう弁護士も存在しています。

他の弁護士に断られたとしても

このような弁護士は、本当は残業代請求は専門外の場合も少なくありません。
労働問題ができるだけではなく、残業代請求の有無も必ず確認して下さい。

企業側の内容でうまく引き出す事ができるのなら受けることですが、厄介な残業代請求は断るという口コミも本当にあります。
広告も宣伝も不当なのですが、こうした弁護士もとても多いです。

証拠がないからできない?

残業代請求に関しては、証拠が必要です。そのときに、タイムカード、勤怠記録等の誰にでもわかる証拠がない場合もあります。
このことで、弁護士が出来ないと言われるリスクも存在しています。ない証拠を見つけるのが弁護士の残業代請求であり、証拠が少なすぎるので、残業代請求が出来ないというのは、その弁護士の裁量がないことになります。

これが、とことん証拠を探してないというのならわかります。最初から、それでは残業代請求が出来ませんねと言うのは見当違いです。さっさと別の弁護士を検索して下さい。

最近多い悪質弁護士

弁護士は残業代請求をしたときの費用としては、着手金からかかることがあります。
それでもきちんとした残業代請求ができることがありますが、最近の残業代請求では、成功報酬型の弁護士費用が一般的です。
着手金等がある場合、失敗しても返金なしです。

損してしまう弁護士依頼というのはあまりオススメしないのです。
ただし、着手金がある残業代請求がすべて悪ではありません。口コミ等を確認して、成功例が多い弁護士等に依頼しましょう。

ブラック企業側からの残業代請求

できれば、残業代請求だけではなく、不当労働に対する請求ができる弁護士もいます。
いやいや働く環境で、残業代だけではなく、へ本来の給与がきちんと取り返すことができた方もいます。

弁護士選択でもリスクを伴うことがあります。
無料相談は当然ですが、しっかりとリサーチをして自分の残業代を回収できる弁護士に依頼して下さい。